Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. おでかけ
  4. 【仰天! 本当にあったクレーム】海外在住スタッフが直面した困ったちゃんたちの言い分3

LIFESTYLE

2018.04.14

【仰天! 本当にあったクレーム】海外在住スタッフが直面した困ったちゃんたちの言い分3

接客がメインの仕事で、必ず経験するのがクレーム。時々「え! そんな事まで?!」と言うクレーマーに出くわす事も。接客業歴15年のライター・ストウの周囲で起こった「仰天クレーム」を大紹介。

■1:ホテルスタッフが妻の全裸を見た!

リゾートホテル
(c)Shutterstock.com

日本人に人気の高い海外の某高級リゾートホテルで働くスタッフM香さんが受けたクレーム。

クレームの主は、ハネムーンでリゾートホテルのコテージに宿泊された20代のご夫婦。

コテージは1棟1棟、独立して建っており、それぞれにプライベートプールがついていますが、壁で囲まれているわけではなく、かなりオープンな雰囲気。

リゾートも静まり返っていた深夜3時半、警備スタッフがリゾート内を巡回しているとあるコテージのほうから人の騒ぐ声が。

お客様の声を聞きつけ何事か? 何かトラブルでは? と、警備スタッフが懐中電灯でコテージを照らすと、そこには全裸でプールでたわむれている夫婦の姿が。

旦那様がこの警備スタッフに対してご立腹され、「妻の裸を見られた!」とフロントにいたM香さんのところに怒鳴り込んできたそう。「こんな失礼なホテルにもういたくない! 宿泊代金を全額返せ!」と大騒ぎに。

しかし、スタッフも警備の為であり、見たくて見た訳ではないこと、ホテルの過失ではないことを説明。なんとか旦那様も落ち着いたそう。

プライベートプールと言えど、開けた敷地での全裸は気を付けましょうね♡

■2:欧米人の彼氏が欲しくて海外に来たんでしょう?

欧米人の彼氏が欲しくて海外に来たんでしょう?
(c)Shutterstock.com

アジアの某国にある日系メーカーに勤務する日本人女子スタッフA美さんに起きた出来事。

クレーマーの主は、現地在住の日本人駐在妻。その奥様の最初のクレームは、「おたくの会社の立地が分かりづらい」というもの。

電話で道順を説明し、なんとか奥様は会社までたどりついたものの、オフィスでA美さんが対応すると、話がどんどんずれていき「彼氏はいるのか? 年収はいくらなのか?」等、個人的な質問に。。。

挙句、「私達駐在妻は旦那の仕事で仕方なく海外に来てるけれど、貴方みたいな独身の若い人はどうせ外国人の彼氏が欲しくて海外に来たんでしょう?」と言われる始末。

「プライベートな事はお答えできません」ときっぱり答えたA美さんですが、その後は奥様の自慢話を4時間も延々と聞かされたとか。トホホですね。

■3:虫がいる国って教えてくれなかった!

虫
(c)Shutterstock.com

アジアの某国にある海外留学代行エージェントで働くスタッフS月さんが受けたクレーム。

クレーマーは20代後半の女性。

海外留学の手配を受け、お客様が現地に到着し、ホームステイ先の宿に送り届けた直後に「留学を取り消ししたい」との電話が。

理由を聞くと「虫がいる国なんて思わなかった。何故教えてくれなかったのか?」とかなりお怒りの様子。

「せっかく希望されて来たのに…語学だけでなく人生の勉強にもなりますから」と優しく説得をしてみたものの、そのお客様は納得せず、結果的に日本にいる彼女の父親からも電話があり、取り消しを依頼してきたそう。

大騒ぎの挙句、2日後に緊急手配した飛行機で、彼女は日本に帰国したとか。

そのお客様、虫を見たことないんでしょうか?(驚) ハチや蝶ならいざ知らず、蚊もハエもいないところで育ったのでしょうか?


クレームの際は感情に任せず、冷静に本当にクレームすべき事なのか? 本当に企業に非があるのか? クレームされる側も同じ人間ですので、ひと呼吸してからクレームできるといいですね。

初出:しごとなでしこ

ストウ

保険会社法人営業約3年勤務。事務職への転職を機にライターに転身。

現在は、保険をはじめさまざまなジャンルについて、ウェブや雑誌など各種メディアに寄稿している。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.09.17

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号でブランド名の表記に間違いがありました。60ページに掲載のCORSOの靴の問い合わせ先は正しくは“ROPE mademoiselle”です。0120-298-133 になります。お詫びして訂正致します。

Feature