Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. Myジュエリー
  4. ファッションエディターが海外旅行で頼り切る【腕時計】|働く女性の手元コーデ

FASHION

2018.03.09

ファッションエディターが海外旅行で頼り切る【腕時計】|働く女性の手元コーデ

この連載の著者であるエディター高橋香奈子が手放せなくなってしまった優秀時計を紹介。仕事の打ち合わせのとき、なにかと相手の目につきやすいのが、時計、ジュエリー、ネイルなどの手元周り。大人の女性にとって理想の手元とは? 日々、手元コーデを研究しているファッション雑誌『Oggi』のエディター高橋香奈子が出会った、素敵に働く女性の手元を突撃スナップし、そのコーデ術を紐解く連載です。

高橋香奈子

時計、指輪、ブレスレット…それぞれ人生の転機に、自分を励ますアイテムとして迎え入れるものだったりしませんか? そう、働く女性の手元には、おしゃれ心と人生が現れるんです!

今回はちょっと番外編です。働く女性の手元スナップをリサーチしてきたエディター高橋香奈子が出合った納得の時計をご紹介。もうすでに、「無くしたら困る!」というほど頼りにしてしまっているこの時計、働くみなさんにぜひオススメしたいんです!

【カシオ】の働く女性向けシリーズの時計5万円はコスパが最高!

カシオ 時計

「そもそもこのSHEENの時計と出合ったのは、ファッション雑誌Oggiの撮影現場にて。いろんなモデルを見たなかでも、私が心を惹かれたのは、スマホとリンクできるこのタイプ。いつも正しい時刻を世界中のサーバーから自動で拾っているスマホとつなげられるから、時刻がくるうことがないし、海外出張や海外旅行のときも、ワンタッチでその場所の時間に設定ができるんですよ」(高橋)

いちいちりゅうずを回して、海外の時間に合わせなくていいのが助かる

スマホリンク

スマホリンク

「海外旅行や海外出張のとき、時計のりゅうずをグリグリと回して、自分がいる場所の時間に合わせるのって、意外と手間じゃないですか? 特に飛行機の乗り継ぎがあると、日本の時間→乗り継ぎ先の時間→目的地の時間と、その都度グリグリ。地味にストレスでした。

でも、この時計なら…スマホにアプリをダウンロードし、Bluetoothで時計とスマホをつなぎます。そして、スマホで旅先の地を選べば、時計の針が自動で動き、その地の時間になってくれるんです。もうあっという間! 今までのストレスはなんだったのか、というくらい」(高橋)

仕事中だけじゃなく、海外旅行に行くときもいつも一緒♡

海外旅行

「時刻合わせがあまりに楽で、もう何度も一緒に海外に行きました。パスポートの次に忘れたら困るものかも! この写真を撮ったのはグアムにて。5気圧防水だから、突然のスコールにあっても、あっ、時計外さなきゃというストレスがないのもいいですね。もっと言うと、ソーラー時計だから、自動巻きや機械式の時計のように、使おうと思ったのに時計が止まってる! という自体もない訳で…。大げさかもしれませんが、時計ひとつでここまでストレスがなくなるものかと、しみじみ感じております」(高橋)

スタイリストさんから聞いたトレンド話を実践! 今冬はニットの上から時計を

ニットの上から時計

「この時計はもちろん、旅行や出張中だけでなく、デイリーにも活躍しています。シルバーカラーベースですが、ピーチゴールドカラーをミックスさせたコンビカラーなので、合わせる服の色も選ばないのがいいんですよね。この日は、先日スナップしたスタイリスト縄田恵里さんに聞いた手元コーディネートのトレンドの話をさっそく参考にして…ニットの上から時計をしてみました。それにしても、平日も休日も毎日のようにこの時計を愛用しすぎていて、たぶん時計の値段5万円はもう元を取っていると思います(笑)。あ、ちなみにこの時計。バッグの中やデスク周りでスマホを見失った…というときにも助けてくれる機能があるんです。時計のボタンを長押しするだけでスマホが鳴って、ありかを知らせてくれます。周りにいる人に、ねぇ、私のスマホにLINEしてみてくれない? とお願いしなくても、自力で探せる自立した女にやっとなれそうです(笑)」(高橋)

高橋香奈子

一般企業に勤めた後、アシスタントエディターとして愛読誌だったOggi編集部へ。Oggiのエディターとして独立し十数年、ファッション・時計・ジュエリーページを中心に担当。プライベートでは、7歳男の子の母。Instagramは、@takahashi_kanako_


Today’s Access Ranking

ランキング

2018.05.27

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号の記事に誤りがありました。98ページ右上のブランド表記"ENFÖRD"は、正しくは"ENFÖLD"です。ここに訂正し、お詫び申し上げます。

※芸能事務所やモデルエージェンシーによる、Oggiの名前を騙ったスカウトが報告されています。本誌とは一切関係ありませんのでご注意ください。

Feature