Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. feature(beauty)
  4. ビューティニュース
  5. デートがある日は【RMK】の新作アイシャドウをバッグの中に!

BEAUTY

2017.12.22

デートがある日は【RMK】の新作アイシャドウをバッグの中に!

今年は心踊る新感覚アイテムがとっても多かった【RMK】、来年もその勢いは続きます! 年明けすぐにリリースされる最新作を一足早く元外資系CA・現建築設計事務所のプレス、なでしこリポーターズの有田千幸がご紹介します!

今年は初フラグランスもリリースし、アーティストとコラボした美しいクリスマスコフレも完売状態、みんな大好き【RMK】の勢いがホントに止まりません!

わたしも今年は多くのRMKアイテムを見て、触って、使って、大いに楽しませて頂きました(ありがとうございます♡)。

「RMKの新作でこんなのがあってね」と話しだした瞬間、友達の食いつきぶりがすごすぎて、すごいブランドなんだなぁと改めて実感。

「RMK 次は何を出すの?」

それだけみんなに愛されているんですね。カラーの美しさパッケージの洗練されたシンプルさに毎回うっとりしてしまいます

そして来年もこの勢いは止まらないんです! 早速、年明けすぐにリリースされる新感覚のアイシャドウをご紹介します!

アフターファイブなのにひとりだけみずみずしいその目元、なに使ってるの?

■10色あって迷っちゃうけど、使いやすいのはこの2色!

RMK Wウォーターアイズ カラーインク
RMK Wウォーターアイズ カラーインク 全10種(*画像は04 ポエムピンク と 09 ピスタチオブラック) 3,800円 2018年1月5日発売

ズバリ言います。こちらの【Wウォーターアイズ カラーインク】、目元に疲れが出始めるアフターファイブに使うと効果的!

スティックタイプの携帯のしやすさに加え、ウォーターベースだから、つけた瞬間、驚くほどのみずみずしさでまぶたにフィットするんです。

もちろんいつものパウダーアイシャドウも良いのですが、時間が経つとどうしてもまぶたのラインに溜まってしまったり、よれてしまうパウダータイプ。美人の友達が目線を落としたその瞬間、目元がちょっと残念だった、そんなことないですか? 頷いてるそこのあなた、人のフリ見て我がフリ直せ、です!

ウォーターベースなら肌に吸い付くような軽やかな仕上がり。目元に持続するベールのような品をプラスしてくれます。

■【斜め】のマットと【ラウンド】のパール、その使い方の違いは?

マットカラー パールカラー

どうやって使おうかしら、と自分なりに色々トライしてみたのですが、結果、「ルールはない」と思いました(笑)。

パールカラーを先にアイホール広めに伸ばし、まつ毛のキワにマットカラーでラインを入れるとクールなモード感あるまなざしに仕上がります。ダウンライトの多い夜のお食事前にはピスタチオブラックなど寒色系でメイク直ししてみてくださいね。

反対に、先にマットカラーでアイラインのように目元に線をひき、その上からパールカラーを指先でポンポンと重ね広げると、軽やかさのあるカジュアルな仕上がりに。ポエムピンクのような暖色系で、フレッシュなメイクに仕上げたいな、という日にぴったりです。

■テクスチャーはこんな感じ

テクスチャー

両方とも速乾なので、手早くチャチャっとつける方がキレイ。色付きも決して濃くないので、思い切って使っちゃって大丈夫!


バッグに1本忍ばせておけば、いつでもフレッシュな目元が蘇ります。話題性もバッチリだし、これでものすごい忙しかった日の夜にデートがあっても安心です!

文・写真/有田千幸

RMK

初出:しごとなでしこ

有田千幸 なでしこリポーターズ

ニュージーランド オークランド大学 経済学部卒。その後、台湾の航空会社でCAとして9年間乗務。現在は建築設計事務所の秘書兼海外広報担当。1983年生まれ。MISS WORLD JAPAN 2005 ファイナリスト。ワインエキスパート。
Instagram:@chiyuki_arita


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.04.21

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号P.17「目次」におきまして、P.134は正しくは「NATURAL BEAUTY」となります。お詫びして訂正いたします。

Oggi5月号P.49「Theoryのトートバッグ」企画おきまして、キャンペーン対象店舗に「仙台パルコ店」が入ります。お詫びして訂正いたします。

Feature