爆睡できて目覚めスッキリ! “koala”のベッドマットレスが雲の上の寝心地すぎる! | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. インフォメーション
  3. チームOggiのハマリモノ
  4. 爆睡できて目覚めスッキリ! “koala”のベッドマットレスが雲の上の寝心地すぎる!

INFO

2021.05.03

爆睡できて目覚めスッキリ! “koala”のベッドマットレスが雲の上の寝心地すぎる!

毎日の生活の中で編集部員たちが愛するモノやコトを紹介する「チームOggiのハマリモノ」。今回ご紹介するのは、最近新調した“koala”のベッドマットレスです!

学生時代から使っているベッドマットレスを、そろそろ買い替えたいなと思い立ち、新たにお出迎えしたのが、今回紹介する“koala”のマットレス。同部署の上司からおすすめされたものなのですが、使い始めて約1ヶ月が経過した今、もうこのマットレスにぞっこん! 短時間の睡眠でも即・入眠できるほどの快適さにハマり中です。

気になる寝心地は…?

マットレスを触ってみると、もちもちとした弾力。低反発のクッションや、少し固めのスポンジの触り心地が近いと思います。実際に寝そべってみると、ふわ〜っと私の体重をゆっくりと吸収するかのように、体を優しく包み込んでくれるような感覚です。かといって、沈みすぎるわけではなく、体を下から優しく支えてくれるような反発があるので、1日7時間寝た日でも、腰への負担を全く感じません!

なんといってもそのマットレスの弾力が絶妙で、うつ伏せになって寝ていても、お腹に全体重がかかることがなく分散してくれるので、息苦しさなく寝られるのも嬉しい!

そして、このマットレスにハマっているもうひとつのポイントは、「振動」を感じないこと。振動を吸収するゼロ・ディスターバンス技術が採用されており、寝返りを打ったり、立ち上がったりするときの振動が、隣の人に伝わることがありません。私はシングルサイズを購入したので、誰かが隣で寝ることはないですが、ただこの振動吸収力を毎朝実感しています。

というのも、明け方、私の愛犬がベッドに上がってくるからです…。このマットレスに買い替えるまではのっしのっしとベッドの上を歩く犬の振動で目が覚めていました。でも、この“koala”のマットレスにしてからは、その振動を感じることなく、朝起きて気がついたら犬が一緒に寝ているなんてこともあります。人と犬が起こす振動に違いはもちろんあっても、家族でひとつのマットレスを使われても、隣の人の寝相の悪さを気にせずに朝までぐっすり眠れると思います!

驚きの発送方法!

ベッドマットレスはサイズが大きい分、どのような形で家に届くのだろうとオンラインで購入してから内心ヒヤヒヤしていたのですが、こんなコンパクトなダンボールで届きます! 家の中まで、女性ひとりの力で持ち運ぶことができるくらいなサイズなので、大変助かりました。

ちなみにダンボールから出すと、ロール上になったマットレスが登場。正直、あまりにコンパクトに包まれすぎていて、「これは本当にマットレスなのだろうか…」と不安になるほどのサイズ感です。コアラのキャラクターの説明通り、ビニールの包装を解くと、プシューと空気の抜ける音とともに、みるみるうちにマットレスが膨らみ始めます。ただ、完全な状態にまでマットレスが戻るまでには、24時間ほどかかるそうです。

実は枕もゲットしていた(笑)!

マットレスだけでなく、枕も同じく“koala”で購入。枕の高さは、頭が体と平行になるくらいで、首が痛くなったり肩が凝ったりしない、まさにちょうどいい。マットレス同様、頭があまり沈みこまずに、そっと包み込まれるという感覚です。こちらは、枕サイズほどのダンボールに入って届くのですが、封を開けて枕を取り出した瞬間に、「きらきら星」のオルゴールが流れ始めます! あまりに心地よいメロディで、早速マットレスにダイブしたい気分に(笑)

* * *

マットレスの機能性だけでなく、梱包にもひと工夫されている“koala”の寝具。新しいものに買い替えて、睡眠の質を向上させたい! とお思いの方に、おすすめです♪

篠崎 舞

短期集中連載「メイク上手な若月さん」を担当。漫画・ゲーム好き。愛犬・ちゃちゃと戯れているときが一番幸せ。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.05.06

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature