Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 女子欲ハワイ
  4. 新装「リリハベーカリー」本店は別格! レトロハワイダイナーでロコに混じってオーダーメイド朝食♡

LIFESTYLE

2018.08.02

新装「リリハベーカリー」本店は別格! レトロハワイダイナーでロコに混じってオーダーメイド朝食♡

ローカル気分で楽しめるハワイの朝食ならここ♪ ハワイ(オアフ島ワイキキ)と東京、ふたつの都市に自宅をもち、旦那さんと行ったり来たりのデュアルライフをエンジョイするエディター武田麻衣子さんがレポートします。

「リリハベーカリー」はハワイがアメリカの州になる前にオープンした老舗中の老舗です♡

どこに旅をしても私が探して行きたくなるのは、地元の方々に古くから根づく老舗店。

理由はひとつ。その場所の気候や文化にいちばんぴったりの絶品に出合えるから。

ハワイでも然り。ローカルたちから永きに渡り愛され続けている「リリハベーカリー」本店は昔から大好きです。

リリハベーカリー

パン屋さん、ケーキ屋さんとして有名ですが、私はここのダイナーで頂く朝ごはんの大ファン。

店内にはカウンターしかなく、ローカルの元気なおばちゃまたちがカウンターの中で笑顔で生き生きと調理しているところを見ながらパンケーキやサンドイッチを頂くのが至福の楽しみ。

24時間営業で、いつも人が並んでいて、地元の方々に愛され、活気のある雰囲気に気分が盛り上がります。

厨房

カウンターだけのノスタルジックなダイナーは、かつては六本木のハンバーガーインや、原宿のオリンピアダイナーなど東京にもときどきあったけれど、もうそれも今はなくなってしまいました。

だからこそ映画に見るダイナーのようなお店は、近場ではもう「リリハベーカリー本店」ぐらいなのかもしれません。貴重な佇まい♡

ここが一時閉店になったときは大ショックでした。

ミニッツハイウェイに「リリハベーカリー」2号店ができたときは、本店とはまったく違うファミレス的な大箱店の様相にショックが隠せませんでした。かなり本店の素朴さとは違った店舗だったから。

でも「リリハベーカリー」本店が復活! 久しぶりに行って来ました。

リリハベーカリー

リリハベーカリーは、日系のオーナーさんにより1950年に本店の場所にオープン。

ハワイが、50番目のアメリカの州になったのは1959年ですから、1950年といえば、まだハワイが独立国だった頃。

60年以上、お店をやっていらして、もう年をとったし家業を継ぐ人もいないし、そろそろクローズするかと思っていた矢先、ヤミーズコリアンBBQやアラモアナホテルのシグネチャーステーキハウス、ウマミヤしゃぶしゃぶなどを経営するヤミーズグループの社長さんがこちらを買い取り、2号店もオープンさせたのだとか。

本店は従業員の方も味もいっさい変えずに経営を続行。本当になくならなくて良かった。

サイドアイテムを追加して自分だけの朝食コースを♡

さてリニューアルした本店は、きれいになりつつ素朴なお店の感じはそのまま。味わいあるカウンターも変わらずです。

良かったー!変にモダンになったらどうしようかと思っていました。

今日の私のチョイスは、パンケーキ1枚に薄いハンバーグパティ1枚、そしてコーヒー。

パンケーキ

ここね、ロコモコも大人気なのですが、ハンバーグパティが美味しいの。サイドのハンバーグパティなら、ハンバーグディッシュよりもっと薄くて小さめだし。

ハンバーグパティ

ロコモコだと量も多いしヘビーすぎる、という人にも最適。ちょこっと食べたい朝ごはんにぴったりです。

ロコモコ

うちの旦那さんは朝からがつっとハンバーグ&ご飯(笑)。グレービーソースも美味しい♡

バターロール&ジェリー

ここは最初に出てくるバターロール&ジェリーも絶品。軽くてふんわりしたバターロールや、昔ながらの真っ赤なジェリージャムは、さすが古くからのお店といった感じ。

店内で焼かれる軽めな食パンを使った15種類ものサンドイッチや、それからカリッとしたワッフルなどの粉ものは、さすがパン屋さん、なんでも美味しい♪

フレンチトースト

そして他にもまだまだ人気メニューがあって、オムレツやスイートブレッドのフレンチトーストなど。

次々と焼きあがるフレンチトーストは美味しそうなのですが量が多くてまだ私は頼めていません(汗)。

フレンチトースト

ちなみにフレンチトーストはシナモンブレッドやレーズンブレッド、ホワイト。ブラウンなどの食パンでも作ってくれます。

ここの大きな魅力はハンバーグパティに代表されるようにサイドメニューが豊富なこと。

サイドメニュー

卵ひとつやテリヤキチキンスティック、グリルドオニオン、ハムなど、ちょっとだけ追加したいしょっぱい小アイテムがいろいろある。

ふわふわのパンケーキも1枚から頼めるし、自分流にカスタマイズできる感じがとってもイイのです。まるでオーダーメイド朝食♡

好みに応じて頂けるので、うちのわがままキングも大満足です。

外観

帰りにはここのベーカリーコーナーでデニッシュやドーナツを買って帰ります。

ちなみにシグネチャーはココパフ(ミニシュークリーム)ですが、ちょっと私には甘いのでパス(笑)!

またこちらは、グリルドマヒマヒやポークカツレツ、サイミン、ビーフカレー、ビーフシチュー、ハンバーガーなど、ランチや夜ご飯に食べたいガッツリ系も豊富。

オープン時間は火曜のam6:00〜日曜20:00まで、基本24時間営業。月曜日は定休というシステムも以前のまま。いつでも楽しめるロングオープンなお店♪

日本領事館そばの、やや山側サイド(空港そばといえばそばかな)の行きにくい場所ですが、わざわざ行く価値あり。

レンタカーを借りてる日があったらぜひ行ってみてね♪

初出:しごとなでしこ

武田麻衣子/Maiko Takeda ファッションエディター

大学在学中よりファッション雑誌の編集者としてキャリアをスタート。以降、Oggi、Domani、Precious、和楽などで活躍。ゴルフ、歌舞伎鑑賞、ドライブ、クッキングなど、趣味を生かしたカルチャーなページづくりにも定評あり。遊びや仕事で訪れるたびにハワイ愛が膨れ上がり、3年前、ついにオアフにコンドミニアムを購入。行ったり来たりのデュアルライフをエンジョイ中。
instagram→@maikotakedaogawa


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.02.19

編集部のおすすめ Recommended

本誌3月号 P.109に掲載しているSHISEIDOのイベント開催期間が以下の通り、変更となりました。変更前)2/1~3/24、変更後)2/2~4/21。訂正してお詫び申し上げます。

本誌3月号 P.185 右上に掲載しているROPÉのツイードジャケットの値段が以下の通り、 変更となりました。変更前)¥26,000、変更後)¥36,000。訂正してお詫び申し上げます。

Feature