「好きなコーディネート」1位から10位を発表! デニム&ワイドパンツのきれいめカジュアルコーデに人気が集中 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

line instagram TikTok X facebook search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 春ファッション
  5. 「好きなコーディネート」1位から10位を発表! デニム&ワイドパンツのきれいめカジュアルコーデに人気が集中

FASHION

2023.03.12

「好きなコーディネート」1位から10位を発表! デニム&ワイドパンツのきれいめカジュアルコーデに人気が集中

働く女性のファッション誌『Oggi(オッジ)』2023年3月号の読者アンケートに寄せられた「好きなコーディネート」を集計。人気上位の1位~10位までのスタイリングを、読者からのコメントと共にご紹介します。

働く女性のための雑誌「Oggi」3月号で、読者が好きな着こなしを発表!

ビジネスパーソンのためのファッション&ライフスタイルマガジン「Oggi」では、毎月購読してくれた読者に「真似をしてみたい着こなしはありますか?」というアンケート調査を行っています。

2023年1月27日に発売されたOggi3月号の読者アンケートの集計結果が出ましたので、ランキング形式でまとめてみました。果たしてどんなスタイリングが人気だったのでしょうか?

人気コーデに共通していたのは「ベージュのアイテム」「デニムを取り入れたスタイル」「きれいめカジュアル」でした! それでは10位から順番に発表していきます。

10位:Gジャン×ボーダーカットソー×バレルパンツ

CONVERSEのスニーカーコーデ

トレンドのバレルパンツに淡いグレーのコンバースを合わせたコーディネート。腰回りはゆったり、裾に向けてテーパードするフォルムは、足元をできるだけすっきりさせるのが大人の正解。お久しぶりのGジャンもベージュカラーのパンツとあわせて、きれいめカジュアルに。読者からは「色合わせがよい」「カジュアルだけど小物がおしゃれ」「手持ちの服でマネできそう」といったコメントが集まっていました。

ジャケット¥46,200(グラフペーパー〈Graphpaper〉) カットソー¥13,200(GUEST LIST〈Le Minor〉) パンツ[2月20日発売予定]¥22,990(ネイヴ) バッグ¥15,400(ノーベルバ〈ノマディス〉) 靴¥7,700(コンバースインフォメーションセンター〈コンバース〉) サングラス¥44,000(アイヴァン 東京ギャラリー〈アイヴァン〉) ネックレス¥58,300(マリハ)

9位:ボーダーニット×デニム

ボーダーニットのコーデ

肌見せや透け感など、春ならではのディテールが加わったひとクセデザインのニットが主役のコーデ。こちらには、「ニットがかわいい」「靴の色がアクセントになっている」「カジュアルさがいい」と高評価! デニムスタイルをはじめカジュアルな日に着映えたい人にもおすすめの着こなしです。

ニット¥22,000(TOMORROWLAND〈MACPHEE〉) デニムパンツ¥28,600(エストネーション〈ネイル〉) バッグ¥24,200(アイネックス〈パピルス〉) 靴¥75,900(アマン〈ペリーコ〉) ピアス¥90,200(マリハ) ネックレス¥38,500(MIKIRI〈クードル〉)

8位:トレンチコート×黒ニット×黒パンツ

第8位は、黒コーデにトレンチコートを合わせたスタイリング。「シンプルな感じが好き」「スタイルがよく見える」「コートとバッグのバランスがいい」と、いつものワードローブでできる着こなしだからこそ、かっこよくきまるスタイリングにOggi読者は注目した様子。

バッグは、〝アンテプリマ〟のシグニチャーともいえるワイヤーバッグ「アデッソ ミニアトゥーラ」。光を受けて輝くプリズムのように光沢のあるワイヤーコードに、100以上も発表されている豊富なカラーバリエーションが魅力のアイテムです。

コート¥88,000(CASA FLINE表参道本店〈カーサフライン〉) ニット¥46,200(S&T〈バイ マレーネ ビルガー〉) パンツ¥20,900(Shinzone LUMINE YURAKUCHO〈ザ シンゾーン〉) バッグ[アデッソ ミニアトゥーラ/16×11×3.5/取り外し可能なチェーンストラップの長さ120cm]¥44,000(アンテプリマジャパン〈アンテプリマ/ワイヤーバッグ〉) 靴¥19,800(ダイアナ 銀座本店〈エフ バイ ウェルフィット〉) ピアス¥5,990(バナナ・リパブリック)

7位:パープルブルーニット×ベージュパンツ

パープルブルーニット×ベージュパンツコーデ

第7位は、Oggi3月号の表紙がランクイン。パープルとブルーの中間のニュアンスカラーのニットに、ベージュパンツ、ミントグリーンのバッグ・靴を組み合わせたコーデには、「春らしい色合わせ」「都会的な印象」「大人の遊び心が素敵」との声が。ニットとパンツのパンツコーデには、素材感の違いを意識すると、より都会的なおしゃれにつながります。

ニット¥31,900(マルティニーク ルコント ルミネ有楽町〈レリタージュ マルティニーク〉) パンツ[3月中旬発売予定]¥35,200(styling/ ルミネ新宿1店〈styling/〉) バッグ[縦14×横20×マチ7.5cm]¥804,100・靴¥159,500・ピアス¥123,200・バングル¥201,300(シャネル)

6位:リネン素材のワンピ×大ぶりピアス×きれい色ストール

シャツワンピースコーデ

「大人かわいい」「すっきりとしたかっこよさがある」「この春挑戦したい」という感想を持った読者からの票を集めた、こちらのスタイリングが第6位。シンプルなシャツワンピースには素材選びが大事。ドライな質感のリネンが生み出す落ち感は、大人なかっこよさをさらに引き立ててくれます。

ワンピース¥42,900(カオス丸の内〈カオス〉) バッグ¥20,900(アマン〈アンドミューク〉) 靴[3月上旬発売予定]¥19,800(エレメントルール カスタマーサービス〈バンヤードストーム〉) ストール¥31,900(アイネックス〈アソース メレ〉) ピアス¥7,990(バナナ・リパブリック) リング¥25,300(アルティーダ ウード〈アルティーダ ウード〉)

5位:トレンチコート×デニムパンツ

トレンチコート×デニムパンツコーデ

春アウターの代表格・トレンチコートは今シーズン、リラックス感はありつつも王道と呼べるデザインのものが豊作。「ベーシックなのにこなれて見える」「バランスがいい」「コートの雰囲気が好き」と読者もアウターに注目する回答が目立つ結果に。こちらのサクラのトレンチは、動いたときにややフレアに広がる美しいシルエットと、気負わず着られるさりげないシワ加工つき。デニムスタイルはベルトをONしたきれいめなアプローチが、コートの雰囲気にマッチしています。

コート¥75,900(インターリブ〈サクラ〉) カーディガン¥48,400(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス ロッポンギ〈ドゥーズィエム クラス〉) デニムパンツ¥39,600(フィルム〈ダブルスタンダードクロージング〉) バッグ¥50,600(ロンシャン・ジャパン〈ロンシャン〉) 靴¥53,900(アマン〈ペリーコ〉) 〝アソース メレ〟のストール¥49,500・〝マヌエラ〟のベルト¥15,400(アイネックス) ピアス¥26,400(八木通商〈ローラ ロンバルディ〉) リング¥27,830(ロードス〈アヴェーテ〉)

4位:トレンチコート×黒パンツ×黒スニーカー

トレンチコート×黒パンツ×黒スニーカーコーデ

第4位は、「コートとジャケットの重ね着が素敵」「リュック通勤の参考になる」「素材感の違う服を違和感なく合わせている」「シックでかっこいい」と、こちらもトレンチコートのコーデがランクイン。きれいめ要素の高いトレンチには、×革靴が定番だけれど、落ち着いたツヤ×黒のスニーカーならなじみやすい。足取りが軽くなるスニーカースタイルをぜひマネしてみて。

コート[共布ベルト付き]¥184,800(マッキントッシュ ギンザシックス店〈マッキントッシュ〉) ジャケット¥63,800(マルティニーク ルコント ルミネ有楽町〈マルティニーク〉) 中に着たボディスーツ¥14,300(THIRD MAGAZINE〈THIRD MAGAZINE × mikomori〉) パンツ¥19,800(styling/ ルミネ新宿1店〈styling/〉) バッグ¥38,500(ヴァジックジャパン〈VASIC〉) 靴¥13,200(エミ ニュウマン新宿店〈asics〉) ソックス¥935(タビオ〈靴下屋〉)

3位:グレーカーディガン×ロゴTシャツ×白タックパンツ

グレーカーディガン×ロゴTシャツ×白タックパンツコーデ

この春主流のゆったりとしたタック入りパンツを取り入れた着こなしが第3位。こちらには、「上品カジュアルな雰囲気が好き」「スタイルが良く見える」「ベルトがアクセントになっていて素敵」といったコメントが集まりました。ワイドステムなパンツには、NOT地厚な落ち感のある生地を選ぶと◎。カーディガンのインにはレタリングTシャツを合わせ、程よいカジュアル感をトッピング。

カーディガン¥31,900(フィルム〈ソブ〉) カットソー¥8,800(エレメントルール カスタマーサービス〈バンヤードストーム〉) パンツ[ベルト付き]¥50,600(ebure GINZA SIX店〈ebure〉) バッグ¥14,300(アマン〈アンドミューク〉) 〝カステラーノ〟の靴¥39,600・〝シンパシー オブ ソウル スタイル〟のネックレス[短]¥15,400(フラッパーズ) ネックレス[長]¥22,000(マリハ)

2位:ブルークロップドシャツ×カーキパンツ

ブルークロップドシャツ×カーキパンツコーデ

第2位は、「春らしいスタイリング」「色合いが上品」「きれいめでかっこいい」との感想が寄せられた、トレンドど真ん中のクロップドシャツコーデ。ボリュームのあるハイライズパンツとの新しいバランスが、マンネリ化したシャツの着こなしの鮮度をアップ。クロップド丈は、シャツをタックインしたときのもたつきの悩みも解消してくれるから、シュッと見え効果も狙えます。

シャツ¥16,500(ノーブル 有楽町マルイ店〈ノーブル〉) 手に持ったジャケット¥63,800(THIRD MAGAZINE〈THIRD MAGAZINE〉) パンツ[共布ベルト付き]¥28,600(マルティニーク ルコント ルミネ有楽町〈マルティニーク〉) バッグ¥14,850(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉) リング¥82,500(マリハ)

1位:ドット柄スカート×黒ニット

ドット柄スカート×黒ニットコーデ

第1位は、モダンな佇まいのドット柄のフレアスカートのコーデ。読者のみなさんがセレクトした理由には、「ヘアスタイルからスカートまですべてかわいい」「ドット柄が好き」「首周りがすっきりしていてきれい」「小物使いも素敵」などの回答が! このスタイリングの秘密は、スカートの素材にあります。地厚でハリのある生地を使うことによって、ボリューミィなシルエットをしっかりキープ。また、手描き風のドットや生地の上品なツヤなど、クラシカルだけど今っぽさのある絶妙なバランスなので、潔くシンプルな黒ニットに合わせるだけで上品に着こなせます。

ニット¥27,500(カレンソロジー 青山〈カレンソロジー〉)スカート¥38,500(デミルクス ビームス 新宿〈エッフェ ビームス〉) バッグ¥165,000(J&M デヴィッドソン カスタマーセンター〈J&M デヴィッドソン〉) 靴¥10,450(ル タロン プリュ 有楽町マルイ店〈ル タロン〉) カチューシャ¥6,600(Hooves〈IRIS47〉) ストール¥39,600(八木通商〈ガッティアンドシー ビエラ〉) ピアス¥26,400・リング¥46,200(マリハ)

* * *

以上、Oggi3月号の読者アンケート調査で、好きなコーディネートに選ばれた10のスタイリングをご紹介しました。真似してみたいコーデはありましたか?

現在発売中のOggi4月号の大特集は、「編集長・滝沢カレン」! モデル・滝沢カレンさんが編集長となり、1ヶ月コーディネートや春ファッション、歌舞伎、フワちゃんとの対談… と見て・読んで楽しい特集を掲載。第2特集では、きれいめシンプル派の春おしゃれをお届け。ジャケットや白トップス、ジレ、トレンドのパンツなど春に着たいアイテムを軸に着こなしを紹介しています。

ぜひお手に取っていただき、ご活用いただけたら幸いです。

Oggi4月号表紙

雑誌版を購入する

電子版を購入する

※本記事に掲載した商品は掲載時から日時が経っているため、すでに販売終了しているものもあります。ご了承ください。

あわせて読みたい


Today’s Access Ranking

ランキング

2024.02.28

編集部のおすすめ Recommended

Follow Us!

Oggiの公式SNSで最新情報をゲット!

メールマガジン登録はこちら

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。