秋冬の【ランニングに最適なパーカーの選び方】女性が気をつけたいポイントをご紹介 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. ワードローブ
  4. パーカー・フーディー
  5. 秋冬の【ランニングに最適なパーカーの選び方】女性が気をつけたいポイントをご紹介

FASHION

2020.11.21

秋冬の【ランニングに最適なパーカーの選び方】女性が気をつけたいポイントをご紹介

「肌寒い季節のランウェアは、どんなアウターが最適?」「パーカーがおすすめなのはどうして?」… リモートワークなどで、気になるのは“運動不足”。ランニングを始めたばかりの女性がチェックしておきたい【パーカー選びのポイント】をご紹介します。

【目次】
【秋のパーカー選び】4つのポイント
プラス【冬】に気をつけるべきこと
最後に

【秋のパーカー選び】4つのポイント

「防寒も必要」「でも汗をかくかも知れない」… 秋冬のスポーツウウェアって難しいですよね。ランニングに最適なアウター、それは『ウィンドブレーカー』です。ウォーキングとはまた違う、ランニングの際のアウター選び。さっそくポイントをチェックしていきましょう。

≪POINT≫
・なぜウィンドブレーカー?
・防寒重視で選ぶのはNG!
・選ぶ際にチェックするポイントは?

[1]“走ること”を考える

[1]“走ること”を考える

目的は“走ること”なので、必ず押さえたいのは『薄いこと』と『軽いこと』。防寒を考えてダウンジャケットなどを選んでしまうと、ごわつきと重さで動きにくくなるので注意!

おしゃれでいい感じ♪ な、スポーツウエア&コーデって?

[2]“体温の変動”を考える

[2]“体温の変動”を考える

デザインとしては、『前開きのジャケットタイプ』がおすすめ。着脱しやすく、暑さ・寒さに応じて手軽に調整できます。

また、カーディガン感覚で使えるので、日常のスポーティコーデにも◎

【大人のChampion|チャンピオン】ブラックパーカー

[3]“向かい風”を考える

ウィンドブレーカーは、『防風』に長けているのも特徴。冷たい風をブロックして、体を冷やすのを防ぎます。

内側がメッシュになっているなど『通気機能』があれば、熱がこもるのを防いで“体温調整”をサポートしてくれます。

おしゃれで高機能三拍子!【ウィンドブレーカー】のすすめ

[4]“急な天候の変化”を考える

[4]“急な天候の変化”を考える

『防風』とともに大切なポイントなのが、『撥水』または『防水』機能。急な雨で体が冷えてしまうのを防ぎます。

“フード付き”がおすすめなのは、雨や風を防ぐのに役立つためです。

尾城友理の【湖畔キャンプ専用アイテム】はコレ!

プラス【冬】に気をつけるべきこと

さきほどご紹介した『4つのポイント』に加えて、冬のランニング時にしておくべき【対策】をご紹介します。よく「体の声を聞く」と言いますが、いま感じている体の感覚をとらえることは、スポーツに限らずとても大切。健康を維持することが目的の運動なので、快適に継続できるよう意識を向けていきましょう。

≪POINT≫
・体の“冷え”に注意する
・“汗”の状態をチェックする
・“インナー”での体温調整を考える

“寒さ”対策で体を冷えから守る

“寒さ”対策で体を冷えから守る

冬に大切な『防寒対策』を考えます。

春夏であれば、UVカット機能があるものや、伸縮性があればタイトなデザインでも動きやすいですよね。

冬の場合は中に着こむので、アウターには、動きやすさを妨げない“ゆとり”が必要です。

女性には“冷え性”の人が多く、運動しても体が温まるまでに時間がかかる人も。冷えた体は血流が悪くなったり、筋肉が固まっていて、ケガをしやすい状態でもあります。

週3フーディー♪ 1ヶ月着まわし【基本の17アイテム】

“汗”のことを考える

“汗”のことを考える

「体を冷やさないように」と考えたときに気になるのは、“汗”ですよね。最後に、おすすめの『インナー』をご紹介します。

運動して汗をかいた時に気になる、体の冷え。“軽くて保温性がある素材”はもちろんのこと、汗をかくことを考えたときに欲しい機能は“速乾性”です。

もしくは、汗を吸収すると発熱する“吸湿発熱素材”もおすすめ。お好みで選んでみてくださいね。

寒いけど厚着で着ぶくれはイヤ… どうすれば!?

最後に

“健康美”に勤しむランニング女子におすすめの、【パーカー選びのポイント】をご紹介しました。ランニングに最適なウィンドブレーカーは、メーカーによって機能性やデザインは様々。“動きやすさ”を考えると、試着して体を動かしてみて、自分に合うものを選ぶと良さそうですね。


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.11.29

編集部のおすすめ Recommended

Feature