10年以上ぶりに「ぬるま湯洗顔」をやめてみたら、なんだか肌が好調です。 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. インフォメーション
  3. チームOggiのハマリモノ
  4. 10年以上ぶりに「ぬるま湯洗顔」をやめてみたら、なんだか肌が好調です。

INFO

2021.04.13

10年以上ぶりに「ぬるま湯洗顔」をやめてみたら、なんだか肌が好調です。

毎日の生活の中で編集部員たちが愛するモノやコトを紹介する「チームOggiのハマリモノ」。今回は、肌が敏感になる季節に、副編集長・小森が絶賛愛用中の洗顔フォームをご紹介します。

10年以上続けていた「ぬるま湯洗顔」をやめてみました。

10年以上、朝はぬるま湯で顔をすすぐだけの「ぬるま湯洗顔」だったのですが、この春「洗顔」を見直すことにしました。春になり花粉症のせいか、朝起きると肌がごわごわ? ボソボソ? なんだか化粧水や美容液の浸透も良くないなーと感じ、さっぱり、ツルッとした洗い上がりを求めて手に取ったのがathletiaのスムーススクラブウォッシュ(税込4,950円)でした。これがとっても良かった!

使用済みのもので恐縮ですが、ご紹介させてください。

▲白いボディにライトグレーのロゴ。清潔感のあるパッケージも好みです。

天然クレイ×自然由来のスクラブで、ゴワつきがひと皮向けるようなさっぱり感!

天然クレイを配合したスクラブウォッシュは、ツブツブ感が抑えめで、花粉で敏感になっている肌でも痛みを感じることはナシ。なめらかなテクスチャーで泡立ちも良いです。香りは、ジュニパーベリーやセロリシードなどのハーブを効かせた爽やかなグリーン系。個人的に、すっきりとしたハーブの香りが大好きなので使うたび癒やされています。

美容の賢人たちが、美肌づくりの基本は汚れをしっかり落とすこと、とおっしゃられていますが、朝に洗顔を始めたことで、めきめきと肌の状態がよくなって、賢人の言葉を重みを実感しております。新しい季節、当たり前になった習慣を一度見直してみるのもいいものですね。

副編集長 小森智子

主にファッション、ライフスタイル読み物担当。趣味は、韓流ドラマ鑑賞と料理教室通い。「いい」と言われるものはとりあえずすぐに試す、フットワークの軽さと財布の紐のゆるさも特徴です。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.26

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature