Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 冬ファッション
  5. 【ワイドパンツ×スクエアトウシューズ】で大人に|「ボトム×靴」の正解コーディネート

FASHION

2019.01.20

【ワイドパンツ×スクエアトウシューズ】で大人に|「ボトム×靴」の正解コーディネート

【ワイドパンツ×スクエアトウシューズ】の大人コーデを3つのルックでご紹介。通勤ボトムとのバランスをしっかり考えて足元を選ぶのが、スタイルアップの近道です!

ハンサムなワイドパンツには、とんがりトウでも、アーモンドトウでもない第3のつま先、「スクエアトウ」で大人な雰囲気を。

【ワイドパンツ×スクエアトウシューズ】

Look1 フルレングスのワイドパンツには差し色のトウでノーブル感を前面に

ワイドパンツ×スクエアトウシューズ

トウ部分のハッとする色使いも、スクエアトウの上品さに包まれてモダンな雰囲気に。脚長効果のあるハイウエストのワイドパンツなら、低めヒールでもスタイルアップが叶う。

パンツ¥24,000(エンフォルド) 靴¥20,000(ツル バイ マリコ オイカワ) カーディガン¥110,000(ロンハーマン) プルオーバー¥17,000(ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア〈サクラ〉) バッグ¥30,000(DES PRÉS 丸の内店〈DES PRÉS×DELCONTE〉) ピアス¥21,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈ヴァレット〉) リング¥73,000(カドー伊勢丹新宿店〈カドー〉)

Look2 黒ワイドパンツを甲深&シルバーの足元でエッジィにアップデート。軽快な印象に導いて

ワイドパンツ×スクエアトウシューズ

タック入りでリラックス感のあるパンツは、黒の力に頼るだけで美脚に。肌が程よく露出する甲深デザインのパンプスで、冬の重たくなりがちなコーディネートに抜け感を。

パンツ¥13,000(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店〈ビューティ&ユース〉) 靴¥32,000(PIPPICHIC) コート¥27,000(ROPÉ) プルオーバー¥14,000(GUEST LIST〈Le minor〉) バッグ¥65,000(ジャンニ キアリーニ 銀座店〈ジャンニ キアリーニ〉) ネックレス¥18,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈ベン アムン〉)

Look3 クラシカルムードのあるチェック柄パンツはトラッド感を高めてくれるメタル付きの靴と好相性

ワイドパンツ×スクエアトウシューズ

チェックパンツのトラッド感に旬の空気をくれるのは、どこか懐かしいのに新しい、そんな雰囲気も魅力のスクエアトウ。大きめなサイジングの黒ニットは、前面のみINしてウエストをアピールするだけで、簡単に美脚度を高めてくれる。

パンツ¥18,000(エリオポール代官山〈エリオポール〉) 靴¥34,000(ROPÉ ÉTERNEL) ニット¥29,000(TIARA) バッグ¥88,000(ビームス ハウス 丸の内〈ステー〉) 眼鏡¥25,000(BLANC) ピアス¥34,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈ガヴィリア〉)

アイテムのセレクトポイントは?

✔︎ ワイドパンツは、Notフレアなストレートを
✔︎ スクエアトウシューズは、低めヒールでクラシカルかつ新しさを

ワイドパンツ

シルエットのバリエーションが多いワイドパンツをいちばん美脚に仕上げてくれるのは、やっぱりストレート。脚線を拾わずすとんと落ちるラインが、ワイドでもすっきり見えにつながる。ヒールが高くなると出やすいバブリー感も、旬なスクエアトウの低めヒールにすることで、絶妙に軽やかなバランスに。

パンツ¥16,000(グランカスケードインク〈グーコミューン〉) 靴¥78,000(ビームス ハウス 丸の内〈レイン〉)

Oggi12月号「『ボトム×靴』のこれが正解!コーディネート」より
撮影/来家祐介(aosora/モデル)、渡辺修身(静物)、今給黎香里(取材) スタイリスト/入江未悠 ヘア&メイク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY/宮田、朝比奈分)、桑野泰成(ilumini./安座間分) モデル/安座間美優、宮田聡子、朝比奈 彩 デザイン/Permanent Yellow Orange 構成/堀 由佳、正谷優貴
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.08.23

編集部のおすすめ Recommended

Oggi9月号のP.181に掲載しておりますポメラートのリング名は、正しくは「NUDO」です。お詫びして訂正いたします。

Feature