Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 女子欲ハワイ
  4. プールやゴルフ後に猛烈に行きたくなる! 美男美女夫妻の絶品串カツ【ハワイ食レポ】

LIFESTYLE

2017.10.30

プールやゴルフ後に猛烈に行きたくなる! 美男美女夫妻の絶品串カツ【ハワイ食レポ】

ハワイ(オアフ島ワイキキ)と東京。ふたつの都市に自宅をもち、旦那さんと行ったり来たりのデュアルライフをエンジョイするエディター武田麻衣子さんがハワイの今や快適に過ごすコツをお届けします。今回はオアフでロコにも大人気の絶品串カツを紹介!

FUJIYAMA TEXASの串カツは細かいパン粉の軽いフライ感がおいしすぎる!

キングストリート

大バコのレストランが続々増えているハワイですが、どちらかというと小さなお店を応援したくなるワタクシ。キングST.にあるFUJIYAMA TEXASは、ご夫婦で始められた串カツ屋さん。

店エントランス

サウスキングラウンジという、かつてあった人気の隠れ家ラウンジの跡地に昨年オープン! 今年の5月で1周年を迎えました。

日本人からはもちろん、ロコからもこちらの串カツが大評判! 素材ごとにポン酢やソース、マヨネーズ、お醤油など、食べ方を教えてくれる、丁寧できれいな串カツ。アメリカ人は、こういう繊細かつパワフル、しかもお手ごろ価格の串カツは絶対大好きなはず。一度来た人はほとんどリピーターになるようです。

看板

今ハワイでは、今年カパフルAVE.にオープンしたばかりの玉藤というトンカツ屋さんも大評判。毎日大行列です。やはりおいしい揚げ物には目がないのですね。

このFUJIYAMA TEXASの美味しさのいちばんのポイントは軽やかなフライ感! ごく細かいパン粉と良質の油が軽くて、サクサクと進んでしまいます。

串カツ

とくに、プールやゴルフの帰りなど、日に当たったあとは、なぜかこのソース味の串カツがめちゃくちゃおいしく感じます。日本にいるときは、カロリーを気にして、串カツ屋さんには行きたいけれどなかなか行かない、という女性も多いと思いますが、ハワイだとこんな感じの串カツ屋さん、行きたくなるものです。旦那さんや彼氏、ファミリーなど男子と一緒に行くには最高です。

串カツは全部で33種類♪ ハワイらしいアヒやソフトシェルクラブがおすすめです

オニオンスライス

まず前菜として、オニオンスライス、塩ごま油のざく切りキャベツをオーダー。各,2.90! そして、串カツのメニューシートに丸をつけて揚げ場のご主人へ!

キャベツサラダ

私のお気に入りは、紅生姜、ソフトシェルクラブ、チーズ、エビ、レンコン、ガーリック、うずらの卵、タコ、アヒ、ほたて、マッシュルーム、豚、お餅…。

串カツ

なんと全33種類という魅力的なラインナップ。お豆腐やたこ焼きなんて珍しいものも揚げてしまいます。10本お任せで,21.50というお得なセットもありますよー。

串カツメニュー

ほかには、各種サラダや冷奴、枝豆、アヒポケ、コロッケ、ゲソの甘辛炒めなどのお料理もいろいろあるし、また締めには、カレーライスや焼きそば、牛のたたき丼なんかも! 私たちは、今回締めにササミカツサンドをセレクト。いやー、キャベツたっぷりで、ささみだからさっぱりおいしー。

カレー,ささみフライサンド

デザートにはバナナの串カツ&アイスクリームや、ゆずシャーベット、ハニーシナモンチーズバゲットなど、これまた魅力的な品揃え。中でも私が気になったのは、トゥインキーのフライ!

居酒屋メニュー

トゥインキーとは、アメリカ人が小さな頃に食べていたパックでスーパーに売られているロールケーキ! 添加物バリバリのスーパー甘いお菓子ですが、アメリカ人にとっては郷愁を誘うお菓子だそうで、シャレで作ってみたらロコ達から大人気になったとか(笑)!

私もトライしてみました。う〜、あまーい!

串カツ

でもアメリカンな味に触れて楽しい気分になりました。

調布に、ソロオペの立ち飲み串カツ屋さんをオープンさせたあと、2号店としてハワイに出店なさったという美男美女のオーナーご夫妻、佐藤さんがていねいに揚げてくれる串カツ。

店内

カウンターに座ると、こちらのいただくスピードを見ながら、良き頃合いに揚げたてを出してくださる、その繊細なお仕事ぶりに思わず見入ってしまいます。

愛情たっぷりの美味しさとアットホームな雰囲気にほっとするお店。日本のソース味が懐かしくなったらぜひこちらへ! リピート間違いなしですよ!!!

初出:しごとなでしこ

武田麻衣子/Maiko Takeda ファッションエディター

大学在学中よりファッション雑誌の編集者としてキャリアをスタート。
以降、Oggi、Domani、Precious、和楽などで活躍。
ゴルフ、歌舞伎鑑賞、ドライブ、クッキングなど、趣味を生かしたカルチャーなページづくりにも定評あり。
遊びや仕事で訪れるたびにハワイ愛が膨れ上がり、3年前、ついにオアフにコンドミニアムを購入。行ったり来たりのデュアルライフをエンジョイ中。
instagram→@maikotakedaogawa


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.01.21

編集部のおすすめ Recommended

本誌2月号 P.122にて誤りがありました。ブルーのタック入りパンツのブランドは、正しくは(JOCカスタマーサービス<チェスティ>)です。訂正してお詫び申し上げます。

Feature