Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. ユニクロコーデ
  5. ユニクロのこれから使えるおすすめニット&コーデ【今週のユニクロ】

FASHION

2018.11.18

ユニクロのこれから使えるおすすめニット&コーデ【今週のユニクロ】

アウターを着るこれからにおすすめなニットをご紹介! ユニクロの注目アイテムを毎週紹介するこのコーナー。エディター大槻麻衣が元アパレルスタッフの経験を活かしたアイテム選びやコーディネートを私物を交えながらお伝えします。かしこいショッピングでおしゃれをもっと楽しみましょう。

【ユニクロ】2018秋冬のおすすめニット4種

毎年のトレンドを押さえたカラーバリエと、着回しやすいシンプルなデザインが優秀なユニクロのニット。カシミアニットを代表に、そのコスパのよさも有名ですよね。

本格的に冷え込みはじめる時季だから、ワードローブとしてニットのバリエは揃えておきたい! ということで、この冬使える、まさに〝ライフウェア〟と呼ぶべき有能ニットを4つピックアップ!(このユニクロのコンセプト、素敵ですよね〝LifeWear〟!)

さっそくコーディネートとともに着用感やおすすめの理由をお伝えしていきます。

プレミアムラムハイネックチュニック

上|プレミアムラムハイネックチュニック ¥2,990

今年のラムニットが去年よりさらに進化したこと、ご存知でしたか? やわらかく上質なラムを使用しているので特有のチクチク感もほとんどなく、着心地も◎。さらにハイネックとゆったりしたシルエットでトレンド感も兼ね備えたこのシリーズは、とてもおすすめ。カラーはグレー、ネイビー、パープル、グリーン。今回は、トレンドのブラウンやベージュ系にも、ベーシックな黒やグレーにも映えるグリーンに注目!

グリーンのプレミアムラムハイネックチュニックのコーデ

グリーンのプレミアムラムハイネックチュニックのコーデ

冬はどうしても色味がなくなりがちですよね。ベーシックカラー同士の組み合わせで「ただの地味コーデ」に陥りそうなときに有効なのが、こんなカラーニット。くすみがかったきれいなグリーンの色味は悪目立ちすることなく、嫌味のない華やかさ叶えてくれます。ひざ下スカートと合わせてストンとしたシルエットで着てもバランスのよい丈感。

プレミアムラムクルーネックセーター

少し長めのチュニック丈でお尻まわりが隠れるため、トレンドのニットパンツとも好相性。スタンドカラーがほどよくかっちりとした雰囲気を与えてくれるので、カジュアルなコーデも品よくまとまります。

上中|プレミアムラムクルーネックセーター ¥2,990

こちらは、上に同じくラムシリーズの形違い。クルーネックタイプはベーシック中のベーシックとして、持っておくととっても便利です。朝クロゼットからついつい手にとってしまう一着になるはず。11色の豊富なカラー展開で選べる楽しさもGOOD!

ブラウンのプレミアムクルーネックセーターのコーデ

ブラウンのプレミアムクルーネックセーターのコーデ

ベーシックなクルーネックだから、カラーも着回しやすさで選んでみました。ということで、11色の中でもイチオシなのがブラウン。ブラウンカラーはアウターやボトムにもなじみやすく、さらに今年らしいトレンド感を与えてくれる色味なので、ぜひ1枚お手元に…。

中下|ケーブルニットワンピース ¥3,990

ネイビーのケーブルニットワンピースコーデ

ネイビーのケーブルニットワンピースコーデ

こちらは大人気ケーブルニットのワンピースタイプ! 今年はレギンスやショートボトムトレンドの影響もあり、ニットワンピースがあると大活躍すること間違いなしです。タイツ合わせで1枚で着るのも、 レギンスを合わせるのもおすすめ。ロングスカートや、パンツを合わせても今年らしいバランスに。ベルトでウエストマークしてシルエットの変化を楽しむのもよし、アレンジ自由自在です。

下|カシミヤVネックセーター ¥7,990

言わずと知れたカシミアセーター。今年も、もちろんありますよ〜。中でも発色のきれいな赤をセレクト。Vネックの赤ニットと言えば、冬のニットの鉄板アイテムのひとつ…なので、ちょっと新鮮味のあるコーディネートをご紹介できればと思います。

赤のカシミアVネックセーターコーデ

赤のカシミアVネックセーターコーデ

シンプルにデニムやチェックパンツ、黒パン白パンと合わせてかわいいのは、皆さんご存知な周知の事実。ちょっとの工夫で今年らしくなる(はず!)な、個人的にお気に入りの合わせ方は、赤ニットに「トラッド×艶」の要素をプラスすること。このコーデでは、チェックジャケットでトラッドを、サテンのスカートで艶をプラスしました。トラッドと相性のいい赤ですが、正統派なトラッド要素だけだと、ともすればホッコリ。そこに艶アイテムを足すことでトレンド感へ導いてくれます!

協力/ユニクロ


撮影/黒石あみ 構成/大槻麻衣


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.03.21

編集部のおすすめ Recommended

Feature