今の働き方にフィットする3つの“NEO仕事服” | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 今の働き方にフィットする3つの“NEO仕事服”

2021.02.26

今の働き方にフィットする3つの“NEO仕事服”

PR/洋服の青山

PR

出社日のミニマム化、リモートワーク、WEB会議… と、1年前と働き方が大きく変わった今、仕事服はより軽やかに、アクティブに、アップデートが必要です! スーツはもちろんカジュアル服のバリエーションが増えた〝洋服の青山〟で、今の自分の仕事スタイルに合った一着を見つけてみて。

世情は変わっても、仕事服はやっぱり必要。〝洋服の青山〟には、ニューノーマルな仕事スタイルにも使える、幅広いきちんと服がそろっています。

NEO仕事服 01
週2出社のカジュアルワーク

ニューノーマル時代を迎えた今、仕事服でも心地よさはもはやスタンダード。無理して頑張るより、どこか抜けのあるスタイルが断然おしゃれに映えるように。カジュアルなインナーもジャケットがあれば、硬軟のバランスがちょうどいい塩梅に!

マンネリしがちなお仕事コーデにフレッシュ色でときめきをプラス!

流行色のイエローもライム寄りのトーンなら、華やかに着こなせて好印象。外出先でのリモートワークもパっと目を引く存在に。長めのタイトスカートにインしてバランスよく着こなして。

ニット[3月中旬発売]¥3,900・スカート[4月上旬発売]¥7,900・バッグにかけたジャケット[4月上旬発売]¥15,000・靴¥9,900(洋服の青山 新宿西口店〈ANCHOR WOMAN〉) その他/スタイリスト私物

Other Coordinate

カジュアルなインナーにジャケットで自然体のかっこよさを

日常から仕事への切り替えがあいまいになりがちな今、セットインスリーブジャケットをまとえば簡単にオンのスイッチが始動。涼感のあるボトムで春気分を誘って。

〝ANCHOR WOMAN〟のジャケット¥12,000・ニット[4月上旬発売]¥3,900・パンツ¥7,900・靴¥9,900・肩に巻いた〝n♥line Precious〟のカーディガン¥3,900(洋服の青山 新宿西口店) その他/スタイリスト私物

NEO仕事服 02
自宅でのリモートワーク

顔周りを華やかにする色のトップスと、長時間の着席も快適なボトムに着目して選ぶのがちょうどいいリモート服。〝洋服の青山〟なら、急な外出を要する場合にも対応できる、きれいめ感をキープした服が見つかります。

気負わないのにきちんと感もある「今」に合ったワークスタイル

化繊のパンツや薄手のカーディガンなど、堅苦しさのないしなやかな風合いのアイテムがあれば、リモートワークにも活躍し、まさに今の働き方にぴったり! インナーのブルーで知的な印象を加えて。

〝n♥line Precious〟のカーディガン¥3,900・〝ANCHOR WOMAN〟のカットソー[4月上旬発売]¥3,900・パンツ[4月上旬発売]¥7,900(洋服の青山 新宿西口店) その他/スタイリスト私物

Other Coordinate

着映え力のあるブラウスでモニター越しの表情も明るく

オンライン会議が増える中、顔映りがよく清潔感も高いブラウスが人気。とはいえシンプルすぎるものは物足りないので、シャーベットカラーにパールボタンが効いた着映え力のあるものを狙って。ボトムはトップスを引き立てる白パンツが好相性。

ブラウス¥4,900・パンツ[4月上旬発売]¥7,900(洋服の青山 新宿西口店〈ANCHOR WOMAN〉) その他/スタイリスト私物

NEO仕事服 03
きちんと出社のフォーマルワーク

限られた出社の日こそ、きちんと感を託すスーツがより重要になるこれからのワークスタイル。ビジネスにふさわしい品性を満たしながら、今の気分にアップデートされた一着があれば、どんな予定にも柔軟に対応できる!

抜群の端正さと女らしさを誇る大人気スーツの新色・ブラック

旬のタイトすぎないシルエットも、シャープなノーカラーとパンツのセンタープレスが程よい緊張感をもたらし、仕事へのモチベーションをあげてくれる!

〝ANCHOR WOMAN〟のジャケット¥15,000・パンツ¥8,000・カットソー[4月上旬発売]¥3,900・靴¥9,900・〝洋服の青山〟のバッグ¥5,900(洋服の青山 新宿西口店) その他/スタイリスト私物

Other Coordinate

出勤日に欲しい品格と穏やかさを上品な質感のグレーが表現

モデル着用と同型のスカートタイプ。きちんとしたスーツも、どこかやわらかなニュアンスがあることで今の働き方にもしっくりくる。

〝ANCHOR WOMAN〟のジャケット¥15,000・スカート¥8,000・靴¥9,900・〝PARISSIMA YUKITORII〟のブラウス[ボウタイ付き]¥3,900・〝洋服の青山〟のバッグ¥6,900・バッグに巻いたスカーフ¥3,900(洋服の青山 新宿西口店)

* * *

詳しい商品情報は、洋服の青山公式オンラインショップから!

公式オンラインショップ‎

協力/洋服の青山

問い合わせ先/洋服の青山 新宿西口店
TEL:03-5322-7007

撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company/人物)、魚地武大(TENT/静物) スタイリスト/縄田恵里 ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/朝比奈 彩(本誌専属) 本誌デザイン/Permanent Yellow Orange 本誌構成/大椙麻未

●この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。
●一部の店舗のみで展開の商品もあります。オンラインストアでの試着予約や購入が可能です。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.04.11

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号・別冊付録 Domani春号 P.11に掲載のバッグの価格に誤りがありました。正しくは、¥240,000(税抜)です。お詫びして、訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。