Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. ヘア
  4. ヘアスタイル
  5. 男ウケする【ポニーテール】の結び目の高さがわかった!

BEAUTY

2017.08.31

男ウケする【ポニーテール】の結び目の高さがわかった!

ポニーテールといっても様々なポニーテールがありますよね。高めで結んだり、低めで結んだり…。では、一体「男ウケする」のはどのポニーテールなんだろう…? と思ったライター・サワダが、20〜40代の働く男性陣に、好きなポニーテールの高さを独自に調査! 「男ウケする」ポニーテールの高さを発表します。

男性が好きな【ポニーテール】の結び目の高さはどこだ!?

男性が好きなヘアアレンジと聞いてまず思いつくのが、ポニーテール
かくいう私ライター・サワダも、ポニーテールは楽チンかつ、くるりんぱをしたりちょっと手を加えるだけでこなれて見えるので、よくするヘアアレンジです。

ひと言に「ポニーテール」といっても、結ぶ高さによって印象がだいぶ違いますよね。ということで、今回は20代〜40代の働く男性38名に「好きなポニーテールの結び目の高さ」についてのアンケートを実施ちなみに、調査したのはこちらの4つのポニーテール! この中で、どのポニーテールの結び目の高さが1位に輝いたのでしょうか?

pon1

調査を行った中で、20代男性は直感で即決する人が多かったのですが、40代男性は「えっ、この4つ、どこが違うの!?」という、間違い探しをする人が多数! それもまた世代ごとにカラーがあって、おもしろいなあと感じたのでした。

それではさっそく、第4位から発表していきます!


第4位 低めポニーテール

poni1

【低めポニーテールが好きな理由】
・「控えめな感じが好き」(30代)
・「仕事できるオーラが出て見える」(20代)

低めポニーテールが獲得した票数はなんと3票だけ。低めの位置を好む人がいないことに驚きました! 好きな理由を聞いてみると、「結び目が低い=落ち着いている」、仕事ができる女子に見える、という声が寄せられました。大人な印象に見せたいときには、低めに結ぶといいかもしれません♪


第3位 横ポニーテール

poni4

【横ポニーテールが好きな理由】
・「なごやかな印象」(40代)
・「大人っぽい」(20代)
・「お姉さんっぽく見える」(20代)

すべての髪を左右どちらかの耳下あたりにまとめて、横で結ぶ横ポニーテール。こちらも低めポニーテールとさほど変わらず、4票という結果に。「見ていて癒される!」という40代男性からの意見に加えて、20代男性からみると、大人っぽい女性に見える髪型のようです。


第2位 中間ポニー

poni2

【中間ポニーテールが好きな理由】
・「きちんとしてみえる」(30代)
・「今っぽい」(40代)
・「ポニーテールといえばこの高さなイメージ」(30代)
・「彼女にしてほしい髪型」(30代)

どの世代にも好感度が良かったのが、こちらの中間ポニーテール! 12票を獲得しました。この結び目の高さだと、「きちんと見え」と「今っぽさ」、両方の印象を持たせてくれるようです。上司ウケも後輩ウケもよさそう◎


第1位 高めポニー

pini3

【高めポニーテールが好きな理由】
・「直感」(20代)
・「カジュアルな印象でかわいい」(20代)
・「高校野球を見ていたからか、高めポニーをみるとキュンとする」(20代)
・「元気をもらえる」(20代)
・「きゅんとする」(20代)
・「うなじがたまらない」(20代)
・「女性らしさがでていて◎」(20代)

そして、一番人気は高めポニーテールという結果に! 20代男性から圧倒的人気で、計19票を集めました! 華やかさと元気でカジュアルな印象に見えることが、20代男性からの支持を得た大きな理由でした。うなじが見えるのがいい、という、うなじフェチ男子からのラブコールも。(笑)


また、同じ質問を女性にしてみたところ、「高めポニーはかわいいけど自分でやる勇気がないや」「自分がやるなら中間ポニー。無難だから」「上司ウケを狙うなら、絶対低め!」という、中間&低めに票が多く集まりました。

高さを変えたり、ひと手間加えたり、いろいろ楽しめるポニーテール。いつもの結び目の高さをちょっと変えてみるだけで、自分の気分も、そしてメンズが見る目も変わるかもしれません♡

取材・文/サワダユキコ

初出:しごとなでしこ


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.04.20

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号P.17「目次」におきまして、P.134は正しくは「NATURAL BEAUTY」となります。お詫びして訂正いたします。

Oggi5月号P.49「Theoryのトートバッグ」企画おきまして、キャンペーン対象店舗に「仙台パルコ店」が入ります。お詫びして訂正いたします。

Feature