地球の未来に貢献する現代の先駆者を支援する【ロレックス賞】2021年度の5人の受賞者が決定 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. feature(lifestyle)
  4. ライフスタイルニュース
  5. 地球の未来に貢献する現代の先駆者を支援する【ロレックス賞】2021年度の5人の受賞者が決定

LIFESTYLE

2021.08.06

地球の未来に貢献する現代の先駆者を支援する【ロレックス賞】2021年度の5人の受賞者が決定

未知の世界に挑む探検家たちをサポートすることから始まり、現代では地球を保護する先駆者を支援するロレックス賞。今年度は、出身国も肩書も多岐にわたる5人が受賞しました。

受賞したのは、地球の未来の再構築を目指す先駆的なプロジェクト

ロレックスが、2021年度ロレックス賞の5人の受賞者を発表。

世界初の防水腕時計「オイスター」の誕生50周年を記念して、45年前に創設されたロレックス賞は、地球の永続のためにロレックスが行っている環境保護への取り組み「パーペチュアル プラネット」イニシアチヴの3つのプロジェクトのうちのひとつ。他には、伝説の海洋生物学者 シルビア・アールによる海洋保護プログラム「ミッション・ブルー」や、1954年よりパートナーとして関わってきたナショナル・ジオグラフィック協会との関係を強化して行っている気候変動調査のプログラムがあります。

受賞者は、世界中から集まった10名の専門家からなる選考委員により選出。受賞者には、未来を再構築する可能性を秘めた彼らの先駆的なプロジェクトのために資金が提供されます。また、世界的に認知されることにより、さらなる支援を得ることも可能になります。

今回、139ヶ国1,659人の候補者から受賞したのは、タンザニアの栄養失調を根絶する活動を行うアメリカ出身のフェリックス・ブルックス-チャーチ、サヘル地域の天然資源のマッピングを行い、気候変動による対立を防ぐ取り組みを行うチャド出身のヒンドゥ・ウマル・イブラヒム、絶滅の危機にある哺乳類が生息するトランス-ヒマラヤ地域の生態系の保護活動を行うネパール出身のリンジン・フンジョク・ラマ、地球最北端の洞窟探索へ初の遠征隊を率いることを目指すイギリス出身のジーナ・モズリー、インド洋のメソフォティックゾーンにあるサンゴ礁やほとんど知られていない生態系の探索や保護の強化に取り組むブラジル出身のルイーズ・ロシャの5人。

それぞれ社会起業家、地理学者で気候変動の提唱者、環境活動家、極地探検家、海洋学者という多岐にわたる肩書を持つ5人は、持続可能な地球の未来への貢献が期待されます。

(c)Ami Vitale

これまで世界へ影響を与え、世界中の人々へ恩恵をもたらしてきたロレックス賞の受賞者とそのプロジェクト。今年の年末には2021年度の受賞者たちを讃えるオンラインイベントが開催されます。

※トップ画像:(c)Robbie Shone

2021年度ロレックス賞受賞者


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.09.26

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi10月号P.60に掲載のフォークバイエヌのピアスの価格に誤りがありました。正しくは¥13,200になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature