Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. feature(lifestyle)
  4. 筋肉キッチン
  5. 簡単で旨い<豚キムチ>をさらに旨くする食材はこれだ!【レスラーYAMATOの筋肉キッチンvol.60】

LIFESTYLE

2017.11.07

簡単で旨い<豚キムチ>をさらに旨くする食材はこれだ!【レスラーYAMATOの筋肉キッチンvol.60】

DRAGON GATEのYAMATOだ。
 width=
今日紹介するレシピは【豚キムチ】なんだが、これは作ったことのある人も多い、簡単メニューの代表的なレシピだよな。

何も考えずに豚肉にキムチを加えて炒めるだけで、それなりの味になる一品だ。

しかしこのYAMATOが何も考えずに料理すると思うか?

こういう誰しもが簡単にできるレシピほど、気合いを入れるのが俺が俺であるゆえん!

そんなわけで、最高に旨い【豚キムチ】を求めて試作した結果、簡単さはそのままに、旨味をさらにワンランク上に格上げした一品を完成することができたので、紹介しようと思う。

では材料からいってみよう。

■材料(3 人前)
豚バラ肉……200g
白菜キムチ……200g(汁をきる前)
キャベツ……100g
さきいか……50g
めんつゆ(4 倍希釈)……大さじ 2
料理酒……大さじ1
はちみつ……小さじ1
にんにく……1片
しょうが……1片
白いりごま……小さじ2 (+仕上げに少々)
あさつき(または万能ねぎ)……適宜
サラダ油……大さじ 1
ごま油……少々
塩こしょう……少々
強靭な肉体……随時

ここで注目の食材とは、そう、「さきいか」だ!
旨味が凝縮したおつまみだが、これを豚キムチに入れたところ、最高の味に仕上がったんだ。楽しみにしておけ。
また甘みを足す際に、砂糖やみりんではなく「はちみつ」を使ったのもポイントだぞ。

ではいってみよう。

■作り方
1/常日頃からトレーニングし、強靭な肉体をキープしておく。
 width=

2/豚肉は一口大に切る。キャベツは小さめのざく切り。さきいかは細かく裂く。白菜キムチは汁を絞っておく。にんにく、しょうがは各みじん切り。
「肉はキムチの大きさに合わせて切るのがポイント!これぞ炒め物の極意だ!またキムチはぎゅっと汁を絞っておけよ。味がぶれるぞ!」
 width=

3/サラダ油を熱したフライパンに強火でにんにく、しょうがを炒め、香りが立ったら豚肉、さきいかも入れ炒める。豚肉に火が通り、さきいかがしっとりと馴染んだらキャベツも炒める。キャベツに火が通ったらキムチ、めんつゆ、料理酒、はちみつを加えてフライパンを数回煽る。
 width=
「炒め物はフライパンに投入する順番が大事!火が通りにくいもの、また食感を残したいものを見極めて調理しよう」

 width=

4/ある程度水分が飛んだら白いりごま、ごま油を加えてもう一度フライパンを煽り、お皿に盛る。

5/白いりごま少々、小口切りにしたあさつき(または万能ねぎ)をふって完成。
完成だ。
 width=

 width=

このレシピの最大のポイントといえば、さきいかを使ったことにある。さきいかはそのまま食べてももちろんおいしいんだが、このように炒め物に投入すると、旨味が凝縮されて味に深みが出るんだ。
 width=
ちなみに過去の筋肉キッチンでもさきいかを使ったレシピを紹介しているので、こちらも合わせて試してみてほしい。

★乾きものおつまみ“さきいか”を激ウマお惣菜に!【レスラーYAMATOの筋肉キッチンvol.35】

次回も炒め物シリーズだ。これまた簡単なのにひとひねりあるレシピを用意したのでお楽しみに!

撮影/廣江雅美 取材/吉田奈美

【YAMATO】
★【レスラーYAMATOの筋肉キッチン】連載一覧
1981年9月10日生まれ。B型。調理師学校を経て、和術慧舟會で総合格闘家となる。2006年、プロレス団体DRAGON GATE所属のプロレスラーに転向し、人気実力とも兼ね備えた選手として活躍中。試合予定はDRAGON GATE公式ホームページを参照。調理師免許、フードコーディネーター3級を持ち、料理のできるプロレスラーとしても注目が集まっている。
ブログ→http://ameblo.jp/yamato-oldtype/
料理ブログ→http://ameblo.jp/dragon-gate-deli/
ツイッター→@yamato_oldtype


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.08.24

編集部のおすすめ Recommended

Oggi9月号のP.181に掲載しておりますポメラートのリング名は、正しくは「NUDO」です。お詫びして訂正いたします。

Feature