夫の○○を褒める!? 辻希美が夫とラブラブでいるためのルールとは? | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. エンタメ
  4. 映画・テレビ
  5. 夫の○○を褒める!? 辻希美が夫とラブラブでいるためのルールとは?

LIFESTYLE

2021.11.21

夫の○○を褒める!? 辻希美が夫とラブラブでいるためのルールとは?

今回ご紹介するのは、タレント・辻 希美さん。人生観を映し出すドキュメンタリー番組「7ルール」を振り返り、働く女性たちへのヒントを探る連載。

辻 希美さんってどんな人?

今回の主人公は、タレント・辻希美さん。2歳から13歳まで4人の子どもを育てる彼女のYouTubeチャンネル登録者数は、92万人を突破!

出版した自身の子育ての経験を綴った書籍はわずか4カ月で6度の重版を記録するなど母としての姿が共感を呼び、テレビ・ブログ・YouTubeとマルチに活躍中。

タレントになった理由とは――

12歳の若さで国民的アイドルグループ・モーニング娘。のメンバーに選ばれ一躍トップアイドルに。当時の仲間・飯田圭織は「のんちゃんはすごく内気で、すごく引っ込み思案だった」と話す。

そして19歳のときに俳優・杉浦太陽との入籍・妊娠を発表。若いアイドルの突然の発表に世間の風あたりは強く、激しいバッシングから一時は「芸能界を辞めたい」と悩んだことも。

そんな逆境にも夫婦で乗り越えたいま、結婚15年目の夫とラブラブでいるために守っているルールとは…?

辻 希美さんの「7つのルール」

さて、そんな彼女が「いつもしている7つのこと」=「セブンルール」とは…?

■1. 調味料は1周単位

食べ盛りの4人の子どもを育てる彼女にとって、料理の時間も効率重視。そのため調味料は計量スプーンを使わず、鍋の大きさに合わせて目分量で回し入れる。

■2. イベントは全力でやる

年間を通してイベントには手を抜かないという彼女だが、なかでも力を入れているのが、誕生日。兄弟が多い分、唯一一人に集中して愛情を示せる大切なイベント。

■3. ブログは更新し続ける

20歳で出産し、右も左もわからない彼女の孤独を埋めてくれたのが、ブログの存在。たとえどんなにバッシングを受けても、ブログは更新し続けるのがポリシー。

■4. 性格に合わせて注意の仕方を変える

子どもによって、叱ったときの反応もまったく違うという。そのため、性格にあわせて注意の仕方を工夫するのが彼女の育児のスタイル。

■5. 夫の筋肉を褒める

夫とは喧嘩をすることがあっても、一緒に育児を頑張ることで乗り越えてきたという。そんな彼女がラブラブでいるために欠かさないルールが、夫の筋肉を褒めること。

■6. 気分転換に部屋の模様替え

家で過ごす時間が多い彼女にとって、気分転換をしたいときに行うのが部屋の模様替え。自分のモチベーションは自分で上げる、それが彼女の原動力。

■7. やる気のあることを集中的にやらせる

4人の母になった彼女が育児で最も尊重するのは、子どもたちの意思。そのため、子どもたちがやる気のあることを集中的にやらせているそう。そしてそんな彼女の想いに応えるように、子どもたちは夢中になれるものを見つけ出している。

* * *

「7ルール」は、カンテレドーガで無料配信中

次回の放送は、11月16日(火)よる11時00分〜。小さなメーカーの“おいしい”を表舞台へ! 食品バイヤー代行業「Smile Circle」代表取締役・岩城紀子さんをご紹介。

Oggi.jpでは、番組を振り返りながら働く女性たちへのヒントを見つけていきます! ぜひチェックしてみてくださいね♡

セブンルール(カンテレ/フジテレビ系列 全国ネット)

【放送日時】毎週火曜よる11時~11時30分
番組は“今最も見たい女性”“最も見せたい女性”に密着し、7つのルールを手がかりに、その女性の人生観を映し出すドキュメントバラエティ。スタジオでは、YOUさん、芥川賞作家の本谷有希子さん、俳優の青木崇高さんに加え、「クリープハイプ」の尾崎世界観さん、元欅坂46の長濱ねるさんの5人が縦横無尽な人生観トークを繰り広げます!
【7RULES(セブンルール)オフィシャルWeb site/SNS】
オフィシャルWeb
Twitter
Instagram


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.11.29

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature