Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. feature(lifestyle)
  4. ライフスタイルニュース
  5. 120年に一度しか咲かない? まさに今が旬のアノ食べ物の花!〈野菜の花クイズ〉

LIFESTYLE

2022.04.10

120年に一度しか咲かない? まさに今が旬のアノ食べ物の花!〈野菜の花クイズ〉

野菜や果物を知っていても、その花を知らない人も多いはず。今回は、めったに見ることができないあの食べ物の花をピックアップ。

この花は何の野菜? 春が旬の野菜

なかなか見る機会のない野菜の花。今回ピックアップした花は、120年に1度に咲くと言われるほど、めったに見ることができないレアな野菜です。

この花は何の野菜か知っていますか?

(c)Shutterstock.com

正解は、「たけ」の花です!

正解は、たけの花でした! 細くて稲のような花を咲かせます。

竹になる前に食べられる、たけのこ。このたけのこはイケ科の食べ物で、旬の時期は産地によって異なりますが、3月〜5月頃に多く出回ります。主な生産地は、福岡県、鹿児島県、熊本県、京都府など。

(c)Shutterstock.com

◆たけのこの歴史

たけのこはアジアが原産といわれ、中国から日本に伝来したそう。歴史は古く、縄文時代の遺跡から竹をつかった製品が見つかっているほど。小・中学校で習った「竹取物語」を思い出す人も多いはず!

さて、冒頭に話した「竹の花は120年に1度しか咲かない」のはなぜでしょうか。

実は120年に1度というのは、めったに咲かないことが起きるといった例えです。実際にいつ花を咲かせるのかわかってないのだそう。部分的に開花することもありますが、その期間は数日だけ。品種によっては、一帯で花を咲かせた後は一斉に枯れていくとか。なんとも不思議な光景になりそうですね。

ちなみに、近年で「竹が枯れた」記録が残っているのは、昭和40年代のこと。「マダケ」という品種が花を咲かせ、一斉に枯れ、竹にかかわる産業は大きな痛手を負ったと言われています。

◆たけのこの栄養

たけのこは、食物繊維が豊富で腸内環境を整えてくれます。また、カリウムも多く含み、コレステロールの吸収を抑える働き、塩分の排出を促す働きがあり、動脈硬化や高血圧予防が期待できます。

食感も楽しく、噛み応えもあるので、あと一品ほしいときに重宝しますね。

◆たけのこの選び方

おいしいたけのこの選び方は、以下の通り。

・穂先は黄色っぽいもの。緑色のものは極力避ける
・根元の切り口は白く、みずみずしいものを選ぶ
・皮はツヤがあり、薄茶色のものを選ぶ

たけのこは変色しやすく、収穫してから時間が経っているものはえぐみが増します。新鮮なものは甘味と食感が楽しめるので、ぜひ上記を参考にしてみてください。

* * *

たけのこは、お刺身や、ホイル焼き、天ぷらなど、さまざまな方法で食べられます。旬な時期を見逃さずに購入したいですね。

参考:農林水産省「これからが旬! たけのこで「春」を感じよう」

みんなも挑戦している野菜の花クイズ


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.06.26

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.95に掲載の右と中央のモデルカットで価格とブランド名の誤りがありましたので、訂正いたします。右モデルの手に持ったジャケットの価格は「¥27,940」ブランド名は「アンクレイヴ ホワイト」になります。中央モデルの肩掛けしたジャケットの価格は「¥20,900」ブランド名は「アンクレイヴ スタンダード」になります。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature