Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. ビューティニュース
  4. 【美的】付録は、美的スタッフ大絶賛の美容液と、優秀なスパバッグのセット。今月もとっても豪華です♡

BEAUTY

2017.09.26

【美的】付録は、美的スタッフ大絶賛の美容液と、優秀なスパバッグのセット。今月もとっても豪華です♡

毎月、付録が豪華と話題の、美的。11月号の付録は、「IPSA バリアセラム」と「Velnica.コラボ 華スパバッグ」です!

美的スタッフも大絶賛の「IPSA バリアセラム」が試せちゃうんです!

急に肌寒くなってきた、今日この頃。乾燥には、肌の「バリア機能」を強化することが大切だとよく聞きますが、みなさんは、大丈夫ですか?

■保湿をしているのに乾燥する
■肌のくすみやゴワつきが気になる
■季節の変わり目は肌が揺らぎやすい
■洗顔後の肌が突っぱる
■メークのノリが悪くなってきた

上の項目のうち、一つでも該当した方は、肌のバリア機能が乱れている可能性があるそうなんです…!

ip01

さて、9月23日発売の美的11月号の付録は「IPSA バリアセラム」のミニサンプル(4.5g)。「IPSA バリアセラム」は、高密着バリア技術によって、本来肌に備わっている自然のバリア(第1バリア)の上にさらに人工のバリア(第2バリア)を張ることで、バリアを強化。
スキンケアの最後に塗ることで、潤いや美容成分を肌にしっかりとどめ、スキンケア効果を発揮しやすい肌に整え、乾燥などの外部環境によるダメージもブロックしてくれるのだそう♡

ep02

実際に肌に塗ってみたところ、予想以上にさらっとしたライトな付け心地! でも、薄膜を張ったように潤っている感じを実感できました♡ さすが、美容に詳しい美的スタッフたちが大絶賛しているというのも納得です。
これからの季節に大切な、バリア機能を強化する美容液。付録で試せるというのは、嬉しいですよね♪

Velnica.コラボ 華スパバッグは、温泉にもジムにも大活躍しそう♡

11月号のもう一つの付録は、Velnica.コラボの花柄バッグ♡ 横:約290mm、縦:約200mm、マチ:約70mmの大容量サイズで、巾着&柔らかネットポケット&ラウンドファスナー仕様。ありそうでなかった、とっても優秀なバッグなんです!

■柔らかネットポケットには、小物やスキンケアグッズがすっぽり入る!

bi01

3つに仕切られた柔らかネットは、上部がゴムになっていて、小物がしっかりと収納できるんです。スマホやスキンケア用品などを入れるのに便利♪

■巾着は、着替えや湿ったものをスマートに収納できて便利!

bi02

巾着は、ナイロン素材になっていて、着替えや湿ったものの収納に便利♪ 紐で縛れば、中身が見えないので、温泉を行った際に下着を入れたりするのにも良いかも◎

■クロスステッチ刺しゅう風のローズ柄が上品&おしゃれ♡

bi04

クロスステッチ刺しゅう風のローズ柄と、ラベンダー×グリーンが付録とは思えないほど、上品♡ ゴールドのファスナーも、アクセントになり可愛いですよ!

そして今回は、試しに、私が趣味でやっているフィギュアスケートに行く時のグッズを入れてみました!

bi05

巾着には、ジャージ、スカート、レギンス、手袋。そしてその上のスペースには、スケート靴のエッジにつけるブレードカバーも入りました! 予想以上に収納できて、びっくりです! 柔らかネットには、スケートに持って行くパスケースやハンドタオル、ホッカイロがしっかりと入りました。

bi05

ファスナーを閉めると、こんな感じです。 華やかだけど、上品で大人っぽい♡

今月も付録が豪華だと、早速話題になっている美的11月号。早めにチェックしてみてくださいねっ!

初出:しごとなでしこ

美的11月号

「肌・心・体」のキレイを追求するNo.1美容誌。キレイな人は、内面もキレイ! をモットーに、「肌・心・体」のトータルな美容情報を発信する「美的」の購入・試し読みはこちら


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.02.19

編集部のおすすめ Recommended

本誌3月号 P.109に掲載しているSHISEIDOのイベント開催期間が以下の通り、変更となりました。変更前)2/1~3/24、変更後)2/2~4/21。訂正してお詫び申し上げます。

本誌3月号 P.185 右上に掲載しているROPÉのツイードジャケットの値段が以下の通り、 変更となりました。変更前)¥26,000、変更後)¥36,000。訂正してお詫び申し上げます。

Feature