「この秋着たいプリーツスカート&ニットは…」エディター三尋木奈保さんが選ぶ新名品 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 秋ファッション
  5. 「この秋着たいプリーツスカート&ニットは…」エディター三尋木奈保さんが選ぶ新名品

FASHION

2021.08.31

「この秋着たいプリーツスカート&ニットは…」エディター三尋木奈保さんが選ぶ新名品

価値観が変わりつつある今こそ、ファッションの「ベーシック」を見直そう。エディター三尋木奈保さんがベーシックアイテムの新名品を提案します。今回は「プリーツスカート&ニット」です!

YLÈVE(イレーヴ)のチノプリーツスカート

▲スカート¥47,300(イレーヴ)

プリーツスカートというと優しくコンサバなイメージだけど、地厚なチノツイルで辛口かつモダンな表情に。裁ち切りの裾もさりげなくタフな印象を引き出している。甘さが苦手なパンツ派にもおすすめ。

重みのある揺れ感が現代的な女性像をイメージさせてくれる

「2018年のブランドデビュー時から定番として続くスカート。Oggiの誌面にも、今まで何度登場してきたことか。こちらはプリーツの揺れ方が、他とはまったく違うんです。凹凸のくっきりしたひだが裾に向けてさざ波のように広がるさまは、美しいスローモーションを見ているよう。この『重みのある揺れ感』の効果で、シンプルな着こなしもドラマティックに着映えます。

イタリア製の地厚なチノ素材をたっぷり使っているから、独特の揺れ感が生まれるんですね。撮影でモデルに着てもらうときは、立ち止まらずに動くようにポージングをお願いしています。一歩足を前に出して、広がったプリーツが戻りかけたときがシャッターチャンス。後ろ姿も、とても印象的です」(三尋木奈保)

JOHN SMEDLEY(ジョン スメドレー)の〝コモンフィット〟のニット

落ちた肩とゆったりした身幅に対して、キュッと詰まったクルーネックの品のよさが好ましい。長めの袖も今どきの洒落感ポイント。

ニット¥35,200(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉) 中に着たTシャツ¥1,000(UNIQLO〈Uniqlo U〉) デニムパンツ¥20,900(GUEST LIST〈RED CARD〉) 手に持ったジャケット[9月発売予定]¥64,900(アルファ PR〈コトナ〉) バッグ¥237,600(トッズ・ジャパン〈トッズ〉) ネックレス[短・パール]¥16,500(フォーティーン ショールーム〈イン ムード〉) ネックレス[中・チェーン]¥11,000(アルティーダ ウード) ネックレス[長・イニシャルモチーフ付き]¥17,600(GEMMA ALUS〈アルス〉)

進化する名門に拍手! 品よくモダンな今どきのシルエット

「ニットの名門、ジョン スメドレーに、ゆったりしたサイジングの新ライン『コモンフィット』が2021年春に加わりました。英国の老舗らしい、すっきり細身のシルエットが〝ジョンスメ〟のスタンダードでしたが、時代の変化を反映し、程よく力の抜けたリラクシーなフィットを生み出したそう。

100年以上の伝統あるブランドの、変化を恐れず軽やかに前進するこの姿勢、なんて素敵なんだろうとワクワクしました。定番って、永遠に変わらないことじゃない。その時代に心地よくなじみながら進化していくものなんだなぁ。『着ていることを忘れるくらい』と称されるやわらかなエキストラファインメリノウールの質のよさは、もちろん健在。新名品と呼ぶにふさわしい一着です」(三尋木奈保)

●この特集で使用した商品の価格はすべて、税込価格です。

2021年Oggi9月号「働く私たちにちょうどいいデイリークローズ新名品12」より
撮影/渡辺謙太郎(人物)、佐藤 彩(静物) スタイリスト/兵藤千尋 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/飯豊まりえ(Oggi専属) 構成/三尋木奈保
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.28

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature