Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 婚活物語
  4. 華金のコリドー街は入れ食い状態! 気になるメンズは現れたが…【30代OLのリアル婚活#41】

LOVE

2020.03.24

華金のコリドー街は入れ食い状態! 気になるメンズは現れたが…【30代OLのリアル婚活#41】

今回は、大阪の友達ヨーコとコリドー街へ向かった私たち。次から次へと声をかけられるものの…。アラサーOLつかさのリアル婚活ブログ。波乱万丈な東京男との日々をせきららにお届け。

アラサーOL【婚活のリアル#41】銀座コリドー街・後編

こんにちは、アラサー受付嬢つかさです♪ 上京して今年で5年目。これまで出会った男性を振り返りながら、婚活のあれこれをお届けしているこのブログ。この前は、銀座コリドー街・前編をお届けしたわ。まだ読んでない方はこちらからどうぞ♡

>>【婚活上京物語】これまでの記事

(c)Shutterstock.com

「あれ〜? この前ディズニーシーにいたよね!? 」

ナンパがはじまった。

ヨーコ「そういえば、つかさ仕事どう?」

さっそくナンパを総無視するツワモノのヨーコ。私もだが彼女もタイプでない男からのアプローチを川の流れのように受け流す。

「絶対いたよね? シーに!」

私&ヨ「いねーよ!」

私のタイプはガッチムチの熊みたいな人。ヨーコは小泉進次郎がタイプだった(結婚したからたぶんヨーコかなり凹んでるはず)。これを基本にタイプの幅はあるものの、

・身だしなみ(スーツがヨレてないとか、靴綺麗とか)
・顔面偏差値が平均以上← 何様や(笑)
・デリカシーのない声がけ(とにかく「シーにいたよね?」なんて声かけない人!)

どうせナンパだしとそれ以外は気にせず、とりあえずコリドー街を一往復しようと歩いた。コリドー街のメンズたちは、ほんと女だったらなんでもいいのか? と聞きたくなるくらいの入れ食い状態。

「お姉さんたち職場この辺?」
ヨーコ「いえ、私たち航空会社の人間なので」

「今日はもうお酒のんだの?」
「お酒? 今晩フライトだから飲めないの」

別の男「あれっこの前ランドにいなかったっけ?」
私&ヨ「いねーよ!」

突然、どこぞのCAを名乗る私たち(笑)。いろんなメンズが声をかけて来たが、お眼鏡に叶う人はおらず。喉が渇いたので中間にあるスタバへ。

(c)Shutterstock.com

スタバはナンパする人、される人を観察できる。言うなればサファリパークのバスの中。窓越しのカウンターに並んでヨーコと思った。

ヨーコ「てかよく見たら20代しかいなくない?」

男たちは、2、30代を中心に幅広い世代がいるものの、女性陣は圧倒的に20代が多かった。特にその日はそういう入場制限でもかけてるの? と思いたくなるほどの20代祭り。服装や声、肌やメイクの仕方で我々はそう感じた。

スタバの前でナンパされてる女子たちも「えっ私たちですかぁ? 今24で、もうちょっとで25なんですぅ〜。やばーい、もうオバサンですよねぇ〜」。これを聞いて、窓越しの三十路2人の私らがメンズたちにガンガン圧をかけた(笑)

別に結婚相手を見つける為に来たんじゃないしと、開き直ったが名刺1枚も獲得していない我々は一体…。

駅に向かう途中、男性2人が声をかけて来た。

「あの、お見かけして気になっていたんですけれど」

(c)Shutterstock.com

「あっ実はもう帰るところで…」(いやいや、見た目もいいし感じもいいぞ♡)
「僕たち今日初めてコリドーに来て。すごい美人いるなって思ってたんです。おふたり、すごい目立ちますよ!」

びびびびび美人!? 眼科行ってください眼科! でも、そりゃ目立つと思うわ私たち♡ 2人とも165cmオーバーで、そのうえ7cmヒールだったから、私なんて175cm(笑)

170cmオーバーのアマゾネスガールが2人も歩いてたら視界に入るっしょ♪ こういうときは身長高くて良かったって思う♡

「良かったら少し飲みませんか?」

誘いに迷ったけど、この熱帯夜と歩き疲れた足で今からは正直キツかった。そのことを素直に話し、初対面ながら色々話した。「どの辺りにお勤めなんですか?」と聞くと…

「あっすみません、名前も名乗らず。コレどうぞ」

と渡された名刺には…

私&ヨ「ここぉお、高知ぃぃいいー!?」

「はい、営業で来たんですが、東京も初めてで(●´ω`●)

おいおい、声を掛けるなら「初めてコリドー街に来た」じゃなくて、「初めて東京に来ました」でしょ? 先にそっちを言ってよ!

疲れやつれた私たちにとって、愛想笑いするより、声に出さない怒りを爆発する余力が残っていた。

彼らはなにも悪くない。むしろ、デリカシーのない、なんちゃってハイスペ男より何倍も紳士だと思う。

でもごめんなさい。

明日高知に帰ります」のひと言は、たまには無駄な時間(アバンチュール)を過ごしませんか? に聞こえてならなかった。

土佐のメンズよ。すまん。わてらはもうそんなに時間はありまへんねん。

敗北をくらいながら帰路につく、ヨーコと私でした。

無駄に疲れちゃった…。

#42へつづく。

>>【婚活上京物語】これまでの記事

TOP画像/(c)Shutterstock.com

つかさ

昭和最後の生まれで、現在31歳。東京・丸の内にある会社にて受付勤務。素敵なお嫁さんになるべく、2015年関西から上京し、絶賛婚活中でございます♪


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.04.10

編集部のおすすめ Recommended

Feature