Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. インフォメーション
  3. チームOggiのハマリモノ
  4. ラクしてごめんなさい! 家の中でも、外でも「ビルケン」率高めです

INFO

2021.06.09

ラクしてごめんなさい! 家の中でも、外でも「ビルケン」率高めです

毎日の生活の中で編集部員たちが愛するモノやコトを紹介する「チームOggiのハマリモノ」。今回は、家の中でも外でも近所でも愛用しまくっている「ビルケンシュトック」のサンダルについてご紹介します。

夏が来る前に買った、黒のビルケンはこの2足

靴はもっぱらフラット派。「ヒールの靴は来世に…」というのが最近の私の口癖です。サンダルなら、歩きやすさ、手持ちの服との合わせやすさに加え、脱げにくさも重視しています。そんな私にとっての神サンダルが「ビルケンシュトック」です。今年、まだ寒さが残る3月末に購入したのがこちらの2足。

左はゴミ出しや近所のコンビニなどに行く用に購入した「マドリッド」というモデル。ビルケンといえばコルクソールですが、これは樹脂素材でめちゃくちゃ軽く、汚れても水で丸洗いできるのも◎。Oggiのスタイリストさんが撮影中やコーディネートを組む際に、スリッパ代わりによく履いているのを見てマネしました(笑)。靴下を履いたままでもサッと履けるのもノーストレス(ビーサン×靴下ではさすがに見た目がちょっと… ですので)。

以前の記事でもお伝えしましたが、私は足裏が異常に乾燥しているため、普通のビーチサンダルだとするする滑ってしまい歩きにくいのですが、この「マドリッド」はストラップが(そんなに太くないにもかかわらず)足をしっかりホールドしてくれて、とても快適に履けるのです。旅に行けるようになったら、海やプールにも連れて行く予定。

たくさん歩く日の足元もビルケン頼りです

バックストラップ付きはスポサン要員として。安定感バツグンなのでガンガン歩く展示会の日などに重宝しています。去年まではザ・スポサンを愛用していましたが、足元がどうしてもカジュアルになるため履く場所を選ぶなと…。

その点これはバックル部分も黒で、細めのフォルム、足元がドサッと重く見えないのが「まさに」好みでした。ラクしているのにきれいめに見えるのため(見えますよね?)、ここ最近は連日登場しています。モデル名、調べてみたのですがわからず…! ビルケンシュトックのショップで購入しました。

そしてスリッパとして! マドリッドのカーキが活躍

家の中では、マドリッドのカーキを愛用。かかとケアのために家の中でも靴下生活のため、足入れがしやすいマドリッドは本当に便利。

ということで、ほぼ毎日お世話になっているビルケンシュトック。直営店で買うと足のサイズもきちっと測ってもらえ、ベストなサイズを選んでいただけます。おかげで長時間履いていても「足が痛い~」ということも皆無!

衝動買いをしては失敗の多い私ですが、このビルケンは我ながら本当に良いお買い物でした~♡

副編集長 小森智子

主にファッション、ライフスタイル読み物担当。趣味は、韓流ドラマ鑑賞と料理教室通い。「いい」と言われるものはとりあえずすぐに試す、フットワークの軽さと財布の紐のゆるさも特徴です。最近は、出勤前にYouTubeを見ながらラジオ体操 第一と第二を通しでやると調子いいです。


Today’s Access Ranking

ランキング

2023.02.07

編集部のおすすめ Recommended

Oggi3月号で商品の価格に間違いがありました。99ページ、107ページに掲載の“シシ”のスニーカーの価格は、正しくは¥20,500になります。お詫びして訂正いたします。

Oggiの名前を騙ったECサイトにご注意ください!
Oggiの表紙や掲載写真・文言などを使い、商品を極端に安価に販売している日本語の海外通販サイトの存在を確認しています。小学館やOggiとは一切関係ございませんので、十分にご注意ください。
【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。