Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. おでかけ
  4. 女子欲ハワイ
  5. 【女子欲ハワイ3】ゆるくておしゃれなホテル登場〝サーフジャック〟

LIFESTYLE

2016.06.30

【女子欲ハワイ3】ゆるくておしゃれなホテル登場〝サーフジャック〟

01最近のハワイは道路が激混み! なぜかというと、あちこちで工事を行っているから。

たとえば、ワード、アラモアナ周辺では、アメリカ本土資本の超ゴージャスな高層コンドミニアムをいくつも建設中。今まで漁村→倉庫街だったカカアコを中心としたこれらの地区は、いずれモノレールの駅ができ、景色も人の流れも大きく変わるとされているだけあって、新しいお店も続々登場。注目の最旬エリアなので、常に工事用トラックが走り回っています。

そして最近、拡張した〝アラモアナS.C.〟。こちらに新しくできたエヴァウイングにはデパート〝ブルーミングデールズ〟が入り、つい先日は、デパ地下さながらに日本の食がズラリと軒を連ねる白木屋の大型モール〝Japan Village Walk〟がオープンし、話題を集めています。この敷地内にも超ラグジュアリーなコンドミニアムを建設中なので、周囲はいつも混雑中。

またワイキキでも新しい動きが! 〝インターナショナル・マーケットプレイス〟が大々的に生まれ変わり、〝サックスフィフスアヴェニュー〟を含む3F建てのモールを建設中。また、ホテルも、〝リッツカールトン〟が7月についにオープン予定。同時に、かなり古くなったホテル群は続々リノベートしていて、新たな体制でリオープンする動きが顕著なので、どこもかしこも工事祭り!!! そうそう、オアフ西側のコオリナにも〝フォーシーズン〟が先頃オープンし話題に。

もちろんNEWなスポットが生まれることは楽しみです。けれど、どんどん新しく、ハワイの街が近代的に、どこかアメリカ本土のような最先端な景色になっていっていることに、好奇心をゆさぶられつつも、何か一抹の寂しさを感じるような…。

個人的には、昔ながらの素朴でゆるくて温かさのあるオールドハワイの空気感がやっぱり好きだなーと。コンドミニアムを購入する前は、カピオラニパーク前にある〝カイマナビーチホテル〟を定宿にしていた私。小さなホテルで、華やかさはありませんが、ハワイを訪れるたびに、いつも〝Long time no see!〟と声をかけてくれるアットホームなスタッフのサービスにほっとし、豪華なプールなんかないけれど、レトロなインテリアや低層ホテルらしい温かい空気感に癒されていたものです。裏手の緑あふれる公園をお散歩したり、ホテル近くのカパフルave.やモンサラットave.、カイムキなど、ゆっくりと時間が流れる古きよきオールドタウンの街並みをドライブしたり。そんな風景を楽しむ何もしないゆるーいひとときはハワイ滞在の醍醐味。

そんなふうに思っていた矢先、とっても気になるブティックホテルがワイキキに登場。それは〝ホテルサーフジャック〟。ワイキキの古いホテルをリノベートし、運営することで有名なアクアホテルズ&リゾートがマネージメントする〝ホテルサーフジャック〟は、ついこの5月に全館リニューアルオープンしたばかり。低層の小さなホテルですが、ハワイらしさや、ハワイならではのカルチャーにこだわっていて、なんとも気持ちがいいのです。今までのオアフにはなかった感じ。

02

03

ホテルの入口を入ると、まず目に留まるのは1F中央のプール! オープンエアで風通しが良く、その周りのロビーやレストランにも風が優しく通り抜けます。インテリアは、ミッドセンチュリーなオールドハワイ。ヴィンテージ感のある家具やウッド、〝トリ・リチャード〟のファブリックがふんだんに使われ、またハワイのアーティストたちが手掛けるアートがあちこちに飾られていて、サーフエッセンスもあったりして、どこかのんびりとしたムード。

04

05

また、こちらに併設されたレストランは、地産地消のオーガニック素材にこだわったカイムキのレストラン〝タウン〟のオーナーシェフ、エド・ケニーが、〝カイムキ・スペレット〟、〝マッドヘンウォーター〟に続いて、初めてワイキキでオープンさせた4軒目のお店なのです。お店の名前は〝マヒナ&サンズ〟。

06やはり地元の食材を使ったヘルシーで爽やかなメニューが目白押し。夜の食事に出掛けましたが、カクテル等も豊富なので、のんびり飲みに行くのにちょうどいい! 連れて行ってくれたハワイ在住の友人たちの間でもいまいちばんの話題です。

07

08

09

ホテルの1階にはブティック&コーヒーバー〝Olive&Oliver〟が。こちらは、カイルアで大人気のレディスブティック〝オリーブ〟と、メンズブティック〝オリヴァー〟のオーナーご夫妻が手がけるお店。

10

海を感じさせつつシックなデザインのTシャツや小物、アクセサリーは、ハワイのゆるい空気感と、どこか大人っぽい持ち味が、なんとも今っぽい。メンズはとくにほかにはなかなかない感じで、おみやげにも絶対喜ばれるハズ。カイルアに行かずとも立ち寄れるようになったのはとってもうれしい♪ 手作りのインテリアは温かく、また入口のコーヒーバーで手渡される、パイナップルやパームツリーなどのプリントが施されたコーヒーのペーパーカップもキュンとするほどキュート♪ ここの豆は、シアトルのクラフトコーヒー〝カッフェ・ヴィータ〟のもの。あ、そこはコナコーヒーとかハワイ産じゃないのね(笑)。でもとってもおいしい! この豆を使用しているのはハワイでここだけだそうです。

11

アメリカ本土の大資本が続々介入してくるオアフですが、ローカルな方々がハワイならではの雰囲気をマイペースで楽しんでつくった、そんな個性派〝ホテルサーフジャック〟。クラシックな良さと、ハワイらしい今のカルチャーのミックス感はなんとも新鮮! お部屋もミッドセンチュリーな素敵インテリアだそうなので、ぜひとも泊まってハワイの優しい空気を堪能してみて。場所は、〝DFSギャラリア〟の裏手。アラワイ運河の近くです。

初出:しごとなでしこ

ファッションエディター 武田麻衣子/Maiko Takeda

大学在学中よりファッション雑誌の編集者としてキャリアをスタート。
以降、Oggi ,Domani、Precious、和楽などで活躍。
ゴルフ、歌舞伎鑑賞、ドライブ、クッキングなど、趣味を生かしたカルチャーなページづくりにも定評あり。
遊びや仕事で訪れるたびにハワイ愛が膨れ上がり、3年前、ついにオアフにコンドミニアムを購入。行ったり来たりのデュアルライフをエンジョイ中。
instagram→@maikotakedaogawa


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.09.23

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号でブランド名の表記に間違いがありました。60ページに掲載のCORSOの靴の問い合わせ先は正しくは“ROPE mademoiselle”です。0120-298-133 になります。お詫びして訂正致します。

Feature