Vネック【ブラウス】着こなしのルールは「メンズライクなボトムを合わせて」 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 春ファッション
  5. Vネック【ブラウス】着こなしのルールは「メンズライクなボトムを合わせて」

FASHION

2018.03.25

Vネック【ブラウス】着こなしのルールは「メンズライクなボトムを合わせて」

印象に残る人はこの時期「ブラウス」を着ている人。Vネックブラウスを着こなすには「メンズライクなボトムを合わせて」がルールです。

メンズライクなボトムで甘さひかえめに

Vネックブラウスを着こなすには、メンズライクなボトムに合わせて甘さひかえめに。ボトムは、女性らしさとは正反対のベクトルのものをチョイス。素材やあしらいでラフさが加わり、程よくドライな雰囲気へシフト。

【1】RIM.ARK|リムアークのブラウス

サテン風のツヤのある生地と、背中もV開きのバックシャンで色香をまとったブラウス。潔くネイビーで上下をまとめれば、清潔感も手に入る。インディゴデニムで辛口ワントーンを楽しんで。

ブラウス¥12,000(バロックジャパンリミテッド〈RIM.ARK〉) デニム¥21,000(ニンジニアネットワーク〈ラシンク〉) バッグ¥89,000(ロンハーマン〈カロリーナ サント ドミンゴ〉) バッグに巻いたスカーフ¥3,900(ジオン商事〈スリーフォータイム〉) 靴¥46,000(GUEST LIST〈LUCENTI〉) 時計¥340,000(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)

【2】ESTNATION|エストネーションのブラウス

いろんなブランドから続々と登場しているカシュクールブラウス。女性らしいディテールが盛り込まれているので、カジュアルに着たいときは、あえて真逆のテイストのカーゴパンツでアクティブに着こなすのが近道。カジュアル度がぐんとUPするカーゴパンツの一投。

ブラウス¥20,000(エストネーション〈エストネーション〉) パンツ¥23,000(ボウルズ〈ハイク〉) バッグ¥30,000(ショールーム セッション〈POTIOR〉)

【3】IPSE|イプセのブラウス

春らしいライラックは、それだけで十分な甘さがあるので、デザインはシンプルがベスト。カットオフのスエットのおかげでタイトスカートでも抜けよく、カジュアルな表情に。切りっぱなしのスエットでちょっとやんちゃなタイトスカートスタイル。

ブラウス¥14,000(イプセ) スカート¥22,000(GREED International Tokyo Store〈GREED International〉) バッグ¥48,000(ショールーム セッション〈OAD NEW YORK〉) 手に持ったストール¥19,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョンストンズ〉) 靴¥16,000(ジオン商事〈ティテインザストア/セベージュ〉) ピアス¥7,500(ロードス〈イロリエール〉) バングル¥8,000(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)

【4】ENFOLD|エンフォルドのブラウス

Vネックの延長でオフショルダーにもなるデザインは、この春度々見かける新顔。人気のコーデュロイパンツは温かみのある素材なので、合わせたときに寒々しく見えないという利点も。冬に人気のコーデュロイ素材で、こなれ感を引き出して。

ブラウス¥24,000(ENFOLD) パンツ¥19,000(GUEST LIST〈RED CARD〉) バッグ¥42,000(デミルクス ビームス新宿〈ペリーコ×デミルクス ビームス〉) 時計¥25,000(ダニエル・ウェリントン 原宿〈ダニエル・ウェリントン〉) ピアス¥3,400(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) バングル¥78,000(アトリエ ニノン〈アトリエ ニノン〉) サングラス¥44,000(Fav〈ティエリー ラスリー〉)

【5】MICA&DEAL|INSCRIREのブラウス

抜け感のあるVネックにさらにもうひとアクセント。春らしいやわらかな雰囲気を体現したような華やぎを感じて。

アイテム詳細:女っぽい【MICA&DEAL】と【INSCRIRE】のVネックブラウス

●この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。

2018年Oggi3月号「印象に残る人はこの時期「ブラウス」を着ている人」より
撮影/須江隆治(See) スタイリスト/縄田恵里 ヘア&メーク/笹本恭平・桑野泰成(ilumini.) モデル/朝比奈 彩、安座間美優 撮影協力/ペンブローク リアルエステート ジャパン エルエルシー、Zoff 構成/堀 由佳(本誌)
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.10.24

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号「スーツが得意なブランドのジャケットがすごい!」P160に掲載のジャケットのブランド表記に誤りがありました。正しくは、左のジャケットが「ホワイト ザ・スーツカンパニー」になります。お詫びして訂正いたします。

Feature