Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. ジャケット
  4. スーツスタイル
  5. 突然の降雨後も安心! 麻素材パンツスーツがしゃれてる理由って?【スーツ着こなし2019レディース#30】

FASHION

2019.05.13

突然の降雨後も安心! 麻素材パンツスーツがしゃれてる理由って?【スーツ着こなし2019レディース#30】

スタイリスト高橋裕美によるスーツの着こなしを紹介する連載。今回はアンタイトル エッセンシャルクルーのパンツスーツをご紹介します。

軽やかな印象を与えてくれる麻素材のスーツ

スタイリスト高橋裕美です。スーツの細かな魅力をお伝えしていく連載。今回着こなしているのは、みなさんと同じ働く女性であるOggi.jp’sの武田奈津美さん(身長167cm)です。

【アンタイトル エッセンシャルクルー 2】

今回ご紹介するのはアンタイトル エッセンシャルクルーのパンツスーツです。ベージュの麻素材でテーラードジャケットワイドパンツの組み合わせ。

ザラッとした質感の麻素材スーツはその生地感だけで充分にオシャレ! 軽やかさは言うまでもないのですが、ストレッチも効いており、動きやすさも兼ね備えているので、快適かつオシャレ、と、いいとこ取りなスーツと言えます。

ワイドパンツとフラットシューズの組み合わせは、もはや定番化していますよね。今まではカジュアルなスニーカーやオジ靴的なものを合わせることが多かったかと思いますが、今季はフラットのバックストラップパンプスなどを合わせるとより新鮮に見えるでしょう。

着丈の長いメンズライクなテーラードジャケットと、股上が深めな女性らしいワイドパンツがうまくまとまっているのは、上質な麻素材のおかげ。着ているうちに多少のシワが出てくるのですが、それがかえって味となり、コーディネートの洗練感を後押ししてくれます。

アンタイトル エッセンシャルクルーのパンツスーツ

▲ジャケット¥37,000・パンツ¥25,000・ニット¥17,000以上すべて、(アンタイトル エッセンシャルクルー)、靴¥22,000(ダイアナ 銀座本店〈タラントン by ダイアナ〉)

◆敬遠しがちなベージュ色だけど、型がシャープだから安心

アンタイトル エッセンシャルクルーのパンツスーツ Vネックライン

ジャケットのVネックラインがやや深めでキレがあり、インナーに同じVネックのものを合わせるとよりシャープな印象に。

ベージュのように膨張して見えがちな色味でも、こういったデザインに切れ味を出していけば、グラデーション配色も攻略できるのではないでしょうか!?

◆袖口をまくれば、こなれ感UP

アンタイトル エッセンシャルクルーのパンツスーツ 袖口

ジャケットはシャツのように着方のアレンジも楽しめます。袖口をルーズにまくり、2、3回折り返し、最後に肘の下あたりまでたくしあげれば、たちまちこなれた着こなしの完成。

インナーにキャミソールやタンクトップ、ノースリーブのブラウスなどを合わせて、袖口をさらにギュッとたくしあげれば、夏のリゾートスタイルにも活用できそうです。

アンタイトル エッセンシャルクルーのパンツスーツ ワイドパンツ

2タックのワイドパンツは自然な落ち感があるので、しなやかなドレープが女性らしいカジュアルスタイルに仕上げてくれます。

麻素材には速乾性もあるので、突然な雨が多くなるこれからの季節にもすごく便利なのではないでしょうか!?

アンタイトル エッセンシャルクルーのスーツはいかがでしたか? 次回も同じブランドのスーツをご紹介します。どうぞお楽しみに!

◆Oggi.jp’s 武田さんの感想は?

「個人的にすごく好きな印象のスーツです。少しラフな感じも今っぽいし、シルエットも好みで、購入を検討したいと思います」

着心地度:★★★
買いたい度:★★★

撮影/田中麻以 スタイリング・文/高橋裕美 モデル/武田奈津美

スタイリスト 高橋裕美

Oggi、Domani、での活動を経て、現在は各女性誌、ゴルフ雑誌、TV、広告で活躍。 大人のカジュアルスタイルが得意で、トレンドをひとさじ加えた、ほんのりスパイシーなコーディネートに定評あり。趣味のゴルフではプレイはもちろん、仲間とドレスコードを決めるなど、ゴルフファッションの楽しみ方も追求。 毎年行くハワイ旅行でハイコスパアイテムを見つけることが得意になり、最近ハマっているのは日帰りで行く、弾丸食い倒れツアー。 Instagram:@styyumitakahashi


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.08.19

編集部のおすすめ Recommended

Oggi9月号のP.181に掲載しておりますポメラートのリング名は、正しくは「NUDO」です。お詫びして訂正いたします。

Feature