Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. ヘア
  4. 前髪
  5. 夏のおしゃれワンパターン化を打破!【ファッションとおでこの関係】をプロが分析!

BEAUTY

2019.08.09

夏のおしゃれワンパターン化を打破!【ファッションとおでこの関係】をプロが分析!

夏ファッションのワンパターン化を打破するカギは「おでこ見せ」にアリ! フッションとおでこの関係を各界のプロに分析してもらいました!

夏ファッションは「おでこ見せ」がカギ!

真夏のおしゃれのワンパターン化や手詰まり感も、一気に打破するいいことずくめの隠し球。それは、「おでこ見せ」!? ということで今回は、「夏ファッションとおでこの関係」を各界のプロに分析してもらいました!

◆肌見せフッション、おでこは出しすぎず自然な印象を

肌見せフッション、おでこは出しすぎず自然な印象を

真夏の制服的存在、形のきれいなノースリーブカットソー。肌見せ度が高いぶん、髪は巻きすぎずストレートすぎずのラフなダウンスタイルで、重めにするほうが大人っぽい。

仕上げはおでこの出し加減。全部出してヘルシーさをことさらに強調するよりも、自然にさらっと分けるのが気分。いつもの自分からもかけ離れず、トライしやすいはず。この夏はおでこの真ん中を隠さず出して「明るい人」を印象づけて。

カットソー¥10,000(アングローバル〈イレーヴ〉) パンツ¥20,000(エム・アイ・ディー〈M-プルミエ〉) 手に持ったジャケット¥59,000(エッセン.ロートレアモン) バッグ¥13,800(キャセリーニ〈ル・ベルニ〉) リング¥21,000(ビームス ハウス 丸の内〈フリュイジョリ〉)

◆おでこの透け感でアクセが映える

おでこの透け感でアクセが映える

単調な着こなしに飽きてくる夏、つけたいのは大ぶりのジュエリーやエッジの効いたアクセ。前髪があると強すぎ&モードすぎに見えがちなアクセ使いも、おでこに透け感をつくるだけですんなり映え、効果絶大。手ぐしでかき上げたそのままの感じを生かしたヘアが、首の詰まったポロシャツにもいい感じの抜け感を加えてくれる。

ポロシャツ¥16,000(アーク インク〈ザ・ニューハウス〉) 斜めがけしたバッグ¥44,000(ショールーム セッション〈OAD NEW YORK〉) ピアス¥33,000(エスケーパーズ〈GALA IS LOVE〉) リング[人さし指]¥20,000(ココシュニック) リング[中指]¥4,000(サイクロ〈CYCRO〉)

スタイリスト 川上さやかさんが分析!

「最近のファッションって、クルーネックのトップスやスタンドカラーシャツなど、首の詰まった服が主流。加えて、今、目指したいのは『大人のヘルシーさ』。

そこで必要なのが前髪の透け感、抜け感です。今年の夏は、首に抜け感、ではなく、おでこで顔の抜け感をつくる。そんな上半身の肌見せ面積のさじ加減がとても重要です。」(スタイリスト 川上さん)

◆ワンピはゆるいまとめ髪と透けたおでこでニュアンスアップ

ワンピはゆるいまとめ髪と透けたおでこでニュアンスアップ

グレイッシュなミントグリーンが、シックで涼やかなとろみワンピース。猛暑日は風通しのいいこんなワンピ一枚と、まとめ髪に限る! いつも前髪アリの人も、このくらいのゆるさと透け感なら挑戦しやすいはず。まとめてもどこかにふわりとくずした部分がある、そんな前髪とおでこの表情が全身の印象にニュアンスをプラス。

ワンピース¥24,000(スタニングルアー 青山店〈スタニングルアー〉) バッグ¥12,000(ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店〈ラ リスト チュニジエンヌ〉) 靴¥26,800(ザ ダラス ラボ.〈ザ ダラス〉) ピアス¥22,000(エスケーパーズ〈MODERN WEAVING〉) バングル¥57,000・リング指先から¥30,000・¥17,000(CHERRY BROWN〈チェリーブラウン〉) インナーワンピース/スタイリスト私物

『broocH』ディレクター 柳 亜矢子さんが分析!

「甘さ控えめなファッションで、クールな感じ。その完成度を上げるには、眉が見える「隙間」をつくるのが近道です。前髪がある人は、まず厚みや奥行きを減らすことから。ウエット感や束感が出るバームで前髪をパラパラさせるだけでも、印象が全然違うはず!」(『broocH』ディレクター 柳さん)

◆女らしい服こそ「ドライ&ラフ」なヘアで抜け感を

女らしい服こそ「ドライ&ラフ」なヘアで抜け感を

どんなに暑くても、オフィスではきれいめな印象を死守。知的でコンサバティブ、が変わらぬモットー。そんな装いを一枚で叶える、ごく薄手のボリューム袖ブラウス。品がよく女らしい服こそ「ドライ&ラフ」なヘアでくずし、今っぽさへと導いて。つるんときれいな前髪を卒業し「透け感」をつくるだけで、意志と知性をあわせもつ印象に。

ブラウス¥37,000(アーク インク〈ザ・ニューハウス〉) スカート¥22,000(ルーニィ) バッグ¥158,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) リング¥9,600(アルアバイル〈フィリップ・オーディベール〉)

印象評論家 重太みゆきさんが分析!

「おでこを出している人は信頼されやすい、すなわち仕事がうまくいきやすい、といえます。『私には一切隠すことがない、見てくださ~い!』という自信、潔白という印象を感じるからです。おでこの真ん中を少し出すだけでも顔の表情筋を意識するようになり、自然と印象アップにもつながります。」(印象評論家 重太さん)

◆おでこ見せヘアの詳しい作り方もご紹介!

前髪あり派のおでこ見せヘア』・『前髪なし派のおでこ見せヘア

ぜひ、参考にしてみてください♪

●この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。

Oggi8月号「今、改めて考えてみる『かっこいい私』と『おでこ』の関係」より
撮影/中村和孝(まきうらオフィス) スタイリスト/川上さやか ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) モデル/泉 里香・飯豊まりえ(Oggi専属) 構成/須藤由美
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.10.14

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号 P213に掲載の中央のカットのパンツの本体価格が変更になりましたので、訂正させていただきます。(誤)¥10,000→(正)¥11,000

Feature