Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. ベーシック
  4. 休日スタイルを引き立てる、洗練カジュアル服|100のスーパーベーシック

FASHION ベーシック

2017.09.03

休日スタイルを引き立てる、洗練カジュアル服|100のスーパーベーシック

25歳を過ぎたら、「丁寧に選ぶ」視点でモノとつきあいたいーOggiキューレーター陣が自信をもってセレクトした【100のスーパーベーシック】をここに発表!Oggiが創刊以来提案してきたのは、ベーシックを磨く知性です。25年の間、もちろん時代が変わり、定番も変わり、社会もより複雑になりました。おしゃれも生き方も明確な規範がない今、必要なのは自分のベーシックを自分で考える力です。ファッションもコスメも、暮らしの道具も――自分に似合うもの、必要なものを取捨選択し、意志をもって丁寧に選ぶことは、賢く美しく生きることにつながっていく。そのための確かな物差しとなることを願って、この特集をすべての働く女性に贈ります。今回はファッションアイテム014~025をご紹介。

オフスタイルに活躍するベーシックアイテムもアップデート!
25のベーシックアイテム014〜025

_014:〝スリードッツ〟のTシャツ

大人の体をきれいに見せる程よいゆとりのリラックスTシャツが新登場

「〝スリードッツ〟といえばフィットタイプが定番だったけれど、今年の新モデル〝リタ〟は、リラックス感のあるシルエットが新鮮。やわらかな起毛ジャージー素材と相まって、力の抜けた大人ヘルシーな仕上がりに。程よいネックの開きも着やすい」。Tシャツ¥11,000(スリードッツ青山店〈スリードッツ〉)

_015:〝ティッカ〟のシャツワンピース

仕立てのいいシャツワンピースをカジュアルに着るのが素敵

「〝ティッカ〟はシャツに特化した最近話題の日本ブランド。素材も縫製もこだわりがあるのがよくわかります。シャツワンピースは一枚で着ても、Tシャツ×デニムにはおるように…と着こなしの幅があるのも楽しい」。シャツワンピース¥26,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ティッカ〉)

_016:〝upper hights〟のボーイフレンドデニム

ゆるっとシルエットでも〝ほっこり〟しないダメージの本格感が魅力

「手持ちのボーイフレンドデニムがなんだかあか抜けない…と感じたら、これを試してみて。深めの股上やダメージの入り方が抜群にかっこよく、デニム上級者のこなれ感が簡単に手に入ります。お直しいらずのくるぶし丈も気が利いている!」。ジーンズ[モデル名:エイティーズ]¥23,000(GUEST LIST〈upper hights〉)

_017:〝ブレンヘイム〟のタックフレアスカート

休日のフェミニンスタイルはカーキのロングフレアでドラマティックに

「辛口な都会派シンプルが得意な〝ブレンヘイム〟なら、フレアスカートも甘くならずにモードな仕上がり。ドライなカーキの色味とサイド下がりのイレギュラーヘムもおしゃれ」。スカート¥15,000(エム・アイ・ディー〈ブレンヘイム〉)

_018:〝アストラット〟のレザージャケット

長く着られるライダースならレザーの質もシルエットもこれがパーフェクト

「〝いろんなライダースを買い替えてきたけれど、これを手に入れてからはもうほかを探さなくていいんだ、と生涯のパートナーに出合えた気分に〟と語るのは、本企画スタイリスト渡辺智佳さん。羊革の深い光沢がこのうえなくシック」。ジャケット¥120,000(アストラット 青山店〈アストラット〉)

_019:〝Le minor〟のボーダーカットソー

今までのボーダーとは一線を画す洗練ニュアンスの人気モデル

「ボーダーカットソーで有名なフランスの老舗ブランド。コンパクトなタイプもあるけれど、Oggi世代におすすめしたいのは今っぽさ満点の肩落ちシルエット。ほんのり立ち上がるネックもなんともかわいいのです」。カットソー¥12,000(GUEST LIST〈Le minor〉)

スカート¥28,000(ebure〈ebure〉) ピアス¥14,000(TOMORROWLAND〈JENNYBIRD〉) バングル¥8,500(ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店〈エー・ヴィー・マックス〉)

_020:〝ジョン スメドレー〟のカラーニット

鮮やかピンクもノーブルな仕上がりなのは、名門の極上ウールだからこそ

「20代のころはじめて〝ジョンスメ〟を試したとき、ウールってこんなになめらかで肌触りがいいものなんだ! と衝撃を受けたのを覚えています。最上質のメリノウールはきれい色の発色もよし。こちらは日本人の肌をくすませない黄みよりのホットピンク」。ニット¥29,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)

_021:〝エイトン〟のリブTシャツ

スタイリストのリース率も高い大人Tシャツの新名品

「程よくフィットするリブと、襟ぐりやすその繊細な始末…単なるTシャツより断然サマになると大好評。今どきベーシックの新定番ブランドに一気に浮上した〝エイトン〟、まずはTシャツからエントリーするのもおすすめです」。Tシャツ¥8,100(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)

_022:〝ジェイ ダブルブライン〟のコーデュロイパンツ

立体的な美シルエットはパンツ専門ファクトリーならでは

「もともとメンズに人気のイタリアブランドだけに、ムダのないマニッシュなシルエットが特徴。後ろから見たときのヒップの立体感が違います。女性がここのパンツをカジュアルなコーデュロイではいていたら、それはもう相当のおしゃれさん」。パンツ¥28,000(ビームス ハウス ウィメン 銀座〈ジェイ ダブル ブライン〉)

_023:〝マディソンブルー×ピルグリム サーフ+サプライ〟のシャンブレーシャツ

カリスマブランドの名品シャツがシャンブレー素材でお目見え

「これからシャンブレーシャツを買うなら、大人ブランドに投資して長く着るのが賢い。オーセンティックなボタンダウンに、ワンウォッシュの濃いめブルーが端正に映えて」。シャツ¥31,000(ピルグリム サーフ+サプライ〈マディソンブルー×ピルグリム サーフ+サプライ〉)

_024:〝VONDEL〟のローゲージニット

カジュアルだけどリッチ!ローゲージ人気の先駆け的ブランド

「すぐにこのブランドとわかる、みっちりした畔編みの風合いは唯一無二。ウール100%でもやわらかで着心地よく、着るたびにしみじみいいニットだなぁ、と思えます。ほっこり感がおしゃれに映るニットって、ほかになかなか見つかりません」。ニット¥33,000( FUN Inc.〈 VONDEL〉)

_025:〝RED CARD〟のインディゴデニム

洗練カジュアルがかなう、ダークインディゴのきれいめストレート

「濃いめのスリムストレートはかたくてきゅうくつなものが多いなか、こちらはストレッチ性もあり見た目よりもずっとやわらか。このタイプがワードローブに一本あると、カジュアルがぐっと大人に進化します」。ジーンズ[モデル名:リバティXX]¥19,000(GUEST LIST〈RED CARD〉)

ニット¥19,000(エストネーション〈エストネーション〉) 靴¥28,000(アマン〈ペリーコ サニー〉) ピアス¥6,000(TOMORROWLAND〈MOY PARIS〉) バングル¥14,500(アルアバイル〈フィリップ・オディベール〉) リング¥9,000(CPR TOKYO〈ルーカス ジャック〉) めがね¥38,000(オリバーピープルズ東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)

キュレーター/三尋木奈保

PROFILE/ベーシックで現実感のある着こなし提案に、働く女性からの厚い支持が集まる。自身のおしゃれルールをまとめた著書『My Basic Note』(小学館)は12万部に迫るベストセラーに。Oggi誌面で発表するコラボアイテムも毎回大人気!

 

2017年Oggi10月号「100のスーパーベーシック」より。
本誌掲載時スタッフ:撮影/三瓶康友(人物)、渡辺修身(静物) スタイリスト/渡辺智佳 ヘア&メーク/笹本恭平(ilumini.) モデル/矢野未希子(本誌専属) 構成/三尋木奈保
再構成:Oggi.jp編集部

【関連記事】
通勤ベーシックを支える、信頼ブランドのきれいめシンプル服001〜007
エディター三尋木奈保がセレクト、ワードローブに欠かせない定番服008〜013


【 おすすめの関連記事 】Read more

Today’s Access Ranking

ランキング

2017.11.24

人気のキーワード

PopularKeywords

編集部のおすすめ Recommended

●Oggi12月号で値段の間違いがありました。236ページ掲載の”パーカー”のボールペン(下)の値段は、正しくは¥20,000です。訂正いたします。

Feature