Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. ヘア
  4. 自宅でサロン級のツヤ髪に!! 魔法の【ヘアマスク】を発見したかも…♡

BEAUTY

2019.11.15

自宅でサロン級のツヤ髪に!! 魔法の【ヘアマスク】を発見したかも…♡

野生植物のパワーエキスをスチーム注入! まるでサロン帰りのようなツヤ髪をつくれるアイテムを発見♪

野生植物の強い生命力で、指通りのいいツヤ髪を!

乾燥が気になるこれからの時期、念入りにお肌の保湿ケアをする人も多いと思いますが、髪のケアはおざなりになっていませんか?

でもどうせなら、シャンプーのCMに出てくるモデルさんのような、ツヤのあるサラサラなヘアを手に入れたいですよね♡

そんなことを考えていた矢先、サロン級のスペシャルケアが自宅でできるヘアマスクがあるという情報を聞きつけました。

それが、野生植物の力強いパワーで女性を美しくするプロフェッショナルケアブランド「ワイルドハーブ ラ・ボーテ・メゾン」から11月8日より新しく登場した「ワイルドハーブ ラ・ボーテ・メゾン プレミアムヘアマスク」

▲ワイルドハーブ ラ・ボーテ・メゾン プレミアムヘアマスク (左から)ヒートダメージ/ケミカルダメージ/プロテインダメージ 各¥1,500(税抜き)

商品について詳しく調べてみると、パワフルな植物の力を生かせるよう、過酷な自然で自生するワイルドハーブ(野生植物)が使われているのだとか。

そして、全体の94%以上はナチュラル成分で構成されていて、石油系界面活性剤や合成着色料、合成香料などが使われていないところも、敏感肌の筆者におあつらえ向き!

ラインアップは、全部で3種類。

ドライヤーやアイロン、紫外線などのダメージにより髪内部が固くなり、保湿成分が浸透しにくい髪には「ヒートダメージ」

カラー・パーマ剤などによりキューティクルが開き栄養成分が流出しているなら、「ケミカルダメージ」

タンパク質の減少や加齢などによって髪が細く弱く感じているなら、「プロテインダメージ」

それぞれ多くの女性が悩みを抱えるダメージの種類に合わせて専用の処方が組んであるそう!

またすべてに「スチームリボーンヘアキャップ」が付属されていて、〝蒸して深く浸透〟させることが可能なのです!

今回筆者が使ってみたのは、「ヒートダメージ」

筆者の髪の悩みは、髪質が硬くまとまりづらいこと。加えてパーマやカラーはしていないものの、日々のドライヤーやアイロンなどによるダメージが……。それでもいままでは、薬局で売られているような、700円前後のシャンプーやトリートメントしか使ってきませんでした。

▲(写真はお借りしています!)

さっそく使ってみます! 使い方はいたってシンプル。通常のトリートメントをするときと同様の手順です。

まずシャンプーで地肌の汚れをしっかり落とし、適量(髪約1/3ほど)を髪につけます。このとき、髪に揉み込むように毛先までつけるのがポイント!

そして「スチームリボーンヘアキャップ」を被り、10分ほど蒸らしてからよく洗い流せば完了!

待つのが苦手な方もご心配なく♪ 筆者は先に上記の工程を済ませた後、体を洗って湯船に浸かっていたら…… あっという間に10分が過ぎていました。これからの時期は長風呂が気持ちいいのでちょうどいいですよね♡

香りも天然精油100%だから、きつくなく心地いい!

そしてお風呂から上がり髪の毛を乾かしていると、いつもより指通りがはるかにいいことに気づきました。

乾かし終わった状態がこちら。

どうでしょうか? たった1回のヘアマスクでだいぶツヤが出て、サラサラに! また一番うれしかったのが、悩みのタネだった髪の硬さが抑えられ柔らかくなったこと。

翌日もその効果は続き、朝は髪をさっと梳かしただけでなんとなくまとまりました♪ そしてなんといってもなめらかな髪って触り心地がいい♡ 仕事中も気がつけば髪を触ってしまっていました(笑)。

実際に、化粧品医薬品の専門試験機関「株式会社 SOUKEN」にて、『ワイルドハーブ ラ・ボーテ・メゾン プレミアムヘアマスク』3種を用い、毛髪水分量・毛髪光沢度・毛髪摩擦強度・毛髪引っ張り強度・電子顕微鏡による、毛髪表面拡大撮像を実施したところ、効果が見られたそう。

1個に含まれる量は3回分なので(髪の長さや量によります)割高のようにも思えますが、10日に1回ほどの使用でいいようなので約1ヶ月もちます。

それでこんなサロン帰りのような髪質になるのであれば、私は続けていきたいと思います! みなさんもこの冬、パサパサ知らずのツヤ髪を手に入れてみませんか?

WILDHERB ワイルドハーブ

文/川原莉奈


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.09.19

編集部のおすすめ Recommended

Feature