Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. 秋ファッション
  4. 【上品リッチ派のバッグ】ふだん使いでお供にしたい「私たちのデイリーBAG」

FASHION 秋ファッション

2017.09.06

【上品リッチ派のバッグ】ふだん使いでお供にしたい「私たちのデイリーBAG」

店に新作が出そろう時季は、なんだか目移りしてしまいがち。どれを買えばいいかわからない! と、迷っている人、必見です。

※[ ]内の数字はタテ×ヨコ×マチの順に記載、単位はcm。サイズはすべて編集部調べです。

目ざすのは華のあるコンサバ。
“守り”の通勤服だからこそ華やぎ小物でマンネリ打破。
秋は、「上品なアニマル柄」を投入

さりげない存在感のきれい色×パイソン

清潔感漂う、きれい色バッグ。まろやかなブルーベースのパイソン柄で、優しさの中に芯のある女性を表現して。バッグ[25×25×15]¥160,000(コーチ・カスタマーサービス・ジャパン〈COACH〉) ニット¥26,000(レナウン プレスポート〈アクアスキュータム ホワイトレーベル〉) パンツ¥21,000(ANAYI) ストール¥13,000(フラッパーズ〈マニプリ〉) イヤリング¥2,000(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) バングル¥300,000(カラットアー〈カラットアー〉)


写真左/ゼブラ柄はボーダーの延長として

白×黒の配色よりマイルドなブラウン系ゼブラが上品服にマッチ。程よくカジュアルなボストン型のおかげで老ける心配なし。バッグ[18×32×17]¥37,000(ル タロン 丸の内店〈マウリッツィオ タユーティ〉)

写真中/なじみのいいグレージュパイソン

「上品リッチ」の定番、白~ベージュのグラデーションコーデのさりげない引き締め役に。バッグ[18×23×12]¥11,800(ロウェル シングス ルミネ新宿店〈ロウェル シングス〉)

写真右/レオパード柄は極小×巾着型で

レザーバングルで人気のブランドから、レオパード柄のリングバッグが、アクセサリー感覚の超ミニサイズで登場。バッグ[17×16×10]¥55,000(シジェーム ギンザ〈MAISONBOINET〉)

肌同様、ツヤを足して老け防止。
シックカラーが通勤服の基本。ハッピーを招くのは艶めく小さな「メタリック」

どんな肌色にも合う上品ゴールド

ギラギラしないクリアなゴールドと、やわらかな素材感に気品を感じる。さりげないツヤ効果で、クラシカルなチェック柄スカートのコーディネートがぐっと今年らしく変身。持つだけでハッピー感とおしゃれ感が漂うのも、メタリックバッグの魅力。バッグ[26×18×18]¥154,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) ブラウス¥21,000(ANAYI) スカート¥17,000(PEACH〈ミューニック〉) バングル¥10,000(ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店〈ヨキ〉)

写真上/シックに彩るブロンズカラー

こなれ感のある通勤靴に定評のある〝ペリーコ〟からは、落ち着きのあるブロンズカラーのバッグが登場。バッグ[18×38×14.5]¥39,000(アマン〈ペリーコ〉)

写真左/服を選ばないミラーシルバー

いつものお仕事服に、鏡のような明るいシルバーを投入して清潔感を加速させて。バッグ[18×22×10.5]¥44,000(ブランドニュース〈メアリ オル ターナ〉)

写真右/好感度カラーの艶ネイビー

真面目なイメージのネイビーを、メタリックでモードに変換。内側はたっぷりのファーでリッチ感もあり。バッグ[14×19×10]¥90,000(アマン〈ザネラート〉)

大人きれいな雰囲気に茶目っ気を。
キャッチーな「バニティバッグ」で鮮度を上げて

大人の余裕漂うディープグリーン

角が丸いころんとしたフォルムが愛らしい。きれいめ服に無理なくなじむ、〝アニエスベー ボヤージュ〟の新ライン〝アニエスベー パリ〟に注目。バッグ[14×17×9]¥50,000(アニエスベー〈アニエスベー ボヤージュ〉) シャツ¥16,000(オンワード樫山〈ICB〉) 肩がけしたニット¥21,000(スローン) パンツ¥8,990(PLST) 靴¥42,000(ルック ブティック事業部〈レペット〉) 時計¥50,000(栄光時計〈コーチ〉) イヤリング¥3,650(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉)

写真左/アクセ感覚の白黒バイカラー

凹凸のある素材感の白レザーと、ツヤっとした黒レザーの対比が優美。タッセルのワンポイントがさりげなく効いて。マチが薄めなところもスマート。バッグ[13×17×7]¥125,000(ドゥロワー 丸の内店〈ウォルター ステイガー〉)

写真中/洗練されたスクエア×トープ

しっかりしたフォルムをキープする
床革を使用。ムダのないデザインで端正な表情。バッグ[11×20×10]¥18,800(ショールーム セッション〈YAHKI〉)

写真右/小気味よい異素材ブラック

マットなレザーに毛足のそろったファーが、オールブラックに華を添える。荷物がたっぷり入るので通勤にも便利。バッグ[19×21×15]¥34,000(コード〈ヴァジック〉)

Oggi 購入はこちら

2017年Ogggi10月号「この秋、4大OLが選ぶのはこのバッグ!」より
本誌掲載時スタッフ:撮影/魚地武大(TENT/静物)、曽根将樹(PEACE MONKEY/モデル) スタイリスト/渡辺智佳 ヘア&メーク/川嵜ひとみ(PEACE MONKEY) モデル/有村実樹(本誌専属) 構成/小林 文、村上花名(本誌)

【関連記事】
【きちんとかっこいい派】のデイリーBAG


【 おすすめの関連記事 】Read more

Feature