働く30歳からは、“プレミアムなクレンジング”に変えてみよう! | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く30歳からは、“プレミアムなクレンジング”に変えてみよう!

2021.03.26

働く30歳からは、“プレミアムなクレンジング”に変えてみよう!

PR/イグニス

PR

美肌の基本は、スキンケアのファーストステップである「メイク落とし」。透明感ややわらかさ、ハリ感アップを追求した高機能クレンジングをチョイスして。

毎晩のクレンジングタイムを〝やらなくてはいけないこと〟から、〝心地よい癒しの時間〟へ。使うたびにリラックスできて、さらにふっくら上向き美肌を目指せる大人のための高機能クレンジングクリームがデビュー。

肌をいたわることを考えてクレンジングを選ぶなら

この1年で大きく生活スタイルが変わり、今まで以上に自分と向き合うことが増えた中で改めて素肌の大切さに気づいたという人も多いはず。クレンジングも単にメイクを落とすものからきちんと肌をケアできるもの、美肌の手応えを感じられるものへとシフトする時代に。そこで手に取りたいのが、イグニス リファイニング プレミアム クレンジングクリーム。浄化をキーワードにつくられ、至福の使用感はもちろん、Oggi世代にうれしい美容成分も配合。きっと毎日のクレンジングタイムが贅沢なひとときに変わるはず!

イグニス リファイニング プレミアム クレンジングクリーム
ゆったりとした気持ちで丁寧にクレンジングしたくなる、弾力とコクのあるテクスチャーとハーブの心地良い香りが特徴。200g ¥5,000

POINT 1
植物のパワーで肌をいたわりながらオフ

明るく若々しい肌へとアプローチするザクロ果実エキスやククイナッツオイルを配合。さらに北大東島産のホワイトファンゴが、入り込んだ汚れも優しく吸着して、まっさらのピュア肌に。

POINT 2
密着感の高いプレミアムなテクスチャー


まろやかで濃厚なクリームもうれしいポイント! マッサージの圧を程よく伝えることができ、1日の終わりに肌の凝り固まった部分がほぐれるかのような充実感も魅力です。

POINT 3
あと肌のクリア感ともっちり素肌

メイクをきちんと落としながらも肌の潤いは守り、なめらかな洗い上がりを実現。パッとワントーン明るくなったような肌は、モヤモヤした気持ちまで晴れやかにしてくれます。

絶妙な硬さのクリームは、コリまでほぐれるような充実感!

こっくりと厚みのあるテクスチャーで、肌にピタリと密着しながらしっかりとメイクをオフ。ハーバルフレッシュの爽やかな香りと共に、肌をほぐすような感覚で使えるのが気持ちよくてクセになる♡

メイクオフ後の肌は、透明感とハリ感がアップ!

クレンジングクリームをなじませてオフした後は、明るくなめらかなクリア肌に。メイクや汚れを落としながら、エイジングの要因である老廃物や活性酸素もオフ。充実感のあるクレンジングタイムを!

ピアス¥70,000(アガット〈アガット〉) カットソー/スタイリスト私物

【イグニス×Oggiオンラインイベントレポート】「美肌はクレンジングから!」美容家・小林ひろ美さんが説くスキンケア

去る3月16日、イグニスとOggiコラボのオンラインライブイベントを開催。美容家・小林ひろ美さんが登壇し、Oggi読者100名に向け、クレンジングの重要性や「イグニス リファイニング プレミアム クレンジングクリーム」についてZOOMライブで話して頂きました!

自分の大切な肌だから、プレミアムなものを選びたい!「イグニス リファイニング プレミアム クレンジングクリーム」

画面越しでも伝わる美肌の持ち主である美容家の小林ひろ美さんからクレンジングの大切さや実践しているスキンケアの極意も伝授していただきました。

▲登壇したみなさん。左から、イグニスPR 大西沙奈美さん、小林ひろ美さん、MCの関本なこさん

美肌を保つためにはクレジングが大切!

小林さんは、「落とす・潤す・フタをする」というシンプルな考え方でスキンケアをおこなっているそう。

「毛穴につまった余分な油分やよごれをしっかり取ると、肌に水分が行き渡りやすい状態になります。そして、その状態を長くキープするために油分でフタをして、ホールドする。シンプルなケアなんだけれども、ぬかりなくやっています」(小林さん)

そして、30歳からのケアで最も大事にしてほしいことは、「落とす」こと、つまり“クレンジング”だと教えてくれました。

「どんなに高価な美容液を使っても、クレンジングを怠っては効果は期待できません。どうよごれを落とすかで、肌の状態は決まると考えてよいくらい、クレンジングは美肌のターニングポイントなんですよ。

クレンジングで必要なうるおいは残して余分なものだけ落とすと、肌はやわらかいスポンジのようになり、その後の『うるおす』スキンケアがぐんぐん入っていきます。」(小林さん)

どう「落とす」かで、その後どう「入るか」が決まるそう。美肌のために、クレンジングがいかに大切かがわかりますね。

今回発売された「イグニス リファイニング プレミアム クレンジングクリーム」をひと足先に使用してみたという小林さんは「こっくりしたクリームで伸ばしていってもホールド感があって、使っていない表情筋まで持ち上げてくれるような使用感。さまざまなクレンジングを試してきたなかでも初めての使い心地で、さらに、滑らかで摩擦を感じません。」と、「イグニス リファイニング プレミアム クレンジングクリーム」の使い勝手に大満足の様子。

続けて、「ティッシュオフしたあと肌は、こんなにみずみずしく肌の状態を整えてくれるのかと驚きました。クレンジング後の肌のやわらかい状態を一度実感するとやめられなくなりますね。

イグニス リファイニング プレミアム クレンジングクリーム』を使って肌をやわらかくし、潤して、フタをする。このステップをふめば、年齢関係なくキレイになれますよ。」(小林さん)

香りと肌はリンクしている

イグニス リファイニング プレミアム クレンジングクリーム」は香りもプレミアム! 12種類のハーブをブレンドしたハーバルフレッシュの香りが特長です。

香りについて、小林さんは「やみつきになる香りですよね。これを使いたいから、早く家に帰りたいと思うようになるほど(笑)。私は洗面所でクレンジングするのですが、疲れてしまった日ならば、入浴時に使ってみてください。お風呂場が海外のスパのような香りがして、気分を落ち着かせてくれます」と大絶賛!

いい香りに包まれると幸せな気持ちになりますよね。さらに肌は心の状態でも変わると小林さんは話します。

「心と肌はリンクしてます。心の充足感は、自分の肌へプラスに働いてくれるので、香りの作用はとても大事なんですよ」(小林さん)

ライブでは、小林さんがクレンジング時におこなうマッサージ法も披露。頭部やこめかみなどリンパにたまった老廃物を流すようなイメージでほぐすと良いそう! 読者のみなさんも画面の前で一緒にマッサージをしてみました。

読者のみなさんから「クレンジングを変えてみたくなった」という声が続々!

今回参加した読者の皆さんから、イグニス×Oggiオンラインライブイベント後に続々と熱いコメントが届きました。

「『イグニス リファイニング プレミアム クレンジングクリーム』の香りは本当にうっとりするほどで、ライブイベント中も自分の手の甲から良い香りが続いて癒されていました。ひろ美さんの解説はためになる話ばかりで、終始夢中になってメモ! スキンケアの意識が上がりました」(Oggi専属読者モデル・オッジェンヌ 片田亜莉紗さん)

「『イグニス リファイニング プレミアム クレンジングクリーム』を使って、ひろ美さんから教えていただいたメソッドをぜひ試してみたいと思いました!」(Oggi専属読者モデル・オッジェンヌ 花田友里さん)

「肌が喜ぶクレンジング方法を知ることができて嬉しいし、『イグニス リファイニング プレミアム クレンジングクリーム』でもっと肌を労ってあげようと思いました」(Oggi専属読者モデル・オッジェンヌ 賀来みな美さん)

「マスク生活で肌のごわつきがずっと気になっていたのですが、クレンジングの大切さを知って、これからイグニスで肌を労りたいと思いました。なんといっても香りがよくて、本当に癒されます。義務のように感じていたクレンジングを大切なケアの時間にしていきたいですね」(32歳/女性)

「小林さんから貴重なお話を聞くことが出来て、とても勉強になりました!『イグニス リファイニング プレミアム クレンジングクリーム』を使い続けて、キレイになれたら嬉しいな」(33歳/女性)

などなど、ライブ終了後に「使ってみたくなった」「使い続けてみようと思った」とコメントが届きました(ありがとうございます!)。

心地いい香りでメイクオフできる「イグニス リファイニング プレミアム クレンジングクリーム」。おうちで美肌を育んで、春をポジティブな気持ちで過ごしてください!

公式サイトはこちら‎

協力/イグニス
問い合わせ:0120-664-227

撮影/寺田茉布(LOVABLE/人物)、河野 望(静物)、黒石あみ(ライブ) ヘア&メイク/神戸春美 スタイリスト/兵藤千尋 モデル/朝比奈 彩(本誌専属) 本誌デザイン/Permanent Yellow Orange 本誌構成/安井千恵 文/今野敬介(ライブ)

●この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.04.21

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号・別冊付録 Domani春号 P.11に掲載のバッグの価格に誤りがありました。正しくは、¥240,000(税抜)です。お詫びして、訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。