Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. feature(lifestyle)
  4. ライフスタイルニュース
  5. これは何の野菜の花? 酸っぱくて甘ーいアノ食べ物〈野菜の花クイズ〉

LIFESTYLE

2022.01.17

これは何の野菜の花? 酸っぱくて甘ーいアノ食べ物〈野菜の花クイズ〉

野菜を知っていても、その野菜の花を知らない人も多いはず。今回はピックアップするのは、1月〜3月頃に最盛期を迎える果物(野菜)です。

この花は何の野菜? スイーツにも使われるアレ!

スーパーに行くと、旬の食材が色とりどりに並び、ごはんのメニューも迷っちゃいますね。

今回ピックアップする食材は、12月ごろからスーパーに並び始める食材です。この花は何の野菜か知っていますか?

(c)Shutterstock.com

正解は、「イチゴ」です!

正解は、イチゴの花でした。え、イチゴって果物じゃないの? と思った方いますよね。農林水産省によると、イチゴは野菜に分類されているんです。フルーツのように使われることから、果実的野菜とも表記されます。

科名はバラ科で、冬〜春に多く出回り、夏や秋に出荷される品種もあります。年間出荷量1位は栃木県です。

(c)Shutterstock.com

◆イチゴの歴史

野生のイチゴは、石器時代から食べられていたそうで、当時は甘みが少なく、小粒だったそう。18世紀になると、オランダで品種が改良され、いまようなイチゴが誕生。

日本には、江戸時代にオランダから長崎に伝わりましたが、観賞用にされたため食べられることはなかったとか。食べられるようになったのは、明治時代からだと言われています。

◆イチゴの味わいと栄養

イチゴは甘く、程よい酸っぱさがありますね。ヘタ部分よりも先端部分が甘いことで知られています。

栄養は、風邪予防や美肌効果が期待できるビタミンC、貧血予防に効果的な葉酸、発がん抑制にも作用するアントシアニンが豊富。また、血糖値の上昇やコレステロールの吸収を抑制する食物繊維のペクチンも含まれています。

◆選び方

美味しいイチゴの選び方は、以下です。

1. 果実全体が赤く、ハリとツヤがある。
※品種によっては色が薄めでも完熟状態なので注意。

2. ヘタがしなびていない。

3. ツブツブがくっきりしている。

4. 甘い香りがする。

5. 傷がない。

* * *

そのままでも美味しいイチゴ。冬から春にかけては、各所でイチゴスイーツが並ぶので心躍りますね。イタリアでは、パスタやピザなどにも使われるのだとか。品種によっても味わいが違うので、食べ比べも楽しそうです!

参考:農林水産省「いちごのあれこれ豆知識」


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.29

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.95に掲載の右と中央のモデルカットで価格とブランド名の誤りがありましたので、訂正いたします。右モデルの手に持ったジャケットの価格は「¥27,940」ブランド名は「アンクレイヴ ホワイト」になります。中央モデルの肩掛けしたジャケットの価格は「¥20,900」ブランド名は「アンクレイヴ スタンダード」になります。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature