Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. ユニクロコーデ
  4. 【今週のユニクロ】コスパ最高! ベージュアンクルチノパンで旬なグラデ&ワントーンコーデ♡

FASHION

2018.08.01

【今週のユニクロ】コスパ最高! ベージュアンクルチノパンで旬なグラデ&ワントーンコーデ♡

エディター大槻がユニクロの注目アイテムを毎週紹介するこのコーナー。元アパレルスタッフの経験を活かしたアイテム選びやコーディネートを私物を交えながらお伝えしていきます! かしこいショッピングでおしゃれをもっと楽しみましょう♡

【ユニクロ】のコットンテーパードアンクルパンツ ¥2,990

今回は、アンクルパンツをピックアップ♪

このパンツのいいところ…挙げるとたくさ〜んあるのですが、特筆すべきは「タックが活きる程よい厚み&ハリのある生地で立体感◎」「それでいて、やわらかさを兼ね備えるストレッチツイル素材」「カジュアルアイテムながらウエストボタンでなく内側フックできれいめデザイン」ということ!

内勤で一日中デスクワーク…なんて日にもピッタリ!! お値段以上とはこのことで、こんないい生地をこんなプライスで出せるのがユニクロなんですね。恐れ入ります…。

サイズ感は少し大きめなので、試着もしくはネットでサイズ確認してから購入してみてください♡ 敢えて大きめサイズを選んで、ウエストをベルトでぎゅっと絞るのも、まるでストリートスナップのスタイルのようでオススメ♡

色はグリーン、ホワイト、ベージュ、ネイビーの4色展開。今回はベージュをセレクトして旬のグラデーション&ワントーンコーデしばりで着まわしました♪

[コーデ1]ユニクロ ユーのTシャツと合わせて上下トータルU ¥5,000♪

ユニクロ ユーのTシャツと合わせて上下トータルU

こちらは、先日のTシャツの回でもご紹介したコーディネート。赤みがかったブラウンのクルーネックTシャツを合わせた同色グラデーションコーデです。

パンツは大きめサイズをガサっとはいてウエストでぎゅっと絞ってみました♡ ベルトは、ループに通すのももちろんよいのですが、今回は通さずループより下の位置に。ベルト上部分に余白を出すことでウエストの細さを強調できスタイルアップ効果も狙えるので、ぜひトライしてみてください♪

[コーデ2]キャメルシャツと合わせて、ワントーンベージュコーデ

キャメルシャツと合わせて、ワントーンベージュコーデ

パリッとしたキャメルシャツを合わせてちょっとサファリなイメージ。難しいと思われがちなワントーンベージュコーデも、このパンツがメリハリのあるシルエットに仕上げてくれるから挑戦しやすい!(因みに、こちらは大きめではなくジャストサイズをはいています。) ともすれば、ほっこりしてしまいがちなベージュカラーもエッジの効いた小物で女っぽくまとまるはず♡

[コーデ3]「×ナチュラルベージュシャツ」でさらに淡めなワントーンコーデ

「×ナチュラルベージュシャツ」でさらに淡めなワントーンコーデ

合わせたシャツは、これまたユニクロのエクストラファインコットンシャツ(¥1,990)。ワントーンコーデは、トーンが淡くなるほど「いい子感」ではなく、「こなれ感」を意識すると上手にまとまる! という個人的見解のもと、ボタンは多めにあけ、袖もまくしあげました♡ 大ぶり小物や、ワントーンコーデに効く差し色「白」の力を借りてメリハリを。

[コーデ4]とろみカシュクールブラウスのツヤで女っぽさを足してみる

とろみカシュクールブラウスのツヤで女っぽさを足してみる

カジュアルでちょっぴりメンズライクな印象が魅力のこちらのパンツ。そこにとろみトップスを合わせると、女っぽさがぐっと引き立ちます。

もうお気づきかもしれませんが、ウエストのシルエットを見せるのがこのパンツコーデの黄金バランス! ちょっと長めのトップスはインしちゃうのが綺麗です♪ あとは、ショート丈のフレアなトップス、タイトなもの、ボリュームトップスのウエストをサッシュベルトで絞って合わせるのも、素敵ですよ。

いかがでしたか? 今年注目のワントーンベージュコーデ、このパンツをキッカケにならサラっと始められそうです♡ 次回は、編集部でも人気のワンピースをご紹介します!

【今週のユニクロ】Uniqlo U|ユニクロ ユーのTシャツ着回しコーデ! 1枚でおしゃれ見えのブラウンが狙いめ♡

商品問い合わせ先:ユニクロ


協力/ユニクロ 撮影/黒石あみ 構成/大槻麻衣


Today’s Access Ranking

ランキング

2018.12.12

編集部のおすすめ Recommended

Feature