Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. パンツ
  4. 黒パンツコーデ
  5. Oggi発! 働く私たちの必需品【名品黒パンツ8】旬の甘めブラウスとも好相性

FASHION

2021.09.30

Oggi発! 働く私たちの必需品【名品黒パンツ8】旬の甘めブラウスとも好相性

甘めブラウスと好相性の黒パンツ。シルエットや素材が異なる名品をセレクトしました!

甘めブラウスに合わせたい【名品黒パンツ】8選

旬の甘めブラウスを受け止める立役者は、シンプルだからこそディテールにはこだわって選びたい! 同じ黒パンツでも素材やシルエットなどバリエーション豊富にセレクト。

1|FRAY I.D(フレイアイディー)のセンターシームポンチパンツ

◆一度はいたらそのラインの美しさの虜

▲パンツ¥9,900(FRAY I.D ルミネ新宿2店〈FRAY I.D〉)

フィット&フレアが引き立つ美ラインではける、ノンストレスなポンチパンツ。裾の内側にファスナーがついていて、着こなしに合わせてスリットを調整できるのもニクイ。

2|GALLARDAGALANTE(ガリャルダガランテ)のとろみワイドパンツ

◆自宅で洗えてシワにもなりにくい!

▲パンツ¥18,700(ガリャルダガランテ 表参道店〈ガリャルダガランテ〉)

根強い人気のジャージーパンツ。今回のシルエットはさらに着やすく、ゆったりとしたストレートワイドのシルエットに進化。センタープレスはピンタックになっているので取り扱いも簡単。

3|RHC(アールエイチシー)のエコレザーパンツ

◆一見リアルのようなシボ感がこだわり

▲パンツ¥23,100(RHC ロンハーマン〈RHC〉)

人気の形がさらにブラッシュアップされて登場。ハイライズ&膝の切り替え位置の高さでタイトでもスタイルUPしてはける効果が。エコレザーには珍しいサイドジップデザインにも注目。

4|NOBLE(ノーブル)の美脚ストレッチパンツ

◆スタッフ人気も高い名品クロップド

▲パンツ¥14,300(ノーブル 有楽町マルイ店〈ノーブル〉)

センタープレスとムダのないすっきりシルエットが美脚見えする理由。膝上を少ししぼることで、膝下を長く見せる効果も。全5サイズ展開と、自分の体型に合わせて選べるのもうれしい。

5|uncrave(アンクレイヴ)のサテンドロストパンツ

◆カジュアルにもきれいめにものバランサー!

▲パンツ¥14,850(アンクレイヴ〈アンクレイヴ〉)

裾のちょっとした折り返しや、ドロスト仕様のウエストのデザインなど、小ワザがハンサムに光る。センタープレスとなめらかな光沢感で、カジュアルすぎずはけるバランスのいい一本。

6|Chaos(カオス)のハイウエストドレスパンツ

◆おしゃれプロなど〝わかってる〟人からの指名が集中

▲パンツ¥38,500(カオス丸の内〈カオス〉)

希少性の高い別注のモヘアを使用し、光沢感としなやかなハリをかなえた贅沢な逸品。ウエストをしっかりホールドしつつ体のラインを拾いすぎない程よいゆるさで、大人の体を美しく演出。

7|LE PHIL(ル フィル)の裾スリットジョガーパンツ

◆センターシームが縦ラインを強調!

▲パンツ¥25,300(LE PHIL NEWoMan 新宿店〈LE PHIL〉)

ブランドディレクターが何度も試着を重ねたという、快適なのにきちんと見えする絶妙なバランスの一本。裾のリブにはスリットが入っていて、カジュアルなデザインでも女性らしさが香る。

8|Traditional Weatherwear(トラディショナル ウェザーウェア)のコーデュロイワイドパンツ

◆コーデュロイの艶やかな光沢がリッチ

▲パンツ¥29,700(トラディショナル ウェザーウェア 青山店〈トラディショナル ウェザーウェア〉)

ウエストからヒップにかけてのすっきりとしたラインが特徴のハイウエストのワイドパンツ。カジュアル素材でも、センタープリーツがきれいめな雰囲気をキープ。同素材のジャケットも。

●この特集で使用した商品の価格はすべて、税込価格です。

2021年Oggi10月号「『甘めブラウス×黒パンツ』が新・鉄板コーデ」より
撮影/魚地武大 スタイリスト/川上さやか 構成/福本絵里香
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.21

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi6月号P.113に掲載の下モデルカットで着用のピアスの価格に誤りがありました。「¥55,000」ではなく、正しくは「¥66,000」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature