Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. 冬ファッション
  4. Oggi別注【Johnstons】指ぬきニットグローブで冬コーデに奥行きを!

FASHION

2018.11.27

Oggi別注【Johnstons】指ぬきニットグローブで冬コーデに奥行きを!

初冬にぴったりな[Johnstons]のニット小物をOggiが別注! 今回は指先が開いたデザインで機能性抜群、そしてカシミア100%で肌触りも良い指ぬきグローブをご紹介します。忙しい方も、小学館女性メディア公式オンラインショップ「editstore」でポチッと買いできちゃうので、今すぐチェックを!

マンネリしがちな冬の装いに、いつもと違う表情をプラスして

グローブは、冬ならではのファッションアイテム。面積は小さいけれど、冬コーデの完成度を上げてくれる大切なアイテム! 防寒のためだけじゃないグローブ選びで身も心も暖かい冬を過ごそう。

Oggiで昨年大好評を博した“Johnstonsの指ぬきグローブが今季デザインやカラーを刷新して登場! “Johnstons”の隠れた名品で、カシミア100%の上質な肌触り。指先が開いたデザインだから、着けたままでもスマホの操作が楽ちんです。ジュエリーを重ねたり、アウターのアクセントにもなり、マンネリしがちな冬の装いを表情豊かにしてくれる名傍役になること間違いなし!

◆ネイビー:深いネイビーは定番配色との相性抜群

グローブ

ロング&リーンなコーディネート

ニットワンピとトレンチでつくるロング&リーンなコーディネートには、ニットグローブを投入してアクセントに。グレーにもキャメルにも馴染みのいいネイビーなら、大人っぽくまとまる。

グローブ¥9,000・ワンピース¥135,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョンストンズ〉) コート¥98,000(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク〈チノ〉) バッグ¥26,000(オルサ〈オルセット〉) 靴¥78,000(フレームワーク 自由が丘店〈ネブローニ〉)

◆ライトグレー:ファー、シルバー、カシミア…素材を混ぜて

ライトグレー グローブ

ファージャケット

ファージャケットの手元をカジュアルに飾って。太リブ仕様ならではの表情が全体をバランス良くまとめてくれるので、きれいめなアイテムとも相性抜群。

グローブ¥9,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョンストンズ〉) ジャケット¥16,000(ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リクラシング 自由が丘店〈グリーンレーベル リクラシング〉) ブラウス¥20,000(HAUNT代官山〈HAUNT〉) パンツ¥216,000(プリファー シップス NEWoMan新宿店〈ヴァイオレット ルーム〉) バッグ¥86,000(essence of ANAYI〈CAROLINA SANTO DOMINGO〉) ピアス¥23,000(フラッパーズ〈シンパシー オブ ソウル スタイル〉) バングル¥57,000(CHERRY BROWN〈チェリーブラウン〉) リング¥21,000(フリュイジョリ)

◆小学館女性誌公式オンラインストア『editstore』でポチッと冬仕度

Oggi別注【Johnstons】指ぬきニットグローブ

今回ご紹介したOggi別注【Johnstons】の指ぬきニットグローブは、小学館女性メディア公式オンラインショップ「editstore」にて販売中!

指ぬきニットグローブ ¥9,720(editstore)
サイズ:長さ22cm/そで口(周囲)15cm
カラー展開:ネイビー(商品番号:F268120020201)
ライトグレー(商品番号:F268120020101)

自分用だけでなく、プレゼントにもオススメのこのアイテム。
是非ゲットして、いつものコーディネートに奥行きと暖かさをプラスしてみて♩

2018年Oggi12月号「今すぐポチッ! 12月のeditstore」より
本誌掲載時スタッフ:撮影/杉本大希(zecca/人物)、魚地武大(TENT/静物) スタイリスト/川上さやか ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/安座間美優 構成/小林 文
再構成/Oggi.jp編集部

小学館 女性誌 公式オンラインストア editstore/エディットストア

女性たちの「すぐ買いたい」を叶える小学館の女性誌公式オンラインストアが【editstore】です。
editとは…<編集された><編集者の眼を通してセレクトされた>お店。
人気スタイリスト、モデル、編集者、著名人たちのコーディネート力、クリエイト力で、私たち女性誌が長年培ってきた美意識をカタチにしました。「今の私たちが本当に欲しいもの」をお買い物できる場として、ぜひ楽しんでください。


Today’s Access Ranking

ランキング

2018.12.16

編集部のおすすめ Recommended

Feature