面倒なスニーカー洗濯はコインランドリーで済ます! コスパ抜群♡ 仕上がり感動 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. ワードローブ
  4. お手入れ
  5. 面倒なスニーカー洗濯はコインランドリーで済ます! コスパ抜群♡ 仕上がり感動

FASHION

2020.10.29

面倒なスニーカー洗濯はコインランドリーで済ます! コスパ抜群♡ 仕上がり感動

大事なスニーカーを綺麗に長く使いたいけど、洗うのって面倒ですよね。OLライターSaccoもその一人。スニーカー洗濯のお悩みを解消してくれるおしゃれなスニーカーランドリーに初挑戦したので紹介します!

ライター sacco

おしゃれな上にコスパ抜群♡ スニーカーランドリー体験談

筆者のコインランドリーに対するかつての印象は、「薄暗い」「衛生面に不安が」… などネガティブなものでした。ですが、近頃はコインランドリーが俄然進化していると耳にすることが多くなり、街角にはおしゃれな内装のランドリーも増えて、気になっていました。ということで、今回進化系コインランドリーを実際に利用してみることに。

見聞きする中で一番気になったのが、「スニーカーランドリー」。

スニーカーって自分で洗うとなると、洗い場でしゃがんでゴシゴシと洗うことになり、何足もなると腰が痛くなることもしばしば。意外とスニーカーを洗うというのは面倒くさい作業です…。そんな面倒なスニーカー洗濯を簡単に済ませることができる「スニーカーランドリー」に初挑戦!!

スニーカーランドリーに挑戦させる、靴はコチラ。数年履き続け、過去に一度洗った記憶はあるものの長年洗っていないことを証明する有様です。白スニーカーの魅力はどこへやら(笑)。

◆ スニーカーランドリーでスニーカーを洗ってみた

私が利用したスニーカーランドリーは「Baluko Laundry Place」。

Balko Laundryはベーカリーと併設されている店舗もあるため、洗濯が完了するまでの時間をカフェ感覚で過ごすといったこともできます!! ただ、残念ながら… 筆者の自宅近くにあったお店はベーカリー併設ではなかったためカフェ体験はできませんでした(泣)。

お店の印象は明るく、とても入りやすい雰囲気。店内は広くて清潔で、ほのかに漂う洗剤のいい香りがして◎。お目当てのスニーカーから布団まで洗える多種多様な洗濯機があって、なんとも頼もしい存在であることが、入店しただけで分かります。

私が利用した店舗はスニーカーランドリーが2台。

利用料金は200円/回で、「洗い・すすぎ・脱水」の3工程がすべてでき、洗濯時間は約20分間。洗剤は自動投入のため不要、また、乾燥機も装備されているため準備万全。乾燥機の料金は20分間で100円

しかも、1回に洗えるスニーカー数は、大人サイズの場合は2足子供サイズであれば4足まで。そのため、一回でたくさん洗えて、ものすごくリーズナブル! お得感ハンパない!

◆ ランドリーの要となる洗い上がりは?

洗濯機にスニーカーを入れ、200円を投入したら洗濯がスタート。

その後は、店内にはウェイティングスペースが完備されているので、読書や動画鑑賞などで洗濯が終わるまでの時間を心地よく過ごせる工夫がされていました。ベーカリーが併設されている店舗であれば、ランチを楽しみながら、なんてことも可能ですね。

私の場合は近くにカフェがあったので、そこで少しゆっくりして、洗い終わる頃合いを見計らって、再度店舗へ。

お世辞にもキレイとは言えない筆者の白スニーカーの洗い上がりはいかに…。

たった200円なのにびっくりする白さが戻ってきました!! 長年使い込んでいる影響もあるため新品同様とまではいきませんが、大満足の結果♪

“スニーカーを洗う”ストレスから解放してくれる「スニーカーランドリー」。

コスパ良しで手間も省ける優秀ツールであること間違いなし。さらに私の場合は、便利という感想だけではなく白スニーカーに対する愛着が湧いたんです。実は、今回洗った靴は汚れが気になっていて買い換えようか悩んでいたのですが、想像以上の綺麗な仕上がりに、もう少し長く愛用することにしました。

〈利用にあたり注意事項〉
革製スニーカーやスパイクなどは利用できないケースが多いようです。実際に利用される場合は、洗えるものと洗えないものを、事前にチェックしてください。

Baluko Laundry Place

ライター sacco

IT企業に勤めるお酒ラブ(特にクラフトビールラブ)、毎晩移住を妄想するくらいオージーラブのOLライター。
お酒を片手にシュールな人間模様の観察と妄想するのが趣味。最近は国内のブルワリー情報収集も日課になりつつあるビアギーク街道まっしぐら!

ときに紛争や平和などに思いを馳せる真面目な一面を覗かせたりも。モットーは「ビールで世界平和!」


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.04.14

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号・別冊付録 Domani春号 P.11に掲載のバッグの価格に誤りがありました。正しくは、¥240,000(税抜)です。お詫びして、訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature