Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. 小林文
  4. 【ZARA】トレンチ苦手を克服できた奇跡の1着|小林文の賢いプチプラ買い

FASHION 小林文

2017.10.12

【ZARA】トレンチ苦手を克服できた奇跡の1着|小林文の賢いプチプラ買い

Oggiのエディター小林 文がリアルに使えるプチプラアイテムをおすすめする連載です。今回はZARAのトレンチコートをピックアップ。

エディター 小林 文

【ZARA】きれいめ派にこそ王道すぎないトレンチを!

「意外!」と言われることが多いのですが、私、今までトレンチコートを買ったことがありません。私の基本のワードローブは、「きれいめシンプル」。その流れで「きれいめシンプル」の定番アウターであるトレンチコートに手を伸ばし、何度もいろいろなブランドで試着するものの、どうも似合わない…。

表現するのであれば、そう、就活中の学生のよう(苦笑)。遊びがなくトゥーマッチなのです。正統派なダブルボタンの「THEトレンチ」はスニーカーやキャップなどでカジュアルに着るとか、あるいはマキシ丈の柄ワンピースでヴィンテージ方向にもっていくとか…テイストの違うアイテムとのほうがちょうどいい抜け感が生まれて素敵。私は一生トレンチを着られないのか…となかば諦めかけていたところ、ついに先日ZARA名古屋で出合いました!

そのトレンチは、全体のシルエットはすそに向かって広がるAライン。角のとれた襟、ラグランスリーブ、シングルボタンのおかげで「THEトレンチ」と比べるとまあるい雰囲気。でも、トレンチらしい肩や襟のベルトやコクのあるキャメル色のおかげで甘さ控えめ。

黒タートル×黒レザーフレアという「きれいめシンプル」コーデをドラマティックに際立たせてくれます。ウエストのベルトをキュッと締めても、あえてバサッと羽織ってもOK。正統派トレンチを着るとなんだか垢抜けないな〜と感じるなら、ぜひお試しあれ♡

トレンチコート/ZARA (¥15,990)
タートル/GAP
スカート/BLENHEIM
靴/ZARA

エディター 小林 文

5年半の間営業職として勤めた会社を退職後、Oggi編集部へ。編集アシスタントを経て、Oggiのファッションエディターとして独立。リアル読者だったOL経験をいかして、日々楽しみながら邁進中。1985年生まれ、名古屋出身の32歳。インスタグラムは@kobayashi_bun


【 おすすめの関連記事 】Read more

Feature