Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. feature(beauty)
  4. ビューティニュース
  5. 肌の悩みをリセット! 17年間毎年進化続けるマキアレイベル史上、最高峰クリームが遂に完成

BEAUTY

2018.08.24

肌の悩みをリセット! 17年間毎年進化続けるマキアレイベル史上、最高峰クリームが遂に完成

マキアレイベルがあらゆる肌の悩みをリセットする「エクストラセットクリーム17」を2018年11月1日(木)から数量限定で新発売。

シワやたるみを阻止! シワ・たるみ・くすみをケアするクリームが誕生

肌本来の力で肌を美しくすることを目指す「マキアレイベル(MACCHIA LABEL)」が、傘状エラスチン(※1)と結束エラスチン(※2)のダブルケア成分であらゆる肌悩みをリセットする「エクストラセットクリーム17」を2018年11月1日(木)に数量限定で発売します。

エクストラセットクリーム17
「エクストラセットクリーム17」21,598円

※1「傘状エラスチン(オキシタラン線維)」は、表皮真下である真皮乳頭層で傘を複数広げるようにして皮膚を支える。
※2「結束エラスチン(エラウニン線維)」は、真皮網状層に存在し、コラーゲンを束ねる役割を持つ。

最新の美容研究の中で、肌のハリには「傘状エラスチン」が欠かせないことが判明。若い肌は傘状エラスチンがしっかり広がり、肌表面が支えられて、ハリが保たれています。それが、加齢とともに傘状エラスチンが劣化・減少し、肌表面を支えられなくなり、シワたるみとなってしまうのだそう。

そこで、マキアレイベルは肌内部のエラスチンが自然になくなることを阻止することに着目し、ダブルケア成分でお悩みをリセットする「エクストラリセットクリーム17」を開発。冬のスペシャルケア、シワ・たるみ・くすみをケアします。

傘状エラスチン&結束エラスチンの3つのポイント

新発売の「エラストラリセットクリーム17」はどのような効果が期待できるのか…? 3つのポイントを紹介します。

1.エラスチンを減らさない!(エラスキープw)

肌内部にエラスチンを分解する酵素が数種類あり、その1つが好中球エラスターゼ。肌内部で活性化してエラスチンを分解し、さらに加齢や紫外線ダメージで分解が加速してしまいます。

「エラストラリセットクリーム17」に配合されたエンドウ種子エキス「エラスキープw」が皮膚を支える傘状エラスチンと結束エラスチンを保護し、肌のハリ、弾力を改善。

2.エラスチンを生み出す!(エラスポンプ)

エラスチンを作り出す線維芽細胞は、表皮の角化細胞から伝達物質を介して、皮膚再生のシグナルを受け取る細胞間コミュニケーションを行なっています。

「エラストラリセットクリーム17」に配合されたクロクスクリサンツス根エキス「エラスポンプ」が、加齢と共に減少する伝達物質を増加し、線維芽細胞への細胞間コミュニケーションを回復。線維芽細胞のエラスチン形成力を刺激し、ハリ・弾力のある肌へ導きます。

3.エラスチンを与える!(エラスオーシャン)

「エラストラリセットクリーム17」に配合された加水分解エラスチン「エラスオーシャン」が肌の弾力に重要なエラスチンそのものを与え、ハリのある肌へ。


年齢を重ねる度に気になるシワやたるみ…。それでも、美を保ち続けたいのが女心。そんな願いを叶えてくれる「エクストラリセットクリーム17 」のスペシャルケアで、肌の悩みをリセットしましょう。

マキアレイベル

※価格は税込み表示です

初出:しごとなでしこ


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.04.19

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号P.17「目次」におきまして、P.134は正しくは「NATURAL BEAUTY」となります。お詫びして訂正いたします。

Oggi5月号P.49「Theoryのトートバッグ」企画おきまして、キャンペーン対象店舗に「仙台パルコ店」が入ります。お詫びして訂正いたします。

Feature