Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. ビューティニュース
  4. 【美容プロの辛口座談会】武装はコンプレックスが剥き出し! 今おススメの素肌ファンデはどのブランド?

BEAUTY ビューティニュース

2017.09.16

【美容プロの辛口座談会】武装はコンプレックスが剥き出し! 今おススメの素肌ファンデはどのブランド?

美容のプロ・Oggi編集デスクMとライターのざが、何年たっても色あせないとっておきの美容名品を月1でピックアップ。今月のテーマは脱・完璧守備な「肌」。ふたりが、乳液のように伸びる! と感動したアイテムとは一体…?

Oggi編集部

キメ肌にリセットされたかのように素肌と一体化

アディクション ザ ファンデーション SPF12・PA++ 30ml 全17色 ¥4,000

今月美容のプロ・Oggi編集デスクMとライターのざのふたりが選んだとっておきの1品は、この秋一新した豊富なベースメークコレクションの中で、最も素肌に近い仕上がりをかなえるリキッドファンデーション。乳液をのばすように塗布するだけで、フレッシュな透明感と均一な肌トーンを実現。肌の質感を決して損なわないから、メーク感は限りなく少ないままに、天然美肌へブラッシュアップしてくれる至極の逸品です。

Oggiスタッフの「いいね!」トーク

ライターのざ:ふと思ったんですが、メークさん、ライター陣、Mさんも、美容業界の女性って案外みんなナチュラルメークですよね。なのに若く見える人が多い
デスクM:のざ、先輩として言うけど、今から自分メークを客観視する目を養わなきゃだめよ。完璧に粗を隠すことは可能だけど、メークにどんどん厚みが出てイタい人になっちゃうんだからっ
ライターのざ:ふむ、つまりメークさんもそろって口にする「素材を生かすメークをしましょう」ということですね!それを「素材を生かすなんて美人限定でしょっ」と卑屈に捉えては決していけない…。
デスクM:そう。極端な例を言えば、黒目が特大サイズになるカラコン、仮面ばりに重ねたファンデーションなどなど…原型を留めない〝武装〟は、隠すはずのコンプレックスがむしろ剝き出し状態。パーソナルな魅力まで覆われてすごくもったいない。
ライターのざ:私も過去、つけまつげ命の時代がありましたが、アラサーになった今、盛り加減を誤るとどこかトゥーマッチで、〝素材を覆い切らない〟ことも大切だと実感。特に肌は面積が大きい分、その感覚を忘れないようにしなくては。
デスクM:私たちがメークで目ざすべきは、二十歳のピチピチ肌ではない。あえて粗を隠し切らないメーク感で、素肌美人と思わせる、そのさじ加減を意識して。
ライターのざ:個性を損なわないファンデーションといえば、アディクション「ザ ファンデーション」でしょうか。乳液みたいで本当に軽いけれど、塗るとキメの整ったナチュラルな美肌をつくってくれる。
デスクM:17色展開だから、ベストなカラーを見つけられるしね。薄膜仕上がりで、「素肌キレイだね」と褒められそうな、極上の透明感をもってる。

この他にもOggi10月号の誌面では、デスクMとライターのざが激推しするイプサのコンシーラーをご紹介。詳しくは、本誌または電子版をチェック!

▶︎最新号の試し読みができます

※この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。
2017年Oggi10月号連載「いいね!コレ」より【本誌掲載時スタッフ 撮影/五十嵐 洋 構成/野澤早織】


【 おすすめの関連記事 】Read more

Today’s Access Ranking

ランキング

2017.11.22

人気のキーワード

PopularKeywords

編集部のおすすめ Recommended

●Oggi12月号で値段の間違いがありました。236ページ掲載の”パーカー”のボールペン(下)の値段は、正しくは¥20,000です。訂正いたします。

Feature