Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 女子欲ハワイ
  4. 【女子欲ハワイ1】青空の下でお酒が飲めちゃうイベントへGO!!

LIFESTYLE

2016.06.10

【女子欲ハワイ1】青空の下でお酒が飲めちゃうイベントへGO!!

01

「欲望はすべてハワイで満たす派」のエディター武田がゆるっと連載、スタートしちゃいます♥

体の中のハワイエネルギーが足りなくなったと感じると即刻ハワイへ、を繰り返すこと◯じゅう年! オアフ⇔東京を行ったり来たり、のエディター武田が、アロハな風を感じて頂けるよう、独断と偏見のいまどきハワイトピックスをお届け! 次回のハワイ旅の参考に、また忙しい毎日の気分転換に、読んでくださったら嬉しいです。


オープンスペースでお酒が飲める! これって通常ハワイではNG!! それができちゃうのが嬉しいのです♥

さてさて、このところ食でも注目を集めるハワイ。東京でもそうですが、オアフのあちこちでも見かけるようになったなぁと思うのは、個性豊かな食が楽しめると評判のフードトラック。

ファーマーズマーケットなどのフードトラックイベントも続々増えていますが、どこでもちょこちょこ買い食いするのってスゴく楽しい。

中でも、ワードウエアハウス前にあるケワロ湾に面した桟橋で、去年の8月から始まった「Makers & Tasters」(メイカーズアンドテイスターズ)は、オープンスペースでは珍しくお酒が飲めるフードトラックイベント。

この場所は以前大きなフィッシャーマンズワーフというレストランがあった場所と言えばわかる方も多いのでは?

02

常時10台以上のフードトラックが日替わりで集合。ランチタイムとディナータイムもトラックが入れ替わり、いつ訪れても楽しいのです。

また敷地内に常設の〝TEN ELEVEN BAR〟(午前11時から夜10時まで終日オープン)は、シャンパンやカクテルなどアルコール類の品揃えが豊富。昼間から太陽の下で飲めるって、まさにお酒好きがハワイでやりたいことの筆頭かも。

だって、ハワイのビーチや公園は、残念なことに飲酒禁止(驚)!ですから、ビーチで遊んだあとに水着×ワンピ×ビーサンのまま気軽に飲みに行けるオープンなスポットは、ものすごーく貴重なのです。

03

このフードトラックイベントなら、海辺の風を感じながら、ショッピングの合間にビール&ランチ、夕暮れ時の海と空を見ながらのアペリティフ、金曜日恒例のヒルトンの花火を眺めながらのゆるゆるディナー、などなど、楽しみ方がいろいろできる。

座席もじゅうぶん用意されているし、青空スペースだからお子様連れや大勢のグループで大騒ぎしても安心!

トイレもフリーパーキングも、それからフリーWi-Fiだって完備という至れり尽くせりぶりにびっくりです。

04

05そしてそして肝心のお食事ですが、私が気に入っているお店は、南米ケイジャン料理の〝ラルー〟。ごはんにかけて食べるちょっとピリ辛のチキンガンボや、ふわふわのフライドキャットフィッシュ(ナマズ)は絶品。いつも人だかりができています。金曜の夜は絶対出店しているのでぜひ。

06

ほかに、シュリンプホットドッグやクレープ、インディア、メキシカン、フィリピーノ、ピザ、アイスポップなどなど、ローカルな食材にこだわった、多国籍で気になる食がいっぱい。

07

このイベントに出店するヴェンダーさんは日変りで、営業時間も変わるコトがあるので事前にHPをチェックしてから行ってみてくださいね。

あ、日曜の終日と月・火曜の夜はお休みです。

ハワイの空と海、そしておいしいごはんがあれば、いつだって幸せだー♡

08

初出:しごとなでしこ

ファッションエディター 武田麻衣子/Maiko Takeda

大学在学中よりファッション雑誌の編集者としてキャリアをスタート。
以降、Oggi ,Domani、Precious、和楽などで活躍。
ゴルフ、歌舞伎鑑賞、ドライブ、クッキングなど、趣味を生かしたカルチャーなページづくりにも定評あり。
遊びや仕事で訪れるたびにハワイ愛が膨れ上がり、3年前、ついにオアフにコンドミニアムを購入。行ったり来たりのデュアルライフをエンジョイ中。
instagram→@maikotakedaogawa


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.01.23

編集部のおすすめ Recommended

本誌2月号 P.122にて誤りがありました。ブルーのタック入りパンツのブランドは、正しくは(JOCカスタマーサービス<チェスティ>)です。訂正してお詫び申し上げます。

Feature