切なくてさみしくて苦いのに、きらめきがある。アメリカの天才作家による珠玉の作品集 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. エンタメ
  4. 雑誌・書籍
  5. 切なくてさみしくて苦いのに、きらめきがある。アメリカの天才作家による珠玉の作品集

LIFESTYLE

2022.01.07

切なくてさみしくて苦いのに、きらめきがある。アメリカの天才作家による珠玉の作品集

書評家の石井千湖さんが、「女性のお守り」になるような本を紹介してくれる人気連載。今回は、アメリカの天才作家による珠玉の作品集について。

美しくて切ない、「命」にまつわる物語

今回書評家の石井千湖さんがおすすめするのは、アメリカ人作家 エリザベス・ハンドの傑作選。

命や人生について改めて考えさせられる物語ばかりです。

目に見えるもの、見えないものとの境で揺れる人生の光

『過ぎにし夏、マーズ・ヒルで エリザベス・ハンド傑作選』

オレンジ色の表紙を開くと不思議で美しい世界が広がっている。

エリザベス・ハンドはアメリカの作家。『過ぎにし夏、マーズ・ヒルで エリザベス・ハンド傑作選』は、収録された4編すべてが著名な文学賞を受賞している。

表題作は著者が愛する人を乳がんやエイズで亡くした経験から生まれた話だ。主人公のムーニーは16歳で、母とふたり暮らし。毎年夏に、メイン州の辺鄙な海岸にある「マーズ・ヒル」を訪れている。マーズ・ヒルには、「彼ら」と呼ばれる、神秘的な光の存在を信じる人々が集う。ムーニーには「彼ら」が見えない。ある日、母がステージ4の悪性腫瘍だということが発覚する。そしてムーニーは初めて「彼ら」に遭遇することになる。

死者の記憶を縫い込んだ母のスカート、夕暮れの淡い光に照らされる海辺の風景、マーズ・ヒルの人々が儀式を行う朽ちかけた灰色の礼拝堂など、細部の描写が印象に残る。「彼ら」がなぜムーニーの母をはじめとした病人に「挨拶」するのか。謎が解けたときに複雑な色合いの感情がわき上がる。命に限りがあることの悲しさと尊さを静謐な文章で描いた一編だ。

「イリリア」は名女優の血を引く少年少女の秘密の恋の物語。タイトルの由来は、シェイクスピアの戯曲「十二夜」に出てくる国の名前だ。お互いの親に隠れて屋根裏部屋で愛し合うふたりは、だれがつくったのかわからないおもちゃの劇場を発見する。しかし、やがてふたりを離れ離れにする事件が起こる。

少女に演技の才能を見出したおばが「魅惑」と「文法」は語源が同じと話すくだりがいい。人を魅了する力は、生まれもった容姿とは別のもの。一種の知識、教養で、身につけることができると言うのだ。その言葉のとおり、少女は自分を魅せる方法を学び、演劇の道に進むのだが……。

切なくてさみしくて苦いのに、きらめきがある。大人の夏の読書にすすめたい、胸に沁み入る作品集だ。

過ぎにし夏、マーズ・ヒルで エリザベス・ハンド傑作選』(東京創元社)
著/エリザベ ス・ハンド、訳/市田 泉
アメリカ人の著者による中短編から、ネビュラ賞や世界幻想文学大賞を受賞した傑作4編を収録。愛する者との別れ、実現しない夢、人生に訪れる困難と対峙する登場人物たち。ファンタジーを感じさせながらも、人生には謎や不思議が確かに存在するという余韻を味わえる。

2021年Oggi8月号「働く30歳からのお守りBOOK」より
構成/正木 爽・宮田典子(HATSU)
再構成/Oggi.jp編集部

TOP画像/(c)Shutterstock.com

石井千湖

いしい・ちこ/書評家。大学卒業後、約8年間の書店勤務を経て、現在は新聞や雑誌で主に小説を紹介している。著書に『文豪たちの友情』、共著に『世界の8大文学賞』『きっとあなたは、あの本が好き。』がある(すべて立東舎)。


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.01.21

編集部のおすすめ Recommended

Oggi2月号「ベストコスメ」P.127で紹介している花王 キュレル 潤浸保湿 モイストリペアシートマスクの画像に誤りがありました。正しくはこちらになります。
https://www.kao.com/jp/products/curel/4901301395092/
お詫びして訂正いたします。

Oggi2月号「ベストコスメ」P.129で紹介しているパルファム ジバンシイ プリズム・リーブル・ブラッシュの色番号に誤りがありました。「2」ではなく、正しくは「4」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature