舞台『ポーの一族』で共演! 明日海りお×千葉雄大が仕事への美学を語る〈Oggi2月号〉 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. インフォメーション
  3. 最新号紹介
  4. 舞台『ポーの一族』で共演! 明日海りお×千葉雄大が仕事への美学を語る〈Oggi2月号〉

INFO

2020.12.28

舞台『ポーの一族』で共演! 明日海りお×千葉雄大が仕事への美学を語る〈Oggi2月号〉

本日12月28日(月)発売のOggi2月号に、元宝塚トップスターの明日海りおさんと、俳優の千葉雄大さんが登場。6ページに渡って、「かっこいい大人の仕事と美学」について対談しています。

明日海りおさんと千葉雄大さんがOggi2月号に!

本日(12月28日)発売のOggi2月号に、元宝塚トップスターの明日海りおさんと、俳優の千葉雄大さんが登場しています。2021年1月公開のミュージカル『ポーの一族』で共演する話題のふたりが、対談ページでうっとりするほどハンサムなツーショットを披露してくれました!

大人の魅力たっぷりにハイブランドを着こなす

誌面では、明日海さんはイタリアのブランド、ヌメロヴェントゥーノのコートを着用、千葉さんはルイ・ヴィトンのスーツに身を包んでいます。役者として素敵なキャリアを重ねてきた30代のふたりが、大人の魅力たっぷりにハイブランドを着こなした姿は必見です!

▲男前なツーショット。舞台は主人公エドガー役を明日海さん、アラン役を千葉さんが務める

ふたりの仕事への美学

対談では、そのかっこいい大人の仕事と美学について語ってくれました。

役者という仕事について明日海さんは、「『明日海りおってこんなイメージだよね』みたいな色に染まって凝り固まりたくない。やわらかい感性のままいろんな役に出会っていきたいです」。

千葉さんは、「最近は、“何者でもない”という意識を持っています。そうすることで、たぶんだれにでもなれるから。俳優として常にフラットな人間でありたいと思っています」と、偶然にもふたりは同じような応えが。

明日海さんは、絶大な人気を誇った宝塚歌劇団の男役から、退団後は女優として活躍中。千葉さんは、2016年に日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞して以来、その幅広い役作りは折り紙つきな俳優です。お互いだれにでもなれる“フラットな人間”を体現してきたのですね。

ミュージカル初挑戦の千葉雄大さんに明日海りおさんがエール!

そんなふたりが共演する今回の舞台、『ポーの一族』。

明日海さんは宝塚で過去に一度演じたことがあるに対して、千葉さんはミュージカル初挑戦なのだそう。人気少女漫画が原作ということもあり、「お客さんも思い入れのある作品だと思うので、その想いに応えられるよう、自分の熱量をどんどん増やしているところです」とその意気込みを話す千葉さんに、明日海さんは「頼もしい!」とエールを送っていました。

続けて、「(女性だけで演じた『ポーの一族』とは異なり)もしかすると少しリアルな雰囲気を感じられるかもしれません。きっと幕が上がったら、お客さまが盛り上がってくれるのだろうなと思っています」と期待を寄せる場面も。

共演するのは、テレビドラマ以来8年ぶりとなるふたり。演技にさらなる磨きをかけたふたりの化学反応はとても楽しみですね。

対談では他にも、プロフェッショナルとしての仕事への向き合い方など、働くOggi世代が気になる仕事論についても語ってくれています。

写真も対談もハンサムかっこいい! Oggi2月号は本日発売です。

購入はこちら


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.04.11

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号・別冊付録 Domani春号 P.11に掲載のバッグの価格に誤りがありました。正しくは、¥240,000(税抜)です。お詫びして、訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature