香りもデザインもコンセプトも…♪ センスの塊♡ diptyque(ディプティック) | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. インフォメーション
  3. チームOggiのハマリモノ
  4. 香りもデザインもコンセプトも…♪ センスの塊♡ diptyque(ディプティック)

INFO

2021.08.16

香りもデザインもコンセプトも…♪ センスの塊♡ diptyque(ディプティック)

毎日の生活の中で編集部員たちが愛するモノやコトを紹介する「チームOggiのハマリモノ」。今回は、かれこれ20年近くブレることなく大好きでいる“推し”についてーーー。

diptyque(ディプティック)、その存在自体が好きすぎて…♡

20代前半で出合ってから今日まで「いちばん大好きなブランドは?」と、もしも聞かれたら、迷わずdiptyqueディプティックと即答するだろう。

いきなりヘンな自分語りをしてすみません、聞かれたこともないのに。でも今日は、語らせてください。私の“推し”ブランドについて!

ブランドを象徴する、オーバルの中にさまざまな書体や植物や風景が描かれたデザイン。ひとつひとつが芸術的で、シンプルで、奥深くて、見入ってしまいます。香りだけでなく、それを生み出す、発信する、届ける、あらゆるツールがセンスに満ちたdiptyque。たとえばそのキャンドルがお部屋にあるだけで、その人の暮らしの豊かさやセンスのよさが垣間見られるような、そんな存在感があるのです。

限定コレクションは、世界5都市をイメージした香りで展開

そんなディプティックから、60周年記念コレクションの第4弾として8月26日に発売される「Le Grand Tour(ル・グラン・トゥール)」は、メゾンにインスピレーションを与えた5つの主要な目的地を巡るコレクション。旅を好むアーティストたちが想像をめぐらし、称え、夢見た都市としてセレクトされたのはParis(パリ)、Venise(ヴェネチア)、Miliès(ミリエス)、Kyoto(京都)、Byblos(ビブロス)。我が国の京都がラインナップされているのも光栄ですね♪

中でも私が心を射貫かれたのが、この香りのオーバル Milièsです!

ギリシアの街ミリエスを冠した香りは、イチジクやイモーテルの軽やかな甘さ。そこにどことなくスモーキーな奥行きも感じられるのが、さすがディプティック。深いな~。

デザインは、海辺と波しぶきをイメージしたセラミック製オーバルに、大理石模様のビーズ&たっぷりとしたフリンジ。ギリシアの趣を感じられて夏のインテリアにもピッタリ。オシャレだな~。

ディプティックの新しい香りを堪能しつつ、思い立ってこれまで集めてきた芸術的なラッピングやカタログ、リリースなどを改めて引っ張り出してみました。

コレクションごとに美しいこだわりが感じられる世界観。パリへ、世界へ…、こんなご時世にうってつけの妄想トリップを楽しむ、盛夏の午後でした…。

<Le Grand Tour(ル・グラン・トゥール)限定コレクション – 8月26日(木)発売予定>

副編集長  安藤奈津

主にファッション担当。お笑い、魚卵、本なんでも、アロマキャンドル、が大好物。プライベートでは一男一女の母。よって洋服は「動きやすさ・洗いやすさ」が優先になるため、小物で自己主張を試みる日々です。


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.01.20

編集部のおすすめ Recommended

Oggi2月号「ベストコスメ」P.127で紹介している花王 キュレル 潤浸保湿 モイストリペアシートマスクの画像に誤りがありました。正しくはこちらになります。
https://www.kao.com/jp/products/curel/4901301395092/
お詫びして訂正いたします。

Oggi2月号「ベストコスメ」P.129で紹介しているパルファム ジバンシイ プリズム・リーブル・ブラッシュの色番号に誤りがありました。「2」ではなく、正しくは「4」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature