コロナ禍を経て変わった! 今どきの30代の恋の始まりって? | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. コロナ禍を経て変わった! 今どきの30代の恋の始まりって?

2021.08.06

コロナ禍を経て変わった! 今どきの30代の恋の始まりって?

PR/エウレカ

PR

コロナ禍を経て、働き方も価値観も変わった昨今。大人の恋愛・婚活においても変化がみられるように。自粛生活で出会いのチャンスが激減する中、みんなの恋愛事情って? 調査しました。

自粛生活で、婚活したいのに積極的に活動できない…

婚活中の人も多いOggi世代。けれどリモートワークへのシフトや食事会の減少などで、出会いの場が激減。「コロナ禍の中、みんなどう恋を始めてるの?」との疑問が湧き、調査してみました。するとやっぱり下のアンケート結果のように、交際相手が欲しいのに積極的に活動できていないのが現実のよう…。

Q. 交際相手が欲しいと思いますか?

「欲しい」「どちらかといえば欲しい」合計

Q. 交際相手を探していますか?

「積極的に活動している」

Q. 今、恋活・婚活はしていますか?

出典:エウレカ自社調べ
調査対象者:18〜34歳の独身・交際相手無し男女 761名(20年1月)、1332名(20年5月)、1624名(20年9月)、1615名(21年1月)
実査期間:2020年1月20日〜21日、5月14日〜15日、9月7日〜9日、2021年1月15日〜18日

そんな中、マッチングアプリへの関心がますます高まっている

直接顔を会わせる機会が減った今、利用者が増えているというのがマッチングアプリ。実際、私ライターFの周りでも、「とりあえずアプリをダウンロードした」「登録してみた」という声を近頃よく聞きます!

もともとOggi世代の婚活手段のひとつとして主流となりつつあったマッチングアプリだけれど、「対面しなくても気軽に自分に合う相手が探せる」ってところがこのコロナ禍の時代背景とマッチして利用増加へと拍車をかけているようです。

コロナ禍でのマッチングアプリへの声

「人が集まる場所はリスクがある。マッチングアプリだと会う相手はひとりだから安心」(33歳・男性)

「人と対面する機会が減り、孤独を感じるようになった。コミュニケーションをとりたい」(29歳・男性)

「マッチングアプリは直接会わなくていいのが魅力。それに相手が自分に合うかどうかじっくり判断できるのがいい」(34歳・女性)

マッチングアプリ消極派でも気軽に始められるアプリがあった!

でも、私のように、マッチングアプリやオンライン上での出会いに消極的な人たちもいるわけで…。そんな人たちは、「彼氏は欲しいと思っているけれど、積極的に行動にするのが苦手…」「やりとりが面倒そう…」と、マッチングアプリの利用そのものにハードルが高いと感じているのでは・・・・・?

ところが今回の調査をしている中で、「私も登録してる」「グイグイいかなくても大丈夫」「日本でいちばん使われているアプリだから安心」と幾度となく名前を耳にしたのが、恋活・婚活マッチングアプリ「ペアーズ」です。

調べてみると、「ペアーズ」は2012年に日本で誕生した恋活・婚活マッチングアプリで、2020年には国内累計登録者1,000万人を突破。その人気は日本を飛び越えて、台湾や韓国でも利用者が増えているとか。そして何よりもびっくりしたのが「毎日400人に恋人ができている」ってこと。1日に400人って…!! すごい!

さらに詳しく見てみると、『積極的に恋を見つけにいく「#恋は探す派」、納得してから恋したい「#恋は考える派」、ゆっくりじっくり深めていきたい「#恋は育てる派」… などなど、恋のペースはひとそれぞれ。さまざまな恋のかたち、ペースに合わせて〜』との紹介文が。え、これならマイペースな恋がしたいアプリ初心者の私でも使えるかも!? 次にそう思った理由を紹介します。

※:MMD研究所×スマートアンサー「2020年マッチングサービス・アプリの利⽤実態調査」より

マッチングアプリ初心者が「ペアーズ」なら利用できそうと思った理由

理由1
ありのままの自分に合う相手が探せる

「連絡はマメにしたい」「焼肉はよく焼き派」etc. 価値観やこだわりって小さなことでもゆずれないもの。それに共通の趣味も一緒に楽しめたりしたら…。マッチングアプリで婚活する上でいちばん気になるのが自分の理想に合う相手が見つかるかってこと。「ペアーズ」には趣味や価値観、ちょっとしたこだわりがわかる約10万件のコミュニティが存在。豊富な検索機能とこのコミュニティを通して、理想の相手をじっくりと探すことができるそう。それぞれのコミュニティ参加者たちはチャットで会話をすることができるので、気になる相手について深く知ることができるのがいいと思いました。

もちろんお相手のレコメンドも!

「ペアーズ」は累計1千万人以上の会員と40万人以上の恋人ができて退会した会員のビッグデータをもとに、相性%、検索結果などを日々改善しているそう。ぴったりの相手を見つける手助けをしてくれるのは、多忙で時間がない私にとってはうれしいポイントかも!

理由2
足跡だけでアピールできたり、自分のペースでOK

気になる相手を見つけても「アプローチする勇気が出ない」「多忙でまめにメッセージが返せるか不安…」。でも「ペアーズ」はプロフィールは見るだけで足跡が残せるし、コミュニティチャットは会話はしなくともリアクションだけでもOK。アプリに数分触れるだけで、相手にさりげなく自分をアピールすることができるのが素敵♡ もちろん積極派の人は、どんどんプロフィールに「いいね!」を押したりメッセージを送って、アプローチをすることも。ちなみに、女性の方から「いいね」を送ったほうがカップル成功率が高いそうです!

理由3
実際に会う前に人となりを知ることができるビデオデート機能で安心

慎重派やじっくり派の中には、相手と実際に会うときに迷うもの。でも事前に相手の顔を見て話すことができるビデオデート機能があるから安心。なんと利用者の70%以上が満足していて、「ペアーズ」の高いカップル成立率の理由のひとつとなっているとか。

理由4
安全&快適な環境で利用できる

オンライン上での出会いでのいちばんの心配ごとは安全面。「ペアーズ」の本人確認はeKYC(金融機関でも使っているような本人認証システム)だから安心。加えて、24時間365日オペレーターが待機し、お問い合わせ、パトロール監視に対応、AIシステムによるモニタリング、など、業界で最も高い安心・安全基準を採用しているそう。だから不安なく会員同⼠が交流することができるんですね。

以上、4つの特徴から、これなら「私にもできそう!」と感じた人も多いのではないでしょうか? 実際に「ペアーズ」を利用した人たちからも、喜びの声が続々と届いています。

User’s voice

「プロフィールに書いてある趣味や、コミュニティから気が合いそうと思い、わたしからいいね!しました。会ってみると想像していたとおり一緒にいて楽しくて。まさかPairsで知り合って、結婚までするとは。本当に感謝しております。」Mさん 27歳 東京(女性)
「仕事が楽しくてしょうがなくて、でも好きな人は欲しかったんですよね。限られた時間で効率的に、でもちゃんと大事にできる人を探したくてペアーズを始めました。」Yuyaさん 27歳(男性)

「ペアーズ」の利用者の多くは、20代後半〜30代前半のOggi世代です。「そろそろ理想の相手と素敵な恋愛をしたい」「ゆくゆくは結婚したい」と思っているなら、まずは無料登録&相手検索をして、恋のきっかけを見つけてみてはいかが?

ペアーズの公式サイトはこちら

協力/エウレカ


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.12.09

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi1月号P.120に掲載のUNIQLO and White Mountaineeringのニットに誤りがありました。正しくはUNIQLOのニットで、カシミア100%になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。