Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. スカート
  4. タイトスカートコーデ
  5. きれいめ派の定番「タイトスカート」を秋仕様にアップデートするなら?

FASHION

2022.09.22

きれいめ派の定番「タイトスカート」を秋仕様にアップデートするなら?

この秋、きれいめは定番「スリット入りタイトスカート」がトレンドアイテムに浮上中。長め丈&スリット入りが最旬です!

定番の「タイトスカート」をロング丈&スリット入りで更新を

きれいめ&上品の代表格のアイテム、タイトスカートが久々にトレンドアイテムとして浮上中。

選び方のポイントは、リラクシーな今のワードローブと合う、ロング丈&抜け感の出るスリット入りデザインのもの。秋が深まればロングブーツ合わせもおすすめ。

グレーのジャケット×オフ白のタイトスカートコーデ

かっこいいけど女っぽい、エコレザー地のタイトスカートを主役に、Iラインが際立つほんのりモードな着こなしが完成。

スカート¥19,800(エトレトウキョウ) ジャケット¥64,900(トラディショナル ウェザーウェア ルミネ有楽町店〈トラディショナル ウェザーウェア〉) カットソー¥8,800(ebure GINZA SIX店〈ebure〉) バッグ¥10,900(チャールズ&キース ジャパン〈CHARLES&KEITH〉) 〝シーセイ〟の靴¥26,400・手に持った〝アソース メレ〟のストール¥39,600(アイネックス) ネックレス[2連]¥3,300(ロードス〈ヘンカ〉) リング¥35,200(ブランイリス トーキョー〈ブランイリス〉)

「ウィム ガゼット」のスリット入りタイトスカートを着回し!

ウィム ガゼットのスリット入りタイトスカート

秋を感じるスエード地のタイトスカート。バックスリット入り。
スカート¥99,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈ウィム ガゼット〉)

エレガントコーデ+ダウンベストで叶える大人のスポーティスタイル

ダウンベスト×スリット入りタイトスカート

スエードスカートを中心にベージュトーンでまとめたエレガントなコーデに、ダウンベストをはずしでON。トレンドカラーのパープルがモダンなエッセンス!

ダウンベスト¥107,800(アマン〈アンスクリア〉) Tシャツ¥13,200(エストネーション〈コラム〉) バッグ¥30,800(オルサ〈オルセット〉) 靴¥6,900(チャールズ&キース ジャパン〈CHARLES&KEITH〉) 2連にしたネックレス¥49,500(ソワリー) バングル¥57,200(アパルトモン 青山店〈ガブリエラ アルティガス〉)

ちらりとのぞく素足がかわいい。初秋にこそしたいコーデ

白ブラウス×スリット入りタイトスカート

タイトなサイズ感のスカートも、バックスリット入りなら足さばきがよくヘルシー。ボリュームのあるブラウスとロング丈スカートの組み合わせには、足元は華奢ストラップ靴ですっきり見せるとバランスがいい。

ブラウス¥17,600(エレメントルール カスタマーサービス〈バビロン〉) 腰に巻いたニット¥172,700(ショールーム セッション〈MANRICO CASHMERE〉) バッグ¥13,900(チャールズ&キース ジャパン〈CHARLES&KEITH〉) 靴¥52,800(アッシュプラスエリオトープ〈ネブローニ〉)

●この特集で使用した商品の価格はすべて、税込価格です。

2022年Oggi10月号「『かっこいいベーシック』の秋はこの4枚があればいい!」より
撮影/倉本侑磨(Pygmy Company/人物)、魚地武大(TENT/静物) スタイリスト/川上さやか ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) モデル/滝沢カレン(Oggi専属) 構成/村上花名
再構成/Oggi.jp編集部

こちらも読まれてます!


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.09.25

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature