奇才・柿本ケンサクの展覧会【時をかける】が渋谷パルコで開催、昨年話題となった映像プロジェクト「+81FILM」短編4作品の上映も | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. feature(lifestyle)
  4. ライフスタイルニュース
  5. 奇才・柿本ケンサクの展覧会【時をかける】が渋谷パルコで開催、昨年話題となった映像プロジェクト「+81FILM」短編4作品の上映も

LIFESTYLE

2021.09.13

奇才・柿本ケンサクの展覧会【時をかける】が渋谷パルコで開催、昨年話題となった映像プロジェクト「+81FILM」短編4作品の上映も

幅広いジャンルで活躍するアーティスト 柿本ケンサクの最新作から過去作までが一堂に会する展覧会が開催。柿本ケンサクがコロナ禍でリモート制作した映像作品「+81FILM」の上映会も行われます。

「革命の歌」を現像に取り入れた新作を中心に過去作も展示販売

演出家・映像作家・撮影監督として、映画やコマーシャルフィルム、ミュージックビデオ、広告の世界で幅広く活躍しているアーティスト 柿本ケンサクの展覧会『時をかける』が、2021年9月17日(金)~26日(日)の期間、渋谷パルコB1F「GALLERY X」にて開催されます。

メインとなるのは、音楽現像によって生まれ変わる写真の変化を独自のアルゴリズムで表現した新作「TranceMusic」のインスタレーション。

過去に発表した「Trimming」シリーズ、「TRANSLATOR」シリーズも新たな方法で展示されるほか、展示作品や今回の展覧会を記念して制作されたZineなども販売されます。

また、渋谷パルコ8F「ホワイトシネクイント」では、昨年世界同時配信された柿本ケンサクによるリモート映像プロジェクト「+81FILM」の作品を上映。「+81FILM」は、柿本ケンサクが新型コロナウイルスの自主隔離中、各地で知り合った映像作家に安否確認の連絡をとったことがきっかけとなりスタートした、“世界を繋ぐ”映像プロジェクト。その美しい映像と音楽に加え、細野晴臣、半野喜弘、大橋トリオが参加し話題となりました。

今回は、ハンガリーを舞台に柿本ケンサク自らが監督となり、ケンモチヒデフミが楽曲提供として参加し制作された新作『DROP BY DROP』と既存の3編、計4編を、9月25日(土)の一夜限りで一挙上映。この貴重な機会をどうぞお見逃しなく。

【Kensaku Kakimoto Exhibition『時をかける』
Collaboration with Luke Bubb, Piotr Stopniak】
会期:2021年9月17日(金)~26日(日)
会場:渋谷パルコB1F「GALLERY X」
時間:11:00~20:00 ※入場は閉場時間の30分前まで ※最終日は18:00閉場
入場:500円
楽曲提供:細野晴臣・半野喜弘・大橋トリオ・ケンモチヒデフミ
☆イベント詳細はこちらから

【「+81FILM」特別上映会】
日程::2021年9月25日(土)
時間:17:00~※上映時間 約40分予定
会場:渋谷パルコ8F「ホワイトシネクイント」
料金:1,200円
※チケット情報などは後日発表

※営業時間は変更となる場合がございます。詳細は渋谷パルコHPにてご確認ください。
※開催内容は予告なく変更される可能性があります。予めご了承ください。
※感染症対策や天災等の諸事情、混雑状況により、整理券配布・入場規制させていただく場合がございます。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.18

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature