Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. ワードローブ
  4. お手入れ
  5. プロに聞く!【デニムのしまい方】|かさばるデニムを楽しく管理しよう♪

FASHION

2019.07.10

プロに聞く!【デニムのしまい方】|かさばるデニムを楽しく管理しよう♪

【デニムのスマートなしまい方】をスタイリスト・川上さやかさんが教えてくれました。デニムをたくさん持っている人は必見のワザです!

お洋服大好きなスタイリストの中でも、デニムといえば、この人! 「デニムのしまい方」をスタイリスト・川上さやかさんに教えてもらいました♪

スタイリスト・川上さやかさんに学ぶ!
【スマートなデニムのしまい方】

スタイリスト・川上さやかさん

スタイリスト・川上さやかさん
女性らしさが香るシンプルなスタイリングが人気。実は、元・大手金融会社のOL。「堅い職種でしたが、勤務中は制服なので『デニム通勤』もOK。OL時代もよくデニムをはいていました!」

デニムは【くるくる巻き】できちんと収納♡

「たたんで積み重ねると、どれがどのデニムなのかわかりづらく、しかも取り出しにくい・・。だから、判別しやすいように丸めて、バスケットに立てて収納。バスケットはクローゼットの床に置いています。詰めすぎるとしまいづらく取り出しにくいので、入れる本数はゆとりをもって。よく着るものだからこそ、手に取りやすい工夫を!」

【デニムの巻き方4STEPS】

【1】ボタン・ファスナーを開ける

ボタン・ファスナーを開ける

「収納するときに腰のブランドタグが見えるよう、ボタンやファスナーは開けておきます」

【2】フロントを外側にする

フロントを外側にする

「ブランドタグ&ボタンまわりのデザインが見えるよう、フロントを外側にして縦半分に。デニムって、ボタンまわりに特徴があるものが多いんです」

【3】すそはポケット口より下

すそはポケット口より下

「ブランドタグを隠さないよう、すそはポケットの下あたりに合わせて、ふたつ折り。巻き終わりの位置も、ココが目安」

【4】ひざ側から巻く

ひざ側から巻く

「あとはひざ側から巻くだけ。シワ予防のためキツく巻かないで。また、はき口まで全部巻かないこと! ブランドタグが見えない上、かさばります・・」

【デニムくるくる巻き収納】のポイントふたつ

【1】腰のブランドタグを見せて収納!

「たくさんのデニムを判別するには、『ブランドタグが見える状態』をつくるのが大切! タグの存在を意識して巻いて、しまいます」

【2】「無印良品」のバスケットがオススメ♪

「実はランドリー用。メッシュだから通気性がよく、中身の量に合わせて形が変えられるのも便利。ひとつに約10本を収納」

Oggi6月号「デニムを『洗う』『しまう』、どうしてる?」より
撮影/中田陽子(MAETTICO) ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) 構成/旧井菜月
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.07.19

編集部のおすすめ Recommended

Feature