Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. スタイリスト金子綾の「I」シルエット|高見えテクニックをスタイルアイコンに学ぶ!

FASHION

2018.09.23

スタイリスト金子綾の「I」シルエット|高見えテクニックをスタイルアイコンに学ぶ!

お手頃プライスの服は、全身のシルエットが大事なポイント。スタイリスト金子綾さんから「I」シルエットを学びます!

お手ごろプライスの服は、合わせ方でひと工夫するとぐっと高見えする。1トップ×1ボトムで過ごしたいときこそ、全身のシルエットが大事なポイントなのです。シンプル派のスタイルアイコン3人の特徴的なシルエットからテクニックを盗みます!

金子 綾的「I」シルエット

程よくタイトなモードめシンプル

スタイリスト 金子 綾

「女らしくてかっこいい」を軸に、ベーシック+トレンドの意外性のあるミックスを得意とする人気スタイリスト。インスタで日々更新中のシンプルかつエッジィな本人の私服も注目を集める。

金子 綾的「I」シルエット 程よくタイトなモードめシンプル

辛口モードな「I」シルエットは、こうつくる!
首つまりトップス × ハイウエストボトム

クルーネックやハイネックなど首回りがつまったトップスを、タイトめハイウエストボトムにインした着こなしが基本シルエット。流行中の甘めブラウスもこのバランスで着ると程よくモードな印象に。縦長ラインを強調することで脚長効果も期待できる。

辛口モードな「I」シルエット 首つまりトップス × ハイウエストボトム

フリルブラウスとハイウエストデニムでつくるIシルエットに、肌見せ感のあるサンダルとカジュアルトートを合わせて、抜けよく仕上げるのが金子流。こうすると甘めブラウスも幼く見えない。ブルーグラデーションでつないだことも縦長ラインを強調できるポイント。
ブラウス(オンライン限定)¥5,462(Gapフラッグシップ原宿〈Gap〉) パンツ¥4,000(コーエン〈コーエン〉) バッグ¥1,500(ROPÉ mademoiselle〈filt〉) 靴¥6,300(デッカーズジャパン〈テバ〉) サングラス¥790(GU)

「I」シルエットは、こう着こなす!
首つまりトップス×ハイウエストボトム

「I」シルエット 首つまりトップス×ハイウエストボトム

✔️ ハイネックやつまり気味のクルーネックなどデコルテは肌見せなし
✔️ ウエスト位置高めのボトムにトップスをインして脚長効果
✔️ パンツからスキニーかペンシルストレート、スカートならボックスタイト
✔️ 足首のチラ見せ、抜け感のあるサンダルなど足元は肌見せする

ハイウエスト&I シルエットでレースブラウスをモードに寄せる

甘くなりがちなレースブラウスは、首つまりデザインを選ぶとキレよく大人びた雰囲気に。淡い色のデニムだとガーリーに転びがちなので、濃色デニムでメリハリをつけてかっこよく。
ブラウス¥6,900(ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店〈ザ コーナー〉) パンツ¥15,800(バロックジャパンリミテッド〈MOUSSY〉) バッグ¥3,900(アダストリア〈ラコレ〉) 靴¥8,800(ル タロン プリュ 有楽町マルイ店〈ル タロン〉) ピアス¥1,759(ザラ・ジャパン カスタマーサービス〈ザラ〉) ブレスレット¥22,000(NOJESS) キャミソール/スタイリスト私物

「I」シルエットな3ルックをご紹介!

■シャツボタンは上までとめる

Point! シャツのボタンははずさずにコンパクトに着る

シャツボタンは上までとめる

ほっこりしがちなネルシャツは辛口モードを目ざすと新鮮

旬のチェック柄をシャツで取り入れると、一気にまわりと差がつくおしゃれ感。シャツはコンパクトなサイズを選び、ハイウエストの黒パンツで下半身をキュッと締める。このシャープなIシルエットがチェックシャツをほっこり見せないポイント。
シャツ¥1,990(UNIQLO) パンツ¥7,314(Gapフラッグシップ原宿〈Gap〉) バッグ¥22,000(ル タロン プリュ 有楽町マルイ店〈マウリッツィオ タユーティー〉) バングル¥6,500(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) 靴¥15,000(ル タロン グリーズ ルミネ新宿店〈ル タロン グリーズ〉)

■黒でつなげて縦長ライン強調

Point! タイトスカート&パンツのレイヤードで脚長バランス

黒でつなげて縦長ライン強調

シュッとしたI シルエットを強調してくれるモード配色

ニット&タイトスカートのベーシックな合わせこそ、配色やレイヤードでまわりと差をつけたい。トレンドカラー・パープル以外は黒でまとめて潔くシンプルに。
ニット¥4,990(バロックジャパンリミテッド〈SLY〉) スカート¥6,900・下にはいたレギンス¥5,900(グランカスケードインク〈グーコミューン〉) バッグ¥1,900(L.L.Bean カスタマーサービスセンター〈L.L.Bean〉) 靴¥11,500(ミネトンカ モカシン〈ミネトンカ〉) メガネ¥4,200(ミラ オーウェン ルミネ新宿2店〈ミラ オーウェン〉) バングル¥9,000(SILVER SPOON)

■旬ボトムにはプチハイネック

Point! 肌見せ感のある靴で抜け感を

旬ボトムにはプチハイネック

カラフルなブロックチェックを受け止めるプレーンなハイネック

目を引くチェックスカートはごくシンプルなプチハイネックですっきりとコーディネート。デコルテが開いたカットソーだとこの縦長シルエットは得られないので要注意。
カットソー¥7,800(グランカスケードインク〈グーコミューン〉) 「グリーンレーベル リラクシング」のスカート¥7,900・「クリスチャンヴィラ」のバッグ¥11,000(ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店) 靴¥1,850(ドウシシャ お客様相談室〈ハワイアナス〉) ピアス¥1,202(H&M カスタマーサービス〈H&M〉) リング¥6,300(サイクロ〈CYCRO〉)

Oggi9月号「3人のスタイルアイコンに学ぶ、高見え『I』『Y』『A』シルエット」より
撮影/酒井貴生(aosora/モデル)、渡辺修身(静物) スタイリスト/金子 綾 ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) モデル/矢野未希子(本誌専属)、飯豊まりえ、宮田聡子 デザイン/Permanent Yellow Orange 構成/木村 晶(本誌)
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2018.12.15

編集部のおすすめ Recommended

Feature