パターの1打も大事な1打! 欲張りすぎず、丁寧に寄せよう【Oggi GOLF部活動レポ】 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. feature(lifestyle)
  4. ゴルフ
  5. パターの1打も大事な1打! 欲張りすぎず、丁寧に寄せよう【Oggi GOLF部活動レポ】

LIFESTYLE

2021.08.09

パターの1打も大事な1打! 欲張りすぎず、丁寧に寄せよう【Oggi GOLF部活動レポ】

2020年末にスタートしたOggi GOLF部 二期生プロジェクト。そのメインの活動でもあるレッスンについて、各メンバーがレポートします。

Oggi GOLF部 井口 悠

簡単に見えて奥深いパターの世界

Oggi GOLF部の井口悠(はるか)です。

これまでのレッスンでドライバー、アイアンの使い方をレクチャーしてもらい、各々苦手なクラブを練習してきましたが、唯一まだ登場していないクラブが!

それがボールを最後にカップを入れるクラブ、パターです。

なかなか寄らない! 入らない!… ムズカシイ(笑)

これは何をしているかというと… みんな一列に並んで、真剣に先生の真似をしています(笑)。

パターのボールの位置は、構えた時に自分の視線の真下にボールがあるのが理想!

足幅は自分の打ちやすいポジションになるように調整し、アイアンやドライバーの時のように大きく開くことはあまりありません。

私も気持ち開く、くらいがしっくりでした。

肘も軽く曲げるくらいがベスト!

欲張らず、1パット目でカップに近づける、くらいで打つ

実際にカップを狙って打ってみると、強く打ちすぎてカップを通り過ぎてしまったり、思う方向になかなか進んでくれず…。

先生からは、欲張って1回で入れようと思わず、「確実に入れられる位置まで、丁寧に寄せていくことが大切」、とのアドバイスをもらいました。

熱いプレッシャーを感じながらいざ打ち出し!

果たしてカップインなるか…?!

まだまだ精進が足りないようです…(笑)

初心者ゴルファー、井口 悠のパターレッスンmemo

・パターを打つ時のボールの位置は、目線の真下にセット!
・足幅は気持ーち開く程度で、あまり開きすぎないように注意。
・1回で入れようと欲張らず、確実に入る位置まで丁寧に寄せていきましょう!

早くゴルフ場で思いっきりゴルフを楽しめるよう、苦手ポイントの克服を頑張ります!

写真・文/井口 悠 撮影場所/アコーディア・ガーデン東京ベイ(アコーディア・ゴルフ)

こちらの記事もチェック!

Oggi GOLF部 井口 悠

IT関連会社勤務・29歳/新卒で入った会社でゴルフを始めたものの、すぐに挫折し完全休眠。友人に誘われたのをきっかけに、再始動を決意。「自己流での上達に限界を感じていたので、レッスンで基礎から学べるのが楽しみです」。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.19

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature