Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 秋ファッション
  5. コンサバ見えしない【ツイード風はおり】の見極め方は?|人気スタイリストが選ぶ「この秋のマストバイ!」vol.5

FASHION

2022.09.23

コンサバ見えしない【ツイード風はおり】の見極め方は?|人気スタイリストが選ぶ「この秋のマストバイ!」vol.5

買い物迷子にならないために、『Oggi』の人気スタイリストの川上さやかさんが秋に注目するトレンドアイテムをレクチャーします! 今回は、この秋大流行中の「ツイード風はおり」のおすすめをピックアップ。

ツイード風はおりは、たちまち今っぽくなれる旬アイテムの決定版!

すっかり秋めいてきた今日この頃。ショッピングが楽しみです。

間違いない買い物のために、使えるトレンドアイテムを見極めたい… ということで、『Oggi』をはじめとする女性ファッション誌で活躍するスタイリスト、川上さやかさんに、今絶対に手に入れたいマストアイテムをうかがいました。

スタイリスト川上さやかさん

それはずばり…、ツイード風デザインのはおり

ツイードとはもともと生地のことですが、その生地を使ったノーカラージャケットのデザインを取り入れたのが“ツイード風はおり”。じわじわと人気が高まってきていましたが、今年はさらなるブームがやってきそう。エレガントな甘さがあり、コーディネートを上品に格上げしてくれるアイテムです。

「本格的なコートに行く前のはおりものといえばトレンチでしたが、ツイード風のはおりをもってくるのが今年らしいです」と川上さん。

ほうほう、でもツイード風のはおりって“授業参観”っぽくなりませんか?

「コンサバで老けて見えるイメージですよね。でも今年はニット素材の“ツイード風”や軽やかな素材のものなど、さらりと着られるものが多く出ているので、ぜひトライしてほしいです。

甘めな要素があるため、黒やネイビー、白などベーシックなカラーを選ぶのもコツ。コーディネートをする際は、デニムならラフなストレートタイプ、ヒール靴なら太めのタイプなど、フェミニンな要素を徹底的に排除することもポイントです」(川上さん)

ハーヴェルスタジオのツイード風ニットジャケット

白黒のツイード風ジャケット

▲ジャケット¥89,100(アルアバイル〈ハーヴェルスタジオ〉)

レディライクなルックスを、ざっくりしたニット素材でカジュアルダウン。ゆったりしたサイジングなので、コートが登場する前のアウターに使えそう。2段でついているポケットのあしらいがアクセントになり、長め丈の間延び感を回避。

シップスのツイードジャケット

黒のツイードジャケット

▲ジャケット¥40,920(シップス インフォメーションセンター〈シップス〉)

こちらはツイード素材を使った王道のジャケット。かわいらしさを控えるため、ブラックオンリーのものを選ぶと着回しがしやすい。小ぶりのゴールドのボタンが品のよさをさりげなく引き立て、初めてツイードジャケットを買う人に推したい1着です。

ユナイテッドアローズのツイード風カーディガン

白のツイード風カーディガン

▲カーディガン¥33,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉)

細かな布を織り込んであるようなふわふわした素材のツイード風カーデは、新鮮なカジュアルさ。フロントには4つのスナップがついています。「インナーは、黒やダークブラウンのタートルニットや、ラフなTシャツを合わせたい。白やベージュでまとめると甘くなりすぎてしまうので、注意です」(川上さん)

【問い合わせ先】
アルアバイル:03-5739-3423
シップス インフォメーションセンター:0120-444-099
ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店:03-5786-0555

●この企画で使用した商品の価格はすべて、税込み価格です。

撮影/黒石あみ スタイリスト/川上さやか 構成/斉藤裕子

これも読まれています!

川上さやかさんの顔写真

スタイリスト 川上さやか

大手銀行員からスタイリストへ転身。リアルなおしゃれ感覚を加味した、きれいめシンプル派を地でいくコーディネートは読者からも信頼が厚い。Oggiきっての理論派スタイリストとしても定評がある。


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.10.01

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature