白濱亜嵐さんの仕事のモットーはウド鈴木さんがお手本?|映画『10万分の1』公開記念インタビュー | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. エンタメ
  4. 映画・テレビ
  5. 白濱亜嵐さんの仕事のモットーはウド鈴木さんがお手本?|映画『10万分の1』公開記念インタビュー

LIFESTYLE

2020.11.27

白濱亜嵐さんの仕事のモットーはウド鈴木さんがお手本?|映画『10万分の1』公開記念インタビュー

120万部突破の大ヒット漫画家・宮坂香帆さんの原作の映画『10万分の1』が11月27日より公開。俳優に、アーティストに、と現在大活躍の白濱亜嵐さんが主人公のモテ男・桐谷 連を演じます。撮影秘話や自身の仕事論を聞いてきました!

初恋の人をずっと変わらない気持ちで支えられる男はかっこいい!

映画『貴族降臨 ―PRINCE OF LEGEND―』での貴族ホスト役から一転、今作『10万分の1』では自身の年齢より10歳近く若い高校生役に挑戦した白濱亜嵐さん。前半は大人もキュンキュンする恋愛映画ですが、後半は愛する人が難病に侵されるという難しい役どころに挑戦。

「演じることがライフワークになってきている」と語る彼に、本作品に懸ける想いや、仕事との向き合い方について語っていただきました!

――今回演じられるのは、剣道部所属のスポーツ少年・桐谷 連。白濱さんから見た桐谷はどんな男性でしょうか?

白濱さん:クールっぽさがありながらも、決して無口ではない。少女漫画に出てくる「THE主人公」という印象のキャラクターですね。あとは、すごく真摯でまっすぐでピュア。ヤンチャな学生時代を送ってきた僕とは違ったタイプの男の子だったので、いろいろと想像をふくらませながら役を作っていきました。

――桐谷をかっこいいなと思う部分はありますか?

白濱さん:初恋の相手(平 祐奈さん演じる莉乃)が、いずれ全身が動かなくなる難病ALS(筋委縮性側索硬化症)を発症してしまうのですが、ずっと変わらない気持ちで彼女を支え続けられるというのは男から見てもかっこいいなと感じました。自分の時間を使って人を支えようとするというのは、僕の高校時代にはなかったことなので単純にうらやましいなという気持ちも芽生えましたね。

――壁ドンがあったり、プールサイドでの告白があったり… と胸キュンシーンもありましたが、後半は愛する人が難病に侵されるという難しい役どころですね。

白濱さん:そうですね。原作がキラキラ系の少女漫画だったので、最初はそういう気持ちで脚本を読んでいました。が、読み進めるうちに、後半は特に嘘偽りなく病気と向き合う作品になっていたので、これは真剣に取り組まなければ、と。それで、実際にALS患者さんにお会いする機会をいただいたんです。そこで驚いたのが、「ひらがなの表」と「まばたき」でコミュニケーションが取れるということ。それを目の当たりにしたときに、作品を通して、この難病のことや患者さんの想いなどを伝えることが僕の使命なんだなと、強く感じました。

――今回主題歌は、白濱さんがリーダーを務めるGENERATIONS from EXILE TRIBEが担当されましたね。「Star Traveling」はどんな楽曲ですが?

白濱さん:不思議とこの作品と楽曲がリンクしていたことで起用されました。自分が主演を務める映画で主題歌も担当させていただけるなんてうれしい限り! 曲を聴くたびに劇中の情景が想い浮かびますね。サビに〝なんという星空! なんという眩しさ!〟というフレーズがあるんですけど、「星空で眩しい? どんだけきれいなんだよ!」っていう(笑)。その幻想的な歌詞がすごくお気に入りですね。あとはバラードなのにしっかり踊っています! 僕らのグループはダンスが強みでもあるので、そこは妥協なく、難しい振り付けにしました。

◆「自分をつくらない」。仕事は常に〝らしく〟いるのをモットーに

――俳優のみならず、アーティストとしても活躍する白濱さん。EXILE、GENERATIONS from EXILE TRIBEに加え、先月PKCZ®に新メンバーとして電撃加入するなど、大きな躍進をみせていますが、お仕事をするうえで大切にしていることはありますか?

白濱さん:昔、僕がまだこの仕事をしていないときに地元で花見をしていたら、偶然ウド鈴木さん(キャイ~ン)を見かけたことがあって。思わず声をかけて写真を撮ってもらったんです。テレビのまんまの感じがすごく素敵で、感動したのがえらく心に残っているので、自分も裏表のない性格でいたいなというのは心がけています。自分をつくらない。意外と簡単なようで難しいのかなとは思いますけど。

――多忙な今、お休みができたら何をしたいですか?

白濱さん:家系ラーメンにどハマりしているので、一日使ってはしごしたいです。横浜に行きたいお店があるのでそこを何店か。もともと大のラーメン好きで、回ったらノートに味をメモするくらい研究しているので、いつか本気でラーメンのお店を開きたいなと思っているんですよ。今日もこのあと、ラーメン食べて帰ります!(笑)

――最後に、『Oggi』のような働く女性をねぎらうなら…白濱さんだったら何をしますか?

白濱さん:働くって本当に大変ですよね(笑)。そうだな~、こう見えて僕料理男子なので、得意のチーズインハンバーグを作ってあげたいです! 劇中にでてくるオムライスもなかなか上手だと思います!

撮影/トヨダリョウ 構成/大椙麻未

白濱亜嵐主演映画『10万分の1』2020年11月27日全国ロードショー

(c)宮坂香帆・小学館/2020映画「10万分の1」製作委員会

〈あらすじ〉
告白して気まずくなるくらいなら友達のままでいい。学校中の女子はもちろん、男子からも憧れの存在である桐谷蓮(白濱亜嵐)に想いを寄せる桜木莉乃(平 祐奈)は、そう思っていた。ところがある日、蓮の方から打ち明けられ、誰もがうらやむ両想いの日々が始まる。初めて恋した2人の時間が何よりも大切なものに変わる頃、莉乃はALSという難病を宣告される――。

出演/白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE) 平 祐奈 優希美青 白洲迅 奥田瑛二
監督/三木康一郎
脚本/中川千英子


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.04.14

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号・別冊付録 Domani春号 P.11に掲載のバッグの価格に誤りがありました。正しくは、¥240,000(税抜)です。お詫びして、訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature