アラサー世代が【今っぽデニム】を選ぶための3つのキーワード | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 春ファッション
  5. アラサー世代が【今っぽデニム】を選ぶための3つのキーワード

FASHION

2018.02.21

アラサー世代が【今っぽデニム】を選ぶための3つのキーワード

25歳を過ぎたら自分のキャラクターをふまえて、「似合うシンプル」をブレずに究めていくのが正解です。休日カジュアルボトムを年相応に楽しむための、デニムパンツの選び方。

ヴィンテージ風テーパードデニム

シンプルデニムこそ、大人になる楽しさを味わえるマスターピース。デニムパンツのトレンドも、変わらないようで確実に変化しています。「今の自分に似合う一本」がわかれば、それだけで週末カジュアルをものにしたも同然。

今っぽデニム選びの必須条件は、この3つ!

1.ミッドライズ
2.テーパード
3.ウォッシュのきいたヴィンテージ感

デニムを更新したら着こなしも年相応にアップデート。Tシャツ合わせでラフに着るのもいいけれど、アラサーになったら、大人だからこそ似合うテーラード合わせの「カッコいいデニムカジュアル」にもぜひ挑戦を!

パンツ[3月発売予定]¥22,000(JET ルミネ新宿店 ルミネ2〈ジェット ロサンゼルス〉) ジャケット¥87,000(マディソンブルー〈マディソンブルー〉) カットソー¥7,500(スリードッツ青山店〈スリードッツ〉) バッグ¥47,000(TOMORROWLAND〈CARBOTTI〉) 靴¥29,000(フィルム〈ザ キャットウィスカーズ〉) ピアス¥16,000(GALERIE VIE 丸の内店〈MODERN WEAVING〉) 〝Hirotaka〟のバングル¥88,000・〝MARIA BLACK〟のリング¥15,000(ショールーム セッション)

●この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。

2018年Oggi3月号「今どきシンプルのマスターピース」より
撮影/来家祐介(aosora) スタイリスト/金子 綾 ヘア&メーク/笹本恭平(ilumini.) モデル/土屋巴瑞季  構成/佐々木怜菜(HATSU)、木村 晶(本誌)
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.10.26

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号「スーツが得意なブランドのジャケットがすごい!」P160に掲載のジャケットのブランド表記に誤りがありました。正しくは、左のジャケットが「ホワイト ザ・スーツカンパニー」になります。お詫びして訂正いたします。

Feature